「革新」の意味とは? 使い方や「改革」との違いなどを解説




「革新」の意味とは?

「革新」は、「古い組織・慣習・制度・方法などを変更して新しくすること」という意味です。

「革」の意味は「たるんで駄目になったものを建て直す」で、「新」の意味は「新しくする」です。

「革新」は、古い制度・慣習・組織・方法などを改めて良くなるように新しくすることです。

古い制度などが悪かったかどうかなどは関係なく、古いことをとにかく捨てて新しく変化させるものです。

「革新的」という表現がよく使われます。

「革新的」の意味は、「組織や制度を変更して新しくしようとする様」ということです。

政治の分野における「革新」とは、新しく現状を変更しようとする勢力・立場をいいます。

「保守」は現状や伝統を重んじていますが、「革新」は政治体制を変更することを重要視することが含まれています。

「革新」の使い方とは?

ここでは、「革新」の使い方についてご紹介します。

「革新」は単純に新しければいいということではない

「革新」のイメージは、古いものを壊して新しくするということでいわれますが、単純に新しければいいということではありません。

今までの良くなかったことを改善して、価値を新しくもたらす必要があります。

そのため、今までよりも悪くなったり、古いものを壊して終わったりしたときは、「革新」にはなりません。

「革新」は産業界では「技術革新」になる

「革新」が産業界で使われるときは、主として「技術革新」というニュアンスで使われます。

このときの「技術革新」の英語表現は「innovation」であり、日本語では「イノベーション」として通用しています。

産業界における「技術革新」は、社会的に意義がある大きな変化や新しい価値の創造をもたらすレベルが要求されています。

身近なケースとしては、タッチパネルを携帯電話に搭載したことによって、携帯電話の延長線上ではない新しい考え方に立ったスマホが生まれたことなどが挙げられます。

「革新」は政治の世界では「左翼」「左派」になる

「革新」が政治の世界で使われるときは、「左翼」や「左派」のことを表現します。

このときの「革新」の英語表現は「liberal」で、日本語では「リベラル」としても広く使われています。

現状や伝統を保とうとする「右翼」や「右派」とは逆のもので、現在の政治体制を変更しようとする姿勢がよく見られます。

しかし、日本の「左翼」「左派」は憲法を護ることをアピールしており、憲法改正はむしろ「右翼」「右派」の方が目指しています。

「革新」と「改革」の違いとは?

ここでは、「革新」と「改革」の違いについてご紹介します。

「革新」

「革新」は、古くなって時代に合わなくなった組織や制度などを新しく改めるものです。

改めて変えることが「改革」ですが、新しく改めることが「革新」です。

そのため、大きく変わるのは、新しく改める「革新」の方になります。

例えば、「革新」に「選挙制度改革」や「行政改革」などを置き換えたときは、極端にいえば、多くの現行のものを捨て去ることからスタートします。

多くの現行のものを捨て去るため、いいところが無くなることも場合によってはあります。

「革新」は、多く現行のものを捨て去った上で、新しく画期的なものにすることです。

そのため、「選挙制度革新」とか「行政革新」とはいわないでしょう。

多くの現行のものを捨て去った上で、新しく画期的なものにすることは、ほとんど不可能でしょう。

また、「技術革新」の意味は、技術をよりいいものにするということですが、単純にいいものにするということではありません。

この技術が、新しく画期的になることです。

「技術革新」は、目覚ましい新しさであることが必要です。

「革新」のニュアンスとしては、このようなものがあります。

「改革」

「改革」は、良くなって時代に合わなくなった組織や制度などを改めて変えることです。

新しく改めることでが「革新」ですが、現行の組織や制度をベースにして良くないところを改めて変えることが「改革」です。

そのため、「改革」の方が新しくするまではいかない方で、変更する幅が小さくなります。

政治の世界では「改革」がよく使われます。

例えば、「選挙制度改革」や「行政改革」などです。

これは、時代に合ったいいものに選挙の制度あるいは行政の制度や組織を変更することです。

基本的に、現行の制度や組織をベースにして、良くないところを変更することです。

「革新」と「改革」の違い

「革新」は新しく改めることで、「改革」は改めて変えることです。

そのため、新しく改める「革新」の方が改めて変える「改革」よりも変更する幅が大きくなります。

「革新」の類義語とは?

ここでは、「革新」の類義語についてご紹介します。

「改革」

「改革」というのは、従来の手法や制度などの良くないところを新しく改めることで、「革新」の類義語になります。

主として社会制度や組織・機構などについて使われますが、「革命」のように全面的に体制を変更するのではなく、既にある体制の中で改良や改善を行うことです。

「一新」

「一新」というのは、従来のものを全く新しく変えることです。

「一新」は不具合や問題があるかどうかに関係なく全部を新しくすることで、内容が「一新」した後に良くなっているかどうかも関係ありません。

「一新」に該当するわかりやすい言葉としては、カタカナ語の「リニューアル」があります。

「刷新」

「刷新」というのは、既存の良くないところを取り去って全部を新しくすることで、「刷新」の「刷」の意味は「払い清める」ということがあります。

「新」と組み合わせて、一気に好ましくないものを取り去って新しくするという意味の「刷新」を形成し、組織や機構について「人事を刷新する」などというように使うときが多くあります。

「革新」の英語表現とは?

「innovation」が、「革新」の英語表現になります。

「innovation」のカタカナ語の「イノベーション」は、日本でも一般的に使われているため、イメージしやすいでしょう。

「innovation」は、技術革新と訳されるときが多くありますが、技術革新以外に、「革新」と同じように使われます。

なお、「technological innovation」が技術革新の英語表現になります。

「innovation」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「The company is very interested in innovation and product design.」(その会社は革新と製品デザインに注力している。)
  • 「I want to work on management innovation.」(私は経営革新に取り組みたい。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。