「ヒエラルキー」の意味と使い方とは?類義語などを解説




「ヒエラルキー」の意味とは?

「ヒエラルキー」の意味は、階層構造で上位から下位までピラミッド型にそろったものです。

イメージとしては、役所や大会社などがあるでしょう。

日本語の意味としては、「階統性」「階層制」などになります。

「ヒエラルキー」は、大会社や軍隊などの組織で、人員が明確な権利・立場によって序列化されていることです。

具体的な「ヒエラルキー」のケースとは?

ここでは、具体的な「ヒエラルキー」のケースについてご紹介します。

会社での「ヒエラルキー」

会社の組織が、最も「ヒエラルキー」のケースとしてはよくわかるでしょう。

会社のトップが社長で、社長の下に数人の役員がおり、さらにこの下に部長、課長、係長、そして最も下に一般の社員がいます。

階層のような感じになっています。

会社によって役職や組織の名称は違っていますが、最も下の階層は一般の社員が多く、人数は上の階級になるほど少なくなるというピラミッド型にほとんどなっているでしょう。

学校での「ヒエラルキー」

先生たちの役職が、学校での「ヒエラルキー」になるでしょう。

校長がトップにいて、この下に教頭、学年主任、一般の教員という感じです。

しかし、学校のレベルによって、学校での「ヒエラルキー」は違っているでしょう。

高校でも大学でも、学力のレベルは偏差値によって違います。

そして、一般的に高い偏差値の学校を上であるとし、低い偏差値の学校までをランクにわけています。

これも一種の「ヒエラルキー」のようなものであるため、「ヒエラルキー」が受験戦争においてもあるといえるでしょう。

社会での「ヒエラルキー」

社会での「ヒエラルキー」としては、雰囲気でなんとなくというものもあります。

例えば、ママ友などのグループが挙げられます。

「なんとなくあの人がこのママ友のグループを仕切っている」というようなときが、ほとんどあります。

そして、数人この仕切っているような人のとりまきがいて、最も下には意見をあまりいわなくて、その場の雰囲気にあわせているのみの人がいる、というようなグループも「ヒエラルキー」の一種といえるでしょう。

また、大手の企業があり、この下に下請け企業、孫請け企業があるというような関係も「ヒエラルキー」です。

「ヒエラルキー」の使い方とは?

ここでは、「ヒエラルキー」の使い方についてご紹介します。

「ヒエラルキー型組織」「ヒエラルキー構造」

「組織」「構造」のスタイルを表現するときに、「ヒエラルキー」という言葉はよく使われるため、「ヒエラルキー型組織」「ヒエラルキー構造」というような表現もあります。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「どのような会社でも、多少なりともヒエラルキー構造がある。」
  • 「ヒエラルキー型の組織はメリットもある。」
  • 「ヒエラルキーがない世の中が理想的である。」
  • 「創業者の会長は、現在でもヒエラルキーのトップである。」
  • 「複数の人が集まると、ヒエラルキーが自然と生まれる。」

「ヒエラルキー型組織」というのは、会社では非常に普通の組織構造です。

例えば、社長の下に役員、部長、課長、一般の社員という組織は、代表的な「ヒエラルキー」でしょう。

「ヒエラルキー」は「高い」「低い」と表現する

「ヒエラルキー」の中の位置を表現するときは、「高い」「低い」を使います。

例文としては、次のようなものがあります。

  • 「私たちの気持ちは高いヒエラルキーの人にはわからない。」
  • 「最もヒエラルキーの低い層から抜け出たい。」

会社などの組織のみでなく、人がある程度集まるときは「ヒエラルキー」が自然に生まれます。

例えば、ママ友のグループは横の繋がりであるはずですが、いつもボスのように仲間の中を仕切る人、この人のそばでボスをサポートする人、なんとなく従うような人、というような「ヒエラルキー」があります。

このような「ヒエラルキー」の自然発生的なものにおいては、「高い」「低い」と序列を表現するときもよくあります。

「スクールカースト」とも学校の中の「ヒエラルキー」はいわれる

学校についての「ヒエラルキー」としては、校長、教頭、主任などというようなもの以外に、学校の外ではそれぞれの学校の偏差値による「ヒエラルキー」もあります。

また、「スクールカースト」とも生徒についての「ヒエラルキー」はいわれており、いじめの温床として近年は問題になるときとがあります。

生徒のグループとしては、物静か、人気者、頭がいいなどのいろいろなものがありますが、コミュニケーションスキルや容姿に基づく「スクールカースト」がよく生まれます。

特に、目につく人が「ヒエラルキー」のトップに立って、物静かな意見を言うのが得意でないグループは、下位の発言権がない下位の位置になるときが多く、いじめられるときもあります。

「ヒエラルキーコントロール」

「ヒエラルキーコントロール」というのは、一種のリスクマネジメントです。

例えば、看護師などが、治療するために使う抗がん薬のリスクを最小限にするための管理・対策のことです。

「ヒエラルキーコントロール」では、高い対策効果が期待できるものを上位の「ヒエラルキー」に、低い効果のものを下位の「ヒエラルキー」にします。

マスクや手袋などのように何か看護師などが着けることによって対策することは、最も「ヒエラルキー」として低いものになります。

「ヒエラルキー」の類義語とは?

ここでは、「ヒエラルキー」の類義語についてご紹介します。

「権力構造」「階級」

「ヒエラルキー」の類義語としては、「権力構造」があります。

「ヒエラルキー」は、権力がその上位になるに従って強まり、この力関係をはっきりと示したものでもあるため、類義語として「権力構造」を使うこともできます。

「階級」というのは、社会的な地位や利害が同じものという意味があります。

また、「ヒエラルキー」の類義語として挙げられます。

「カースト」

「ヒエラルキー」の類義語としては、「カースト」があります。

「カースト」は、日本においても、先にご紹介した「スクールカースト」のようにカタカナ語として使われるときがありますが、もともとの意味はインドの身分制度ということで、バラモンといわれるピラミッド型の司祭をトップとした階級制度です。

「カースト」と「ヒエラルキー」はいずれも階級を表現するものですが、最も大きく違うのは階級が変わるかどうかということです。

「カースト」は身分制度として生まれながらにして決まったものであり、この階層が一生変わりませんが、「ヒエラルキー」は階級が途中で変わることがあり得ます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。