「ハレーション」の意味とは?使い方や類義語、対義語などを解説




「ハレーション」の意味とは?

「ハレーション」は「halation」という英語で、写真用語としてもともと使用されていまいた。

「ハレーション」は、写真を撮るときに強く光が当たり過ぎて白く写真がなることです。

なお、このように白くなる現象を専門用語では「光暈」と言います。

写真にとって「ハレーション」は良くないものであり、これを回避するために専用の道具を使うなどして、対策をいろいろ行っているくらいです。

また、「ハレーション」という写真用語から派生して、他の人に強い影響を及ぼすこと、周りに悪い影響を与えることというような意味でもよく使われています。

しかし、悪い影響だけを与えるとは必ずしも限らないため、相手の感じや文脈などから「ハレーション」はどのような意味であるかを十分に見極める必要があります。

「ハレーション」の人材業界や人事業界における意味とは?

人材業界や人事業界においては、悪い影響をビジネスシーンに対して与える要因を「ハレーション」というときがあります。

また、人材業界では、特に周りの人などに悪い影響を及ぼす人を「ハレーション人材」というときがあります。

いずれも、ビジネスシーンの職場環境や働き方における課題の要因を表す言葉として使われています。

ビジネスでの「ハレーション」としては、具体的に「人事異動」「会社の不祥事」「部下と上司の関係性の悪化」などが挙げられます。

「ハレーションがあなたの言葉にはある」などと言えば、伝わらないだけでなく「悪い影響を及ぼす」と思われるときもあるため注意しましょう。

「ハレーション」でしか意味が伝わらないときは仕方ないでしょうが、ビジネスシーン以外ではそれほど一般的に使われないため、普段の生活においては他の言葉に言い換えるようにしましょう。

「ハレーション」の使い方とは?

「ハレーション」の使い方としては、次のようなものがあります。

「ハレーションを起こす」

ビジネスシーンにおいては、「ハレーションが起きないように注意して欲しい」「その案件はハレーションが起きることがある」などというように使います。

このときの「ハレーション」の意味は、「悪い影響を与える」になります。

また、「ハレーション」の意味は、「悪い影響を与える」ということだけでなく、「強いイメージを与える」ということで使うときもあります。

ちょっと使い分けが面倒かもしれませんが、「ハレーションを他の人に起こす」という意味は「悪い影響を他の人に与える」あるいは「強いイメージを他の人に及ぼす」になるでしょう。

そのため、意味がわかりにくいときは、発言した人に「ハレーション」の意味を詳しく尋ねる方がいいでしょう。

意味を間違えたときは、誤解が両者の間に生じることがあるため注意しましょう。

「ハレーションが起きる」

使い方としては、「今日は眩しいのでハレーションが起きる」「ハレーションが組織の中で起きる」などが挙げられます。

前者は「光が強いので全体的に写真が白くぼやける」という意味です。

後者はビジネスシーンで使われており、「悪い影響を組織の中に与える」という意味です。

「ハレーション」は、ビジネスシーンだけで必ずしも使われるということではないので、意味を状況によって正しく把握することが大切です。

写真用語の「レンズフレア」と「ハレーション」の違いとは?

「レンズフレア」の意味とは?

「ハレーション」も「レンズフレア」も同じような意味の写真用語です。

「レンズフレア」は、映像や写真を撮るときに、光源が明るいので光が暗部に漏れることです。

基本的に、「レンズフレア」も悪い意味で使われるときが多くあり、「レンズフレア」が起きた写真は駄目になることが多くあるでしょう。

「レンズフレア」と「ハレーション」の違いとは?

仕上がった写真のみを見ると、「ハレーション」と「レンズフレア」はあまり違いがわからないでしょうが、基本的に、「ハレーション」はフィルムの中で発生している現象です。

一方、「レンズフレア」はカメラやレンズの内部で発生している現象であるため、デジタルカメラなどのようにフィルムがないときでも発生することがあります。

なお、「レンズフレア」は「ハレーション」と違って、ビジネスシーンではまず使われることはありません。

主として映像や写真において使われるものであり、ソフトによっては「レンズフレア」を意図的に発生させる効果もあります。

「ハレーション」の類義語とは?

「ハレーション」の類義語としては、次のようなものがあります。

「霞む」

「ハレーション」は写真用語では、写真が白くぼやけることで、つまり「霞む」という意味であるため、「霞む」は「ハレーション」の一つの類義語になります。

写真の一部あるいは全体が「霞む」ことを「ハレーション」と言います。

「暴走する」

「暴走する」は、写真用語でもビジネス用語でも該当する「ハレーション」の類義語になります。

光の反射を計算してカメラそのものが作られていますが、カメラが強い光によって反射をコントロールすることができなく乱反射することによって「ハレーション」が起きます。

この「ハレーション」は光が「暴走する」現象です。

また、ビジネス用語としてのハレーションは、一部の組織が暴走して悪い影響を与えるアクションを引き起こす意味であるため、このような意味でも「暴走する」は「ハレーション」の一つの類義語と言えます。

「ハレーション」の類義語としては、写真用語とビジネス用語において類義語に違う言葉がなるときがあるため、「ハレーション」の言い回しそのものがいずれを指しているかをはっきりさせる必要があります。

ビジネスシーンでの「ハレーション」の対義語とは?

ビジネスシーンにおける「ハレーション」の一つの対義語としては「シナジー」があります。

まず、「ハレーション」そのものが基本的に現象を表現する言葉であるため、はっきりと対義語であるという言葉はありません。

しかし、「ハレーション」は「ビジネスにおける悪い影響」であるため、対義語はこの逆を表現する言葉と言うこともできます。

このようなことから、「ハレーション」の対義語としては「シナジー」があります。

「シナジー」というのは、相乗作用や相乗効果を意味するものであり、基本的に相乗効果をいい意味合いにおいて表現する言葉になります。

「シナジー」の使い方としては、「貴社の技術力と当社の人材力で間違いなく「シナジー」が生み出せると信じております」などというようなものがあります。

なお、「シナジー」はビジネスにおいていい関係にお互いがなっていることから生み出されることが基本になっているため、非常に言葉遣いは大切になってきます。

また、ネットなどでは、いい関係を作るための敬語の使い方をマスターするためにおすすめの記事が紹介されているため、ぜひ参考にしてください。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。