「ご理解のほどよろしくお願いいたします」の意味とは?使い方や類義語などを解説




ご理解のほどよろしくお願いいたしますの意味とは?

ここでは、ご理解のほどよろしくお願いいたしますの意味についてご紹介します。

理解の意味としては、次のようなものがあります。

物事の意味を飲み込むこと、物事の道理を悟って知ること

人の立場や気持ちがよくわかること

ご理解のほどよろしくお願いいたしますは、尊敬を表現するごという接頭語に、理解、いたすというするの謙譲語を組み合わせたものです。

〜のほどの表現は、断定することを避けて、表現を和らげるものです。

〜のほどは、何かを相手にしてもらうとき、頼むときに使います。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの意味は、理解してくれるように、理解してもらえるようにということです。

ご理解よろしくお願いいたしますでも言い方としては十分に丁寧なものですが、この言い方よりもご理解のほどよろしくお願いいたしますは改まったシーンなどで使うことができます。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの使い方とは?

ここでは、 ご理解のほどよろしくお願いいたしますの使い方についてご紹介します。

相手に前もって承認を求める

何かを相手にお願いするときは、前もってわかってもらう必要があります。

というのは、相手が一方的に感じるためです。

そのため、相手にご理解のほどよろしくお願いいたしますということによって、このような理由であるためになんとか納得してくださいとお願いします。

この表現が無いときは、相手は納得できない、失礼だと思って怒り出すかもしれません。

しかし、この表現を使うことによって相手にお願いしてわかってくださいというため、仕方がないなと相手は理解してくれるでしょう。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますは、相手に前もって承認を求める言葉といえます。

目上の方に対しては失礼であるため言い換える

ご理解のほどよろしくお願いいたしますは敬語の表現ですが、相手が取引先や目上の方のときは言い方をもう少し変える方がいいでしょう。

例えば、何卒(なにとぞ)をご理解の前に付けることによって、言い方としてはさらに丁寧なものになります。

また、目上の方にお願いするときは、ご了承のほどお願いいたしますの言い方にご理解のほどよろしくお願いいたしますの言い方を変える方がいいでしょう。

何卒ご了承のほどよろしくお願いいたしますの言い方であれば、イメージがご理解のほどよろしくお願いいたしますよりも丁寧なものになります。

取引先や目上の方に使うときは、相手の受けるイメージが言い方をこのように少し変えるのみで非常に変わるでしょう。

ぜひ、何卒ご了承のほどよろしくお願いいたしますの言い方を利用してみましょう。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの類義語とは?

ここでは、ご理解のほどよろしくお願いいたしますの類義語についてご紹介します。

ご了承のほどよろしくお願いいたします

了承の意味は、事情を汲み取って納得することです。

了承は、了という理解するという意味の漢字と、承という相手の意向を受け入れるという意味の漢字から成り立っています。

ご了承のほどよろしくお願いいたしますの表現は、自分が行ったことについて、受け入れてください、納得してくださいという気持ちが含まれているものです。

また、意味としては、こちらの主張を前もって受け入れて欲しい、何かあっても悪く考えないでもらいたいということも含まれています。

ご了承のほどよろしくお願いいたしますの表現は、今から始める段階のことやまだ始まっていないことについて許して欲しいときに使うものです。

ご了承のほどよろしくお願いいたしますは、どうか受け入れてください、ご理解いただきたいというように、納得・了解を相手から得るために使われる丁寧な表現になります。

ご容赦のほどよろしくお願いいたします

容赦(ようしゃ)の意味は、許容すること、許すことです。

ご容赦のほどよろしくお願いいたしますの意味は、大目にミスに対して見て欲しいということが含まれています。

また、ご容赦には、謝罪の意味合いも相手の理解を求めると同時に含まれています。

ご容赦のほどよろしくお願いいたしますは、近い将来に発生すると考えられる相手にとって都合の良くないことについて、前もって謝罪するときや、申し訳ない気持ちを割合軽く表現するときに使います。

お含みおきください

お含みおきくださいの意味は、相手に対して十分に事情を心に留めておいて欲しい、理解しておいて欲しいということになります。

お含みおきくださいの表現は、よくお願いをするときに使われるものです。

含みおくだけであれば、意味合いが自分の内に秘めておくということになり、自分についても使えますが、お含みおきくださいとすれば、意味合いが心に留めておいてくださいというようになり、念を相手に押すような意味合いが含まれています。

また、お含みおきくださいの意味としては、公にできないことがあるために何とか察してくださいということもあります。

使い方によっては、お含みおきくださいは、失礼なお願いや曖昧な内密な依頼であると受け取られることがあります。

そのため、お含みおきくださいを使うときは、不快感を相手に与えるような言い方にしないよう注意する必要があります。

ご理解のほどよろしくお願いいたしますの英語表現とは?

ここでは、ご理解のほどよろしくお願いいたしますの英語表現についてご紹介します。

ご理解くださいの英語表現としては、「I appreciate your understanding.」や「I appreciate your understanding.」があります。

「I appreciate your understanding.」は、ご了承くださいますようお願い申し上げますという意味です。

「Thank you for understanding.」は、ご理解いただき、ありがとうございますという意味です。

なお、「Please understand」(どうぞご理解ください)の英語表現は直接的であるため、ネイティブはこのような言い方をしません。

また、ご理解のほどよろしくお願いいたしますの英語表現としては、「We are asking you for your understanding.」もあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。