「意思決定」の意味とは? 種類や「データの見える化」などを解説




意思決定の意味とは?

一般的に、意思決定の意味は、いくつかの代替え案・方法から最も適したものを、特定の目標を達成するために選択することです。

そのため、意思決定の意味は、その状況において使えるいろいろな方法の中から、特定のものを選択することになるでしょう。

いし決定のいしの漢字としては、意志と意思のいずれを使うのがいいか悩むのではないでしょうか。

意志の意味は、積極的なやりたい、あるいはやりたくないという心、はっきりとした強い意向ということです。

一方、意思の意味は、自分の思い・考えということがあります。

例えば、進学の意志があるといえば本人の強い感情・強いやる気がある表現になり、進学の意思があるといえば進学したい考えがあるということになります。

そのため、意志決定も意思決定もいずれも間違いとはいい切れませんが、受けるときはニュアンスの若干の違いが生じることがあります。

一般的に、意思決定の表現で使われることが多いと把握しておきましょう。

正しく意思決定するためにはデータを見える化することが大切である

経営を正しく行っていくためには、意思決定が最も大切であり、意思決定がブレていれば目標も設定できなく、全ての従業員が同じ方向に進むことが難しくなります。

例えば、データが見える化できていても、改善の行動が決まらなかったり、要因が解決するまでは至らなかったりすることが多くあります。

また、意思決定がはっきりしないままであれば、個人本意な判断を従業員が行うことによって、不祥事のデータ流出などが発生するリスクもあります。

経営していくためには、このようなリスクの発生を防止して、組織全体で最も適した意思決定とデータの見える化をすることが大切になります。

データの見える化によるメリット

数値的なデータを理解するのが人は得意ではありませんが、データを見える化して直感的に示すことによって理解しやすくなります。

現代は、スマホやIoTの普及によってよりデータ量が重宝されており、このデータをベースにして「ビジネスを拡げるインサイトを導き出せるか」が課題になっています。

そのため、データの見える化が大切になっています。

視覚的にデータをチャートやグラフなどで表現すると、より一層将来の予測や因果関係が把握しやすくなります。

ここでは、データの見える化によるメリットについてご紹介します。

業務が効率化できる

データを見える化すれば課題を直感的に伝えられるため、早く情報が共有できるようになり、業務が効率化できることが期待されます。

ビジネススピードが必然的に早くなるため、より組織がスピーディーに動いて会社が成長できます。

価値がある情報を把握して会社の財産が獲得できる

過去に取り組んだ会社のいろいろなデータを統合することによって、将来のマーケットで大切なトレンドの洞察を獲得することができます。

新しいマーケットの予測は価値が最もあることで、データの見える化によって得た正しい将来の予測は会社の財産になります。

ユーザーのニーズが掴める

現代は、ネットの普及によって、多くの情報がネット上から獲得でき、容易に商品の価値が判断できます。

ユーザーのニーズはこれに伴って多様化しており、ユーザーの特徴や属性からコンテンツを変える必要があります。

全てのデータを統合することによって、ユーザーのニーズを掴みながら適性のあるビジネスが展開できるようになります。

経営者が把握しておくべき意思決定の種類とは?

意思決定というのは、問題を解決するために、あるいは目標を達成するために、いくつかの選択肢の中から最も適しているものを選択することです。

ビジネスシーンでは、意思決定によって、損害を被ることもあったり、成功することもあったりするため、大事な要素といえます。

ここでは、経営者が把握しておくべき意思決定の種類についてご紹介します。

サイモンの意思決定論

サイモンはアメリカの経営学者で、定型的意思決定と非定型的意思決定にビジネスでの意思決定の種類をわけました。

定型的意思決定というのは、繰り返して日常で発生するトラブルについての意思決定で、予めトラブル解決の方法や手順は決まっています。

そのため、トラブルが発生するごとに代替案を新しく探索する必要がありません。

一方、非定型的意思決定というのは、発生したトラブルが複雑であったり、新しかったりして、代替案を新しく探索するときの意思決定です。

トラブル解決の方法や手順は、予め定型的意思決定のように決まっていません。

ビジネスで要求されているのは、新しいトラブルに対して意思決定する非定型的意思決定のようなものでしょう。

そのため、意思決定するときは、トラブル解決のための方法論や型にはまった思考法は当てはまらないときも多くあるでしょう。

アンゾフの意思決定論

アンゾフは、アメリカの経済学者で企業戦略の父ともいわれており、戦略的意思決定、管理的意思決定、業務的意思決定に意思決定の種類をビジネスの階層別にわけました。

戦略的意思決定というのは、主としてトップマネジメントの経営者が行う意思決定で、全体の会社を左右する大切なトラブルが対象です。

この意思決定の成功・失敗は、大きな影響を会社に与えます。

管理的意思決定というのは、ミドルマネジメントの中間管理職が行う意思決定です。

自分が担当する部門を指導するとき、あるいは販売方法などを考えるときに、トップマネジメントの政策を実現するための意思決定です。

業務的意思決定というのは、現場で管理するロワーマネジメントの職長・係長などが行う意思決定です。

ミドルマネジメントから指示された業務を行うために、スケジュールなどを決めます。

経営者が要求されるのは戦略的意思決定ですが、戦略的意思決定はこの下の管理的意思決定、業務的意思決定にも影響を与えます。

そのため、戦略的意思決定は、慎重に判断する必要があります。

ここでは、有名な経営学者の論を使って意思決定の種類についてご紹介しました。

意思決定の種類を把握することによって、意思決定を行うときにも役に立つのではないでしょうか。

ここで紹介した意思決定の種類を参考にして、意思決定を正しく行いましょう。

意思決定の英語表現とは?

「decision‐making」が、意思決定の英語表現になります。

「decision」の意味は決定ということで、「decision‐making」の意味は意思決定の他に政策決定もあります。

また、「decision」の英単語だけを、意思決定の意味で使うこともあります。

「decision‐making」を使った例文としては、「Decision-Making Process」(意思決定プロセス)などがあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。