「マトリクス」の意味とは? 「マトリクス」のビジネス用語などを解説




「マトリクス」の意味とは?

ここでは、「マトリクス」の意味についてご紹介します。

「基盤」「母体」

「基盤」というのは、何かを進めたり、始めたりするときに必要な基礎です。

「母体」というのは、母親の体で、感動的な一つの命に関係する意味もあります。

「行列」

数学における「行列」の意味は計算式であり、小学校で学習した引き算や足し算も一種の「マトリクス」です。

レベルがアップすると、複雑なベクトルや記法などの用語も使われます。

「発生源」

「発生源」の意味は、何かの事柄が起きる発端や要因です。

例えば、天気が悪くなる仕組みを学習することによって雪や雨が降っても対策を前もって立案することができ、ゴミが発生する要因がわかるといくらでも改善案が立案できます。

このような「マトリクス」を把握することによって、将来の暮らしが豊かになるヒントがわかります。

「鋳型」

「鋳型」は、溶解した金属を流し込んで品物を作るものです。

アルミや鉄などの金属を溶解して、これを固めるときに「鋳型」を使います。

「鋳型」でできたものを「鋳物」といいます。

「マトリクス図」とは?

「マトリクス図」というのは、細かくある事柄を掘り下げるときに使う表で、情報を縦軸と横軸にわけることによって相関関係や関係性を掴むために使います。

よくマーケティングのジャンルで使われる方法で、「マトリクス」の意味は「マトリクス図」として使われるときも多くあるでしょう。

「マトリクス図」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「マトリクス図による分析が視覚的に掴むためにも必要である。」

「マトリクス図」は、行列形式の縦と横の図で、行と列が交わるところに書き込みすることによって、いろいろな要素の関係を分析したり、整理したりするために役に立ちます。

「マトリクス図」の大きな特徴は、情報を書き込むことによって視覚的に整理できることです。

事象のパターンを判断するとき、網羅的にいくつかの要素を比べたいとき、論理的なアプローチが要求されるときに便利です。

一般的に、「マトリクス図」では、検討したい項目を横に、関係性を整理したい項目を縦に書くときが多くあるでしょう。

例えば、対策案A・B・Cを横に書いて、期待できる効果・費用などを縦に書きます。

項目を書き出すと、横と縦が交わるところに◎・○・△・×などの評価をそれぞれ書いて分析します。

「マトリクス図」を作るときは、目的をはっきりさせて、そのために必要な全ての項目を書くことが大切です。

「マトリクス図」は、必要であればどんどん列を多くして、検討することができます。

「マトリクス」のビジネス用語とは?

ここでは、「マトリクス」のビジネス用語についてご紹介します。

「マトリクス演算」

「マトリクス演算」というのは、記号や数字の配列で、C言語といわれるプログラミング言語を取り扱うときに使われます。

「マトリクス演算」があるため、自由にコンピューターは動くようになって、暮らしに必要なAIも発展しました。

「マトリクス表」

「マトリックス表」というのは、情報を縦と横の軸に書いて、データを整理するものです。

基本的に、「マトリクス表」は2×2、3×3の表が使われるときが多くあり、きちんとデータの整理もできます。

ビジネスシーンでも多く使われています。

「マトリクス組織」

「マトリクス組織」というのは、一種の組織形態で、縦や横の関係にそれぞれ違ったチームや組織をかけ合わせて、それぞれの部署に社員が属する形態です。

柔軟に仕事の対応ができますが、いくつかのチームに社員が所属することによって上長が多くなるということもあります。

「成長マトリクス」

「成長マトリクス」というのは、会社の部署のいいところを学ぶとチームを纏めるスキルがマスターでき、いくつかの部署に所属することによってビジネスのアイディアも多くなり、儲けも多くなります。

連携をチーム内で取っていると、成果もより大きくなります。

「マトリクス認証」

パスワードを作る方法としては、「マトリクス認証」があります。

一つのパスワードを特定の数字や文字を組み合わせて作って、必要なキーワードが一定時間ごとに変わるため、セキュリティ面においても安全です。

無数に組み合わせはあるため、他の人に読み取られることも少なくなります。

マトリクス分析とは?

「マトリクス分析」というのは、マーケティングの方法で「デジションテーブル分析」ともいわれています。

用例や用法はいろいろありますが、一般的に、縦軸と横軸の表を2つの違った切り口から作って、抜けているところを見つけたり、相関関係を分析したりするために使います。

具体的な方法としては、CS/CE分析、セグメント分析などがあります。

「BCGマトリクス」が、有名な「マトリクス分析」としてはあります。

「BCGマトリクス」は、1960年~1970年代に名門の経営コンサルティングのボストンコンサルティンググループが作ったフレームワークです。

マーケットの成長性と相対マーケットシェアの2つ軸から、会社のビジネスを4つのカテゴリーの「金のなる木」「問題児」「花形」「負け犬」にわけた手法です。

この4つのカテゴリーは、独立しているものではありません。

「問題児」として誕生したビジネスがマーケットでサポートされて「花形」のビジネスになって、マーケットが成熟することでキャッシュを「金のなる木」が生み出し、「負け犬」としてやがて衰えるという流れを示しています。

会社経営では、バランスよく「金のなる木」「問題児」「花形」を配分するのが理想であるとされています。

「BCGマトリクス」は、会社のビジネスやサービス、商品などの立ち位置を分析するために使われています。

「マトリクス分析」が必要な理由

会社の業績をアップするためには、ビジネスや商品などの分析だけでなく、顧客分析も行う必要があります。

「顧客マトリクス」を使うと、正しく自社の顧客が分類できるでしょう。

その上で、最も自社にとってロイヤリティの高い有益な顧客を探し出して囲い込みすることができます。

会社を成長させるには、顧客をがむしゃらに獲得するのではなく、自社の現状を考慮した上でアプローチを戦略的に行う必要があります。

「顧客マトリクス」は、顧客が自社にとって優れているかどうかを判断する方法であるといえます。

会社にとって、しっかりと自社の顧客像を把握することが大切です。

顧客動向を判断することによって、どのようなサービスや商品を提供すればいいかもわかるでしょう。

「マトリクス分析」は、一体的に開発と営業を考えるために必要です。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。