「今一度」の意味とは?ビジネスシーンでの使い方などを解説




今一度の意味とは?

今一度という言葉は、ビジネスシーンで耳にすることが多くあります。

もう1回、もう1度という言葉を強調したい時に、今一度は使います。

堅いビジネスシーンなどで使われる時が多くある言い回し・表現です。

今一度は、相手に再度物事のチェックを促す言葉として使われますが、もう1回、もう1度よりも強く願望する言葉として使われる時もあります。

例えば、「今一度あの味を楽しみたい」「今一度面会できたら」などのように表現すると、もう1回、もう1度よりも強く願望しているように感じられます。

普段使われる言葉よりも、ビジネスシーンで使われる言葉はちょっと複雑で難しいものです。

今一度の意味はなんとなくわかっているが、この言葉を実際に使うためにはどのようなシーンで使うといいかわからない時もあるでしょう。

今一度のビジネスシーンでの使い方とは?

ここでは、今一度のビジネスシーンでの使い方についてご紹介します。

同じことを相手に頼む時に使う

今一度は、同じことを相手に頼む時に使いましょう。

意味はもう1度であるため、全く経験したことがない時は使いません。

また、自分に対しても今一度は使えます。

今一度を自分に対して使う時は、「今一度チェックしてみます」などのように表現しましょう。

「今一度お確かめください」などのように敬語を添える

目上の相手に対して今一度を使う時は、「今一度お確かめください」などのように敬語を添えましょう。

今一度は、かしこまった表現でビジネスシーンでも使われますが、今一度という言葉そのものは敬語ではないので、敬語を添える必要があります。

今一度を使った英文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「こちらのデータでは○○になっていますので、今一度お確かめください。」
  • 「訂正いたしましたので、今一度ご確認いただきたくお願いします。」

今一度考える

今一度の一つの使い方としては、今一度考えるがあります。

今一度考えるの意味は、もう1回考えるということで、相手に対しても自分に対しても使えます。

相手に対して「今一度考えてください」のように使う時は、「1回考えたことを、もう1度考えてもらう」ということを表現します。

また、自分に対して「今一度考えてみます」のように使う時は、「1回考えたことを、もう1度考えてみる」ということを表現します。

今一度考えるを使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「以前の○○の件について、今一度お考えいただきたくお願いします。」
  • 「指摘されたことを考慮して、今一度考えてみます。」

今一度徹底や今一度注意のように使う

今一度の使い方としては、今一度徹底や今一度注意があります。

今一度徹底の意味はもう1度徹底で、今一度注意の意味はもう1度注意です。

同じことを繰り返す時だけに使えるので、1回目の設定や1回目の注意では使わないようにしましょう。

今一度徹底や今一度注意を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「ゴミの分別は、地球の将来のためにも今一度徹底すべきです。」
  • 「禁止事項については今一度注意していただきたく、よろしくお願いいたします。」

 今一度の類義語とは?

ここでは、今一度の類義語ついてご紹介します。

全ての今一度の類義語は、「同じことをもう一度繰り返すこと」という意味になります。

もう一度

もう一度は、今一度の「今」が「もう」に変わったものです。

今一度に比較して表現はフランクですが、ビジネスシーンで使うこともできます。

また、家族同士や友達の会話に使えます。

もう一度を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「もう一度チェックしてみます。」
  • 「可能であればもう一度チェックしてみてください。」

もう一回

もう一回は、今一度の「今」が「もう」に変わったものです。

もう一回を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「もう一回この問題を訳してみよう。」
  • 「もう一回教えて欲しい。」

もう一遍

もう一遍は、今一度の「今」が「もう」に変わったものです。

使われるのはプライベートの会話が多くあります。

もう一遍を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「もう一遍教えていただきたい。」
  • 「お店が先ほどは閉まっていたため、もう一遍行ってくる。」

重ねて

重ねては、さらに今一度よりもかしこまったシーンで使います。

「重ね重ね(かさねがさね)」は同じような表現ですが、「重ね重ね」は何回も繰り返す時に使います。

「1回のみ繰り返すこと」を表現する時は、「重ねて」と表現する方がいいでしょう。

重ねてを使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「この度は遅れましたこと、重ねてお詫び申し上げます。」
  • 「重ねてお聞きします。」

再度

再度は、再び(ふたたび)行うこととういう意味です。

プライベートの会話でも使われますが、敬語を使うビジネスシーンなどで使われる時が多くあります。

再度を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「再度ご連絡いたします。」
  • 「再度申し込みをお願いします。 」

繰り返し

繰り返しは意味が今一度とそれほど似ていませんが、使い方によっては同じような意味で使うことができます。

例えば、「繰り返しお願いいたします」という時は、「今一度お願いいたします」と同じような意味になります。

今一度の英語表現とは?

「Once again」が、今一度の英語表現になります。

「Once again」の意味は、「もう1回」ということで、今一度の繰り返すことを表現できます。

「Once again」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「Please check it once again.」(もう1度それをチェックしてください。)

もう一度、再度と今一度の違いとは?

では、もう一度、再度と今一度はどのような違いがあるのでしょうか?

もう一度と今一度は、意味そのものは同じです。

今一度はもう一度を堅く表現したものであるため、もう一度よりも強い意味であるということもできます。

しかし、今一度はもう一度を強調するために単純に使う言葉ではないため注意しましょう。

軽い表現の「もう一度やってみろ」の代わりに「今一度やってみろ」といっても、強調する意味には特にならなく、ちょっと日本語としてはおかしくなってしまいます。

そのため、今一度という言葉を使うような割合堅いシーンでは、この言葉によって自然にもう一度という意味が強調されるでしょう。

再度も今一度の言い換え表現ですが、再度は丁寧さが欠けるため、堅いシーンやビジネスシーンで使うのは適していません。

再度という言葉の使い方としては、「再度行ってみよう」などというようなものがあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。