「ローンチ」の意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説




ローンチの意味とは?

ローンチの意味は、新しいサービスや商品を提供することです。

ローンチはIT業界でもともと使われていましたが、現在ではIT業界だけでなくいろいろなジャンルで使われています。

これまで無かったような新しいサービスや商品を提供するときに使われています。

例えば、主婦層に向けてライバル企業がアプリをローンチしたというときの意味は、主婦層に向けてライバル企業が新しいアプリを発表したということになります。

ローンチは、金融業界において使われる一つの証券用語です。

金融業界におけるローンチの意味は、有価証券を発行することをマーケットに発表することです。

有価証券というのは、発表側の株券や手形のことで、財産権を証明するためのものです。

ローンチの使い方とは?

ここでは、ローンチを使った例文についてご紹介します。

ローンチの使い方がわからないときは、例文を参考にしてください。

新製品を〇〇社がローンチした

〇〇社が新製品の発表を行った、新製品の情報を公開したという意味になります。

主として、社内でいうことが多くある表現です。

このようなことを上長などがいったときは、新製品の情報を公開したと考えるといいでしょう。

言い換えるときは、新製品を〇〇社が発表したが最もおすすめです。

新製品のローンチは○○日の予定です

新製品の情報の発表・公開は○○日の予定ですというような意味になります。

この表現も、社内の会議や打ち合わせなどで使われることがあり、新製品の情報を○○日に発表すると考えるといいでしょう。

自分がいうときは、新製品を公開するのは○○日ですと表現するとわかりやすいでしょう。

ローンチを使った熟語とは?

ここでは、ローンチを使った熟語についてご紹介します。

プロダクトローンチ

プロダクトローンチというのは、爆発的に商品を売るための方法です。

商品をいきなり売るのでなく、商品を売り始める数週間あるいは数ヶ月前から情報をちょっとずつ小出しにして、ユーザーの購買意欲をアップさせておいてから、商品を発売する日に爆発的に販売する方法です。

プロダクトローンチは、最も強い集客方法ともいわれており、マーケティング方法として集客システムと心理学を組み合わせたものです。

この方法は、日本のみでなく世界の多くの国で使われており、わかっているのみでも売上が1兆円以上あるそうです。

有名なプロダクトローンチというと、映画の宣伝があります。

トレーラーが前もって公開されたり、メディアで映画での着目ポイントや監督や出演者などのインタビューが取り上げられたりしています。

そして、試写会が公開になるすぐ前には開催されて、試写会に参加した人も宣伝します。

このように期待値がアップするように情報を小出しにすることによって、映画が公開されると同時に観客を一気に集めます。

ローンチカスタマー

ローンチカスタマーは、航空業界において新しい飛行機の開発を後押しするユーザーのことです。

一般的に、このときのユーザーは航空会社になります。

ローンチカスタマーに単独でなるときが多くありますが、いくつかの航空会社でローンチカスタマーに同時になるときもあります。

メーカーが新しい飛行機を開発製造するために大きな規模を発注して、新しい飛行機の製造プランをローンチするユーザーということです。

飛行機の開発は、乗る人の命や荷物を預かるため安全性などを確保する必要があるので、高いテクニックが必要であるため費用が莫大にかかります。

そのため、構想する時点において需要などを航空会社に打診すると同時に受注を要求して、ニーズを判断する方法として使われるようになりました。

ローンチタイトル

ローンチタイトルというのは、ゲーム機を新しく売るときに一緒に販売されるゲームソフトです。

ローンチソフトや同時ソフト、同時タイトルなどともいわれます。

ソフトがないとゲーム機は使えないため、新しいゲーム機の販売状況はローンチタイトルも非常に関係します。

ローンチコントロール

ローンチコントロールというのは、素早く停まっている状態の自動車を発進させる自動制御の技術として自動車に搭載されているものです。

自動車を完全に停まっている状態から急に動かすときには、エンジンの回転数によってはエンジンがストップしたり、タイヤが空転(ホイールスピン)したりするリスクが伴います。

そのため、エンジン回転数をコントロールしてタイヤの空転を防止するコントロールシステムが、ローンチコントロールになります。

モータースポーツのF1などでは、相当大切なシステムになります。

しかし、このようなシステムがいかに自動車に搭載されているということでも、道路での急な発進はリスクがあるため止めましょう。

ローンチの類義語とは?

ここでは、ローンチの類義語についてご紹介します。

リリース

リリースの意味は、解放する、解き放つ、公開するというようなことがあります。

ローンチとは公開するという意味で共通しているので、類義語になります。

ローンチよりも多く使われるため、ビジネス用語がよくわからない人と話をするときは、リリースをできるだけ使いましょう。

リリースを使った例文としては、新しい商品をリリースする、などがあります。

発売

発売の意味は、商品を売り出すことになります。

商品を解禁するということで、リリースやローンチの代わりに使えます。

なお、商品を売るときは、発売を使う方がいいでしょう。

発売を使った例文としては、○○月○○日に発売する予定です、などがあります。

公開

公開の意味は、公衆・世間などに使用を許可すること、解放することになります。

普段から使っている言葉であるため、普通の人に説明するときは公開を使う方がいいでしょう。

公開を使った例文としては、製品の発売予定日を公開する、などがあります。

ローンチの対義語とは?

ここでは、ローンチの対義語についてご紹介します。

非公開

非公開の意味は、一般には使用を認めないこと、解放しないことになります。

非公開手続きや非公開情報などのように使うときが多くあります。

未公開は同じような表現ですが、未公開は将来的に公開されるときがありますが、非公開は公開されることが無いときに使われます。

非公開を使った例文としては、この案件は非公開である、などがあります。

秘密

秘密の意味は、一般には知られていないこと、他の人には知られないようにすることになります。

公開されていない、知られていないというような意味から、ローンチの対義語になります。

秘密を使った例文としては、彼女にはこのことは秘密にしよう、などがあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。