「タイト」の意味とは?ビジネスシーンでの「タイト」の使い方などを解説




「タイト」の意味とは?

「タイト」の意味は、「ぴったりした様子」ということです。

そのため、「タイト」は体にぴったりと合って、蜜で隙間がないという意味です。

また、意味合いとしては、「きつい」「しっかりとして固い」というようなものもあります。

「タイト」は、「タイトなスーツ」「タイトな洋服」というような使い方があります。

先にご紹介したように、「ぴったりとした様子」という意味が「タイト」にはあるため、「タイトなスーツ」の意味は細めのぴったりとしたスーツ、「タイトな洋服」の意味はぴったりとした洋服になります。

基本的に、「タイトな○○」というようなことで使われる時が多くあると把握しておきましょう。

ビジネスシーンでの「タイト」の使い方とは?

ここでは、ビジネスシーンでの「タイト」の使い方についてご紹介します。

「タイトな日程」

日程に言及する時に、「タイト」という言葉は主として使われます。

例えば、「タイトな日程が懸念される」の意味は、「日程に余裕がないため、日程の通りに進められるか心配である」ということになります。

意味としては、時間が単にないということで使ったり、プロジェクトや開発の日程に余裕がないということで使ったりします。

また、「非常に日程がタイトになりそうです」といって、計画や日程を変えたりすることもあります。

「タイトな計画」

「タイトな計画」の意味は、効率的な無駄がない計画のことです。

意味としては肯定的なものにも聞こえますが、アクシデントも仕事にはつきものです。

計画がびっしりと詰まっている時は、遅れが途中で生じやすくなります。

「タイトな計画」にしすぎて、余裕がプロセス的にも時間的にもなくならないようにしないことも大切です。

「タイトな需給」

「タイト」という言葉は、資源や商品の需要が高まって、需給がひっ迫する時も使います。

例えば、「新しい製品のプロモーションが上手くいって、タイトな需給になっている」の意味は、「新しい製品の販促活動が成功して、製品が少なくなっている」ということになります。

製品のみでなく、「タイトな状況」といえば緊迫した余裕がない状況になります。

「タイト」は、時間以外にいろいろな状況に使うことができます。

「タイトな仕事」

「タイトな仕事」の意味は、余裕が日程的にない仕事であり、慌ただしさ、忙しさが伺えます。

「ハードな仕事」が同じような表現としてあります。

「ハードな仕事」の意味は、肉体的にも精神的にも大変な仕事です。

そのため、「タイトな仕事」と「ハードな仕事」はハードになりがちということでは同じようなものです。

しかし、「ハードな仕事」ということでも、日程が必ずしもタイトとは限りません。

「タイト」の類義語とは?

カタカナ語の「タイト」などは、意味がわかってもすぐに忘れることがあります。

このような時は、「タイト」などの類義語と一緒に記憶して、必要な時にすぐにわかるようにしましょう。

ここでは、「タイト」の類義語についてご紹介します。

「ハード」

「ハード」の意味は、「難しい」「激しい」「厳しい」ということで、英語表現は「hard」になります。

「ハードな仕事」「ハードスケジュール」などと、「ハード」は使われます。

「タイトな日程」とは違って、「ハードな日程」のニュアンスは「やりきるのが困難である」というようなものが含まれています。

「ハード」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「短納期であるため、今月はハードな日程になりそうである。」

「ヘビー」

「ヘビー」の意味は、「耐えがたく、程度が激しい」「重い」ということで、英語表現は「heavy」になります。

「ヘビー」は、「ヘビーな話」「ヘビーな仕事」などと使われます。

英語の「heavy」を直訳すれば「重い」になりますが、全ての物事を対象にして「耐えがたい」と比喩的にいうことができます。

「ヘビー」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「自分にとって、彼の話は受け入れられないくらいヘビーなものであった。」

「タイト」の対義語とは?

「タイト」は英語のカタカナ語であるため、すぐに「タイト」の対義語をイメージするのは困難でしょう。

しかし、よく「タイト」の対義語は聞く言葉であるため、紐づけて記憶しておきましょう。

「ルーズ」

「ルーズ」の意味は、「だらしがないこと」「規律がないこと」ということで、英語表現は「loose」になります。

「ルーズ」は、「ルーズリーフ」「ルーズな生活」などと使われます。

一般的に「ルーズ」は否定的なニュアンスがありますが、「ルーズリーフ」の意味は「抜き差しが自由にできるノート」などのように、肯定的に使われる時もあります。

「ルーズ」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「ルーズな生活を正月に送っていたので、遅刻を新年早々にした。」

「ソフト」

「ソフト」の意味は、「物事・イメージが柔らかい様子」ということで、英語表現は「soft」です。

「ソフト」は、「ソフトなイメージ」「ソフト化」などと使われます。

また、電子機器の「ソフトウェア」の略語として「ソフト」は使われる時もあるため注意しましょう。

「ソフト」を使った例文としては、次のようなものがあります。

「日本ではこれまで厳しい規制があったため、ソフト化が経済成長のためにも必要である。」

「タイト」の英語表現とは?

「タイトな人」でも日本人にはわかりますが、「tight man」とそのまま英語で言うと、意味がネイティブにはわかりません。

そのため、「タイト」は和製英語でなく、英語の意味もしっかりと把握しておきましょう。

ここでは、「タイト」の英語表現についてご紹介します。

「tight」

「tight」の意味は「しっかりしている」「きつい」ということであり、時間やお金などを対象に使うことができます。

例えば、「Money is tight」という時は、「持っているお金が少なくて貧しい」という意味になります。

「tight」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Money is a bit tight, Maybe next time.」(お金が少ないので、また次回ね。)

「strict」

「strict」の意味は「厳正な」「厳格」ということであり、主として「法律」「規則」「約束」などを対象に使うことができます。

例えば、「strict dress」の意味は「規定の正式な服装」ということで、「きつい服装」ということではありません。

「strict」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「If you attend the party, follow a strict dress code.」(パーティに参加するのであれば、規定の正式な服装にしなさい。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。