「転機(てんき)」の意味とは? 使い方や類義語などを解説




「転機」の意味とは?

ここでは、「転機」の意味についてご紹介します。

「転機」は、現在の状況から別の状況に変わるきっかけです。

「転機」の「転」の意味は回す、転がるということで、転じてある状態が移り変わる様子をいいます。

一方、「転機」の「機」意味は、物事が起きるきっかけや兆しです。

「転機」の使い方とは?

ここでは、「転機」の使い方についてご紹介します。

「転機が訪れる」

「転機が訪れる」の意味は、変わるきっかけが起きるということです。

特に、大きく今までの人生の流れを変えるような人生における節目のようなことが起きたときに使われます。

例えば、子供が誕生日で4歳になっても、大きな変化が子供にあるということではありません。

しかし、子供が誕生日で4歳になることによって今後の人生に影響するような出来事があれば、子供にとってその誕生日は転機が訪れたといえます。

「転機を迎える」

「転機を迎える」の意味は、変わるきっかけを目の前にしているということです。

「転機が訪れる」と「転機を迎える」は似ていますが、「転機を迎える」はまさに変わるきっかけが目の前にあり、今から変わろうとしているようなときに使われます。

「転機」の類義語とは?

ここでは、「転機」の類義語についてご紹介します。

「転換期」

「転換期」の意味は、物事が移り変わるときです。

「転換期」と「転機」の違いは、物事の移り変わっていく状態を「転換期」は意味していますが、物事が移り変わっていくきっかけを「転機」は意味していることです。

そのため、「転機」は「転換期」がスタートする前にあるといえるでしょう。

「転換期」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「興味が何事にも持てなくなった現在、転換期が来たようだ。」
  • 「転換期が間もなくやって来ると占い師にいわれた。」

「岐路」

「岐路」の意味は、進むべき道を今からの人生において決める必要があるシーンです。

分かれ道という意味も「岐路」はありますが、「岐路」を人生という機軸において使えば、複数の進むべき道があり、一つをこの中から選ぶことによって将来が決定するような重大なシーンという意味になります。

「岐路」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「将来は人生の岐路での選択に影響される。」
  • 「人生の岐路に立ったときは、決断が難しくなる。」

「分岐点」

「分岐点」の意味は、2つ以上に道などがわかれている地点で、転じて、物事のわかれるところをいうこともあり、「転機」の類義語になります。

「分岐点」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「迷っているのは、人生の分岐点に立っているのだろう。」
  • 「正しく選択するためのヒントが、人生の分岐点では欲しい。」

「人生の転機」とは?

ここでは、「人生の転機」についてご紹介します。

環境が変わるようなきっかけ

「人生の転機」というのは、今まで生活してきた環境から、新しい環境に変わるようなきっかけです。

多くの人が通る道で、生きていく中において一度は誰にでも訪れるものです。

「人生の転機」は、自分できっかけが訪れそうな時期を意識できるときと、後から人生の転機はあれであったとわかるときがあります。

また、自分の意志に関係なく自分の身や周りに起きた出来事がきっかけになるときと、自分の意思で人生を変えたいということがきっかけになるときがあります。

いずれのきっかけでも、そのきっかけによって何かしらの変化が今後の生活に起きます。

このような「人生の転機」が訪れたときに、取るべき行動や知っておきたい考え方を把握しておけば、生活が変わったときでも対応が臨機応変にしやすくなるでしょう。

「人生の転機」が訪れやすい年齢

人生の節目になる年齢に、「人生の転機」は訪れやすくなります。

18歳、22歳、23歳、30歳、60歳が、主な人生の節目になる年齢です。

例えば、高校を18歳で卒業した後、大学へ進んだときは22歳で卒業し、23歳で社会人になります。

このような年齢は、今後の人生の方針を自立して決定する時期です。

30歳頃になれば、結婚や転職を多くの人が考えるでしょう。

一般的に、60歳は定年退職になるときです。

男性も女性も、「人生の転機」は3年続く前厄、本厄、後厄の厄年でも訪れやすいそうです。

25歳、42歳、61歳が男性の本厄で、19歳、33歳、37歳が女性の本厄といわれていますが、宗派や地域によって違うそうです。

特に、大厄は男性が42歳、女性が33歳で、注意する必要があるとされています。

「人生の転機」によく訪れる前兆とは?

ここでは、「人生の転機」によく訪れる前兆についてご紹介します。

ピンチが訪れる

上手く仕事や健康、対人関係などができなくてピンチになるときは、「人生の転機」の前兆でしょう。

上手く今までやってきたことができないのは、新しい方法を試す時期になっていると考えられます。

変化を求める

「人生の転機」の前兆としては、現状を変えるために転職や引越しをしたいという欲求が高くなります。

変化を求める気持ちは、次のステージを人生において求めている証拠です。

興味がなくなる

「人生の転機」の前兆は、満足に今までできたことに興味が無くなることであるといわれています。

物足りなさは不満を自分に感じている兆候であり、ステップアップの時期でしょう。

「転機」の英語表現とは?

「turning point」が、「転機」の英語表現になります。

日本語でも、「ターニングポイント」というカタカナ語になっています。

「turning」の意味は回転させるということで、「point」の意味は点ということです。

「turning point」の意味は、今までの人生の流れを変える時点ということです。

「turning point」の厳密な意味は「転換期」ですが、「転機」にもなります。

「turning point」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「The workshop marked a turning point in her life.」(彼女の人生において、そのワークショップが転機となった。)
  • 「The turning point came when I met he.」(彼に会ったときが転機になった。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。