「克己心(こっきしん)」の意味と使い方とは?「克己心が強い人」の特徴などを解説




「克己心(こっきしん)」の意味とは?

「克己心」の「克」の意味は「打ち勝つ」ということで、「己」の意味は「自分自身」ということです。

そのため、「克己心」の意味は「自分を抑えようとする意思」「自分の欲望に打ち勝つこと」になります。

つまり、「克己心」は「こうしたいという欲望をコントロールしたり、抑えたりする心」になります。

「克己心(こっきしん)」の使い方とは?

ここでは、「克己心」の使い方についてご紹介します。

「克己心(こっきしん)が強い」「克己心(こっきしん)がある」

「克己心」は、「克己心が弱い、強い」あるいは「克己心がない、ある」という表現でよく使われます。

例えば、「克己心が弱い人」あるいは「克己心がない人」といえば、努力が続かない人や他力本願な人、誘惑に対して強くない人などをいいます。

一方、「克己心が強い人」「克己心がない人」といえば、信念が強いため欲望や感情に流されない人、向上心が強い人、どのようなことも諦めない人などをいいます。

「克己心」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「強い克己心を持って、誘惑に負けないようにしたい。」
  • 「向上心と克己心がある彼は、間違いなく成功するだろう。」
  • 「克己心があるのはいいことであるが、体をもうちょっと休める方がいいと思う。」
  • 「3回目の禁煙に失敗したので、克己心が自分には足りないようだ。」

「克己心(こっきしん)を鍛える」「克己心(こっきしん)を養う」

ビジネスシーンにおいては、「克己心を鍛える」あるいは「克己心を養う」という表現をよく使います。

「克己心を備える方がいい」というような表現もよく使われます。

「克己心」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「強い信念が克己心を養うためには必要である。」
  • 「より克己心を鍛えろと上長からいわれた。」
  • 「一朝一夕で克己心は養われない。」

「鍛える」「養う」の他にも、「培う」や「育てる」という表現と一緒に使われるときもあります。

しかし、「克己心を働かせる」という表現はありません。

動詞の「働かせる」というものを使いたいときは、「克己心」と意味が同じような「自制心」を使って、表現としては「自制心を働かせる」というものを使います。

なお、「克己心を培う」ためには、小さい目標を立案して順番に達成していくこと、諦めないでチャレンジすることなど、毎日の積み重ねが大切です。

「克己心が強い人」の特徴とは?

ここでは、「克己心が強い人」の特徴についてご紹介します。

規則正しく生活している

自分を律することができるので、1日の予定を決定してこれに従って行動することができます。

翌日の予定や行動を、前の日までにほとんど思い描いています。

1日をダラダラと過ごすことが得意でなく、意味が無く夜更かしをしたり、無駄に遅く起きたりしたりすることが得意でない傾向があります。

そのため、「克己心が強い人」は規則正しい時間の使い方や生活がしっくりいっており、「何時までに朝は起きる」「何時までには遅くても寝る」と決めている人も多くいます。

自分で決めた目標は努力して必ず達成しようとする

「克己心が強い人」は、甘えや妥協を自分で決めた目標に対して見せません。

「これほど達成すると十分である」「この程度でいい」と考えないため、達成できる手段や方法を必ず考えます。

また、結果にこだわるので、理想的は結果がどうすれば出るかいろいろトライすることも得意です。

「克己心が強い人」は目標がたまたま達成できるということでなく、プロセスをしっかりと描いて粘り強く努力を積み重ねることができます。

ちょっとくらいの障害では諦めなくて我慢強い

自分を甘やかさないため、「目標を達成するには我慢も必要である」という考え方になっています。

自分は意識して我慢していませんが、辛いことや嫌なことでもすぐに諦めません。

また、先にある目標を一時的な辛さよりも重視するため、「辞めたい」「辛い」というような感情を持たないで「この程度は当然である」という姿勢でチャレンジします。

「克己心(こっきしん)」の類義語とは?

ここでは、「克己心」の類義語についてご紹介します。

「理性」

意味は、「本能や感情にコントロールされなく、道理によって考えて判断するスキル」です。

「理性」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「どのようなときでも課長は理性を維持して判断が冷静にできるため、部下から信頼されている。」
  • 「急な本部からの通告に、理性を思わず失った。」

「我慢」

意味は、「生理的な欲求や感情的な辛さなどに耐えること」です。

「我慢」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「甘えたい年頃であるにも関わらず、我慢のみさせているかもしれない。」
  • 「どうしても買いたいものがあったが、我慢できなくて買ったことを後悔している。」

「自己制御」

意味は、「自己または自己の側面を変えさせること」です。

「自己制御」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「自己制御のスキルがある人は、メンタル力が強い人といえるでしょう。」
  • 「高校のときの担任は、自己制御の重要さをことあるごとに力説していた。」

スポーツと「克己心(こっきしん)」の関係とは?

普段の生活においては、「克己心」という言葉はほとんど使うことがないでしょう。

というのは、「自制心」という言葉が「克己心」の類義語にはあり、ほとんどの場合はよく使っている「自制心」を使うことでも問題ないためです。

しかし、武道などのスポーツのジャンルにおいては、「克己心」の方が「自制心」よりもよく使われています。

この理由は、「克」という文字の読みが勝負に「勝つ」というものと同じでげんを担いでいるためであることと、「己に克つ」という意味の「克己」が自分の行動や欲望を単に抑えるという意味の「自制」よりもさらに掘り下げた意味があるためです。

例えば、あなたが空手の選手であったとしましょう。

試合を格上の相手とするときは、試合や相手に対して「逃げ出したい」「恐ろしい」「負けたくない」というような気持になるでしょう。

「克己心」はこのような弱い自分の気持ちに打ち克つ心ですが、「克己心」のこのときの意味は、弱い心を乗り越えて自分を奮い立たせるという方が相応しくなります。

「克己心」の意味は、単純に自分の邪念や欲望を律して抑えるということだけでなく、自分を奮い立たせること、努力をすることなど、人間を形成するために必要なことが含まれています。

そのため、「克己心」は、教示として道場に掲示されたり、座右の銘としてスポーツ選手に選ばれたりするなど、自己成長を促進する言葉として教育やスポーツのジャンルで使われています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。