「感化」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説




「感化」の意味とは?

「感」の意味は、「心が外の物事に触れて動くこと」です。

「化」の意味は、「人を環境や教育などでいい方に変えること」です。

そのため、「感化」は「影響を行いや考えに与えて、心を変えさせること」という意味になります。

「感化される」がよく使用される表現です。

この意味は、「大きな影響をある物事から受けて自分の行いや考えを変える」ことです。

いい意味でも良くない意味でも、「感化」は使えます。

いいことに感化されるのは強い好奇心があるということですが、良くないことに感化されるのは騙されやすい、流されやすいというようなことになります。

例えば、いいことに感化されるのは「先生の言葉に感化される」、良くないことに感化されるのは「なんとなく怪しい予言者に感化される」などがあります。

「感化」の使い方とは?

「感化」の意味合いとしては、先にご紹介したようにいいものと良くないものが含まれているため、ここでは両方の意味合いでの使い方についてご紹介します。

いい意味合いでの「感化」の使い方

いい意味合いでは、行いや考えを「感化」されていい方向に変えたという使い方になります。

ここでは、いい意味合いでの「感化」の使い方の例文についてご紹介します。

  • 「正直に彼がなったのは、彼をあなたが感化したためだ。」
  • 「両親の話に感化されて、もっと真剣に仕事をしようと思った。」
  • 「あなたのライフスタイルに感化されて、自分も規則正しく暮らすようにしました。」

「感化」は「感化される」あるいは「感化する」という使い方が多くあります。

「感化する人」は、影響力が人の考え・行いを変えさせるほどあることがイメージできるでしょう。

また、「感化される人」は、物事を素直に受け止める様が感じられるでしょう。

良くない意味合いでの「感化」の使い方

良くない意味合いでは、「感化される」「感化する」というような使い方になります。

ここでは、良くない意味合いでの使い方の例文についてご紹介します。

  • 「父親は感化されやすいので、怪しい人に騙されないか不安である。」
  • 「お兄さんに彼は感化されて、家に帰るのが遅くなった。」
  • 「攻撃的なゲームに感化されて、犯人はこのような事件を起こしたようである。」

「感化」は、このように良くない方向に引っ張られるイメージがあることがわかるでしょう。

良くない意味合いのときは、「感化する人」は他の人を騙したり、コントロールしたりするのが得意な人というイメージがあります。

また、「感化される人」は、流されやすい人や自分の意見を持っていない人のように弱々しいイメージがあります。

「感化」の類義語とは?

日本語には表現や言葉の一つひとつに関連語があり、類義語がこの関連語には含まれています。

言葉を一つ覚えるときにはセットでこの類義語を把握することが大切で、これによってさまざまなシーンで使うべき言葉が多くなります。

ここでは、「感化」の類義語についてご紹介します。

「影響を受ける」

「影響を受ける」の意味は、「特定の刺激や情報によって、その姿勢が特定の方向に従来のあり方から変えられること」です。

「影響を受ける」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「特撮物の影響を受けて、彼女は怪獣が本当にいると信じ込んでいます。」
  • 「サッカーの影響を受けて、彼は陸上からサッカーに転向しました。」
  • 「彼は童話の影響を受けて、童話作家に最終的になりました。」

「触発される」

「感化」のニュアンスに相当近い言葉としては、「触発される」という表現があります。

「触発される」「触発する」という言葉は、主として「特定のものに刺激される」という意味があり、「その後のあり方をこの刺激によって変えられる」ということになります。

「触発される」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「ファミコンの魅力に触発されることで、彼はゲームを自分で作りました。」
  • 「彼は複雑な地域文化に触発される形で、ある国の治安を保つために努力するようになりました。」
  • 「植物の魅力に触発されて、彼女は植物学の教授に将来的になりたいと思っています。」

この例文の「触発」を「感化」に換えても、文意は同じニュアンスになります。

「汚染される」

「従来のあり方から変えられる」というときに、「汚染される」は使われます。

「汚染される」は、慣用句的、慣用的な表現になります。

「汚染」としては思想的なものから物理的なものまであり、非常に「汚染」を使う範囲も広くあります。

「汚染される」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「心がわけのわからない文化に汚染され、当たり前に実際の物事を受け取れなくなりました。」
  • 「間違った宗教で彼らの思想が汚染され、この後の行いを改める必要がある事態になりました。」
  • 「工業廃水に草木が汚染され、この後の成長が非常に妨げられました。」

「変えられる」

「変えられる」という表現は、「触発される」「影響される」「感化される」ことが含まれた言葉として使えます。

そのため、日常的に非常に広いジャンルで使われる表現になります。

「変えられる」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「おもちゃの面白さによって、彼女はおもちゃに対する嗜好が変えられました。」
  • 「自分がその参考書によって変えられることを、彼はそれほど好んでいません。」
  • 「多くの人は、特定の姿勢に変えられることでその後の成長に繋がります。」

「感化」と「触発」の違いとは?

「感化」と「触発」は、いずれも影響を相手に与えるということが共通しています。

ここでは、「感化」と「触発」の違いについてご紹介します。

「感化」は、行いや考え方を自然に変えさせることを表現します。

「触発」は、ある人や物がきっかけになって、感情や衝動を急に誘発することを表現しています。

このように、「感化」は自然に相手を共感させて変えさせますが、「触発」は相手を突き動かして変えさせることが違っています。

また、「感化」は良くない意味にも使えることが、「触発」との大きな違いです。

「触発」は、ほとんどポジティブな向上心を持ったり、目標を持ったりする意味に使われます。

しかし、「感化」は相手に良くない影響を与えるときにも、相手にいい影響を与えるときにも使えます。

「感化」の英語表現とは?

「influence」が、「感化」の英語表現になります。

「influence」の意味は、動詞では「影響を与える」、名詞では「感化」「影響」になります。

「感化される」は、一般的に「be influenced by」という英語表現になりますが、「under the influence of~」もあります。

また、「刺激される」という意味の「be inspired」の英語表現もあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。