「リーダーシップ」の意味とは?「マネジメント」と「リーダーシップ」の違いなどを解説




「リーダーシップ」の意味とは?

「リーダーシップ」は、「統率力」「指導力」というような意味があります。

しかし、一般的に、ビジネスシーンでは、「明確にビジョンをして最大に組織の力をして、成果を目標達成へ向けて出していくスキル」という意味になります。

イメージとしては、チームや組織の先頭で旗を振る人というとわかりやすいでしょう。

「リーダーシップ」の種類とは?

「リーダーシップ」はいろいろな種類があり、特徴などがそれぞれ違っています。

ここでは、ダニエル・ゴールマンという心理学者が提唱した「リーダーシップ」についてご紹介します。

「ビジョンリーダーシップ」

他の人を揺るぎない価値観や信念によって動かす、積極的な「リーダーシップ」です。

「リーダーシップ」としてはメンバーの帰属意識がアップしやすいので、組織の変革期や急成長期に特に力を発揮します。

理想論であるといわれる時もありますが、トータル的には最も有効なものであるといわれています。

「コーチングリーダーシップ」

メンバーのやり方や希望を尊重して、行動をサポートする「リーダーシップ」です。

それぞれのメンバーの特性などを活かして、ポテンシャルを導き出す効果が期待されます。

このようなリーダーとしては、メンバーの特性を把握するコミュニケーションスキルや洞察力、専門的な知識が要求されます。

「調整リーダーシップ」

メンバーの参加を意思決定の時から要求して、コミットを仕事にする「リーダーシップ」です。

意見を広く集められるため、アイデアを新しく創るチャンスが多いとされています。

しかし、衝突が激しくなることがある、驚くような変革などには適さない、というようなデメリットもあります。

「仲良しリーダーシップ」

立場に関係なく、コミュニケーションをメンバーと同じ目線で図ることによって、友好関係を維持するような「リーダーシップ」です。

弱いところをそれぞれの人がカバーし合えるなどのメリットがありますが、チーム同士の関係性を重要視するためにスキルアップや目標達成に対する意識が薄くなるなどのデメリットもあるので、別の「リーダーシップ」と併用するのがおすすめとされています。

「実力リーダーシップ」

リーダーが個人的に持っている高いスキルでメンバーをリードしていくような「リーダーシップ」です。

当然ですが、リーダーには高い実力が要求されます。

なお、メンバーのスキルやモチベーションが低い時などは、上手く「リーダーシップ」が働かないことがあります。

「指示命令リーダーシップ」

メンバーを強制命令によって動かして、成果を短い期間で出すような「リーダーシップ」です。

メリットとしては、単純な仕事が多くある時には効率がいいことと、高いパフォーマンスが緊急で必要な時に発揮することです。

しかし、部下自身が考える力や帰属意識が養われないので、人材を育てるという意味では効率が最も良くないとされています。

「マネジメント」と「リーダーシップ」の違いとは?

「マネジメント」とは、目的・目標を達成するための方法を決めて管理することです。

例えば、「細かな戦術をビジョンの実現のために立案する」「リスクを前もって予測して避けるために改善する」というような役目が挙げられます。

一方、「リーダーシップ」とは、「明確にビジョンをして目的を達成するために導く力」です。

結果とビジョンに着目して目標を達成するためには、新しいことにチャレンジして創ることによって、チーム全体を導くことが大切です。

「マネジメント」と「リーダーシップ」の違いは、次のようになります。

「マネジメント」ではものごとを短期的、現実的な観点で考えることが大切で、「リーダーシップ」ではものごとを長期的な観点や将来のビジョンを持って見る必要があり、それぞれに役目があり、やるべきことが違っています。

個人と組織がやるべきことと向かうべき方向性をすり合わせるためには、一つの方法としては目標管理のフレームワークを使うこともあります。

「リーダーシップ」をとるためのスキルとは?

ここでは、「リーダーシップ」をとるためのスキルについてご紹介します。

ビジョンを明確に示す

「リーダーシップ」をリーダーとしてとるには、魅力があるビジョンを示してチームのメンバーを巻き込む必要があります。

掲げた目標、ビジョンをベースにして方向性を統一し、チームを導いて保つ役目を担う必要があります。

外部の環境が変わっても目的をメンバーが見失わないように、状況を常に判断して示す必要があります。

メンバーの考えを尊重する

「リーダーシップ」をとるためには、広くメンバーの考えを集めて、尊重することも大切です。

メンバーの成長が、組織の成長のためには必要です。

コミュニケーションを対話によって図って、価値観が違う一人ひとりのメンバーの強みや特性活かすことによって、最大限にメンバーのスキルが導き出せます。

メンバーの考えを尊重する、人材を効果的に開発する方法としては、コーチングが挙げられます。

具体的な方法としては、傾聴して褒める、叱って質問するというようなフォォローを行うことによって自発的なメンバーの行動を促します。

冷静に見極める

経済情勢が確実性でない中においては、「リーダーシップ」をとるために冷静な見極めも大切です。

ビジネスを進める途中で発生する不測の事態に応じて計画を柔軟に変えたり、効果が無くなった施策を適切な時期で終了させたりする必要があるシーンも多くあります。

冷静に次に進むために見極めをして、結論を正しく導き出す必要があります。

信頼を獲得する

優れた「リーダーシップ」をとるためには、「傾聴」「スキル」「メンバーに対する優しさ、思いやり」が必要です。

メンバーを率いるリーダーには、ビジネスパーソンとして課題解決能力や業務遂行能力というようなものが要求されます。

また、相槌を意識を傾けて打ちながら十分に話を聞くことは、表面上の部下と上長という関係性でなく、信頼関係をチームのメンバーと築くことに繋がります。

「リーダーシップ」には、さらにメンバーに対する優しさや思いやりも大切です。

フォロワーシップを獲得する

フォロワーシップというのは、組織のリーダーをカバーする部下やチームのメンバーのフォロワーが自律的にリーダーをサポートする全般的な行いです。

チームをリーダーは率いて、チームの目標を達成する必要があります。

組織としての成果は、フォロワーとリーダーが織り成す相互作用によって生まれます。

そのため、リーダーが優れた能力を持っていてもフォロワーシップが獲得できないと、成功する可能性が小さくなります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。