「在宅勤務」の意味とは?メリットやデメリット、注意点などを解説




「在宅勤務」の意味とは?

「在宅勤務」は、「テレワーク」という枠の中の働き方の一つです。

「テレワーク」は、場所や時間に関係ない働き方ですが、いろいろな雇用スタイルがあります。

「在宅勤務」のポイントは、このような雇用スタイルの中で「自宅で仕事を行う」「会社に雇われている」ことです。

「在宅勤務」が着目される理由とは?

日本で「在宅勤務」を希望している社員は、実際には案外と多くいます。

では、現在どうして「在宅勤務」が着目されているのでしょうか?

ここでは、「在宅勤務」が着目されている理由についてご紹介します。

女性が結婚したり、子供が生まれたりすることによって退職して人材が足りなくなることが、「在宅勤務」が着目されている一つの理由として挙げられます。

「在宅勤務」を採用することによって、従来自分の希望とは無関係に退職を選んできた育児をしている女性、障害者、高齢者など、いろいろな人材が採用できる可能性が出てきます。

いろいろな人材を採用することによって、「ダイバーシティ」が実現できるでしょう。

また、「在宅勤務」を採用することによって、営業所、支店などを少なくすることができ、事務所の費用削減になります。

なお、「在宅勤務」を採用する時は、会社は次のようなことに注意する必要があります。

  • 社員の労働実態が分かるようにする
  • 情報が漏洩しないように対策を考えておく
  • 社員同士のコミュニケーションを図るように考える

社員の労働実態がわからないために、社員のスキルが評価できないのは会社にとっても大切な問題です。

本来の仕事が怠慢になっていないか、はっきりとチェックできるようにすることが必要です。

また、ネットを利用するために、最低限情報が漏洩しないようにしておく必要があります。

これ以外にも、「在宅勤務」を採用することによって事務所にいる社員と「在宅勤務」をしている社員とのコミュニケーションが図れなくて、チーム力・仲間意識が下がることも問題になります。

全体の会社の向上心が下がらないように、「在宅勤務」を採用する前に会社側が検討しておきましょう。

「在宅勤務」のメリット とは?

ここでは、「在宅勤務」のメリットについてご紹介します。

通勤するためのストレスや時間が少なくなる

「在宅勤務」は、会社に行かなくて仕事を自宅でします。

そのため、通勤するための時間がなくなるので、別のことにその分の時間を充てることができるでしょう。

自宅にいると、仕事をしながら食事の準備をしたり、洗濯をしたりすることもできます。

例えば、通勤するために2時間往復でかかっていたとすると、自宅でできることはその分多くなります。

また、通勤する時の満員電車などによるストレスも少なくなるでしょう。

ワークライフバランスが実現できる

仕事と介護や子育てなどを両立するのは困難であり、余儀なく退職することがあります。

しかし、「在宅勤務」ができるのであれば両立することができるでしょう。

また、介護や子育てとの両立以外に、自分の裁量で24時間使えるようになります。

自分の時間を充実したり、余った時間に資格を取るために学習したりするなど、ワークライフバランスが実現できるでしょう。

仕事に集中できる

会社にいる時は、会議や来客が急にあったり、当初考えていなかったような仕事が入ったりすることもあります。

そのため、最終的に仕事が終わらなかったようなこともあるのではないでしょうか。

このような時は、早出や残業で対応する必要があるなど、影響が就業時間以外にも出てきます.

しかし、「在宅勤務」の時は、このようなことはありません。

仕事に集中できるため、スケジュール通りに進むでしょう。

社員が成長できる

「在宅勤務」は仕事を自分の裁量でできるので、しっかり自己管理することが社員には要求されます。

このような機会が多くあることによって、社員が成長できるようになります。

自然に時間の使い方もマスターでき、業務が効率化できるでしょう。

「在宅勤務」のデメリットとは?

一方、「在宅勤務」は、次のようなデメリットがあります。

プライベートと仕事の区分けができない

「在宅勤務」は仕事を自宅でするため、プライベートと仕事の区分けが曖昧になる時も多くあります。

仕事を家事などの合間にする時に、時間が都度集中や準備するためにかかれば時間が無駄になって、最終的に仕事を夜遅くまでするなど長時間労働になることもあり得ます。

評価が正当にできない時がある

「在宅勤務」では、自宅で仕事をする社員の仕事の進捗状況を上長などが直接チェックできません。

そのため、仕事の成果物などのみで評価する必要があり、評価が正当にできない時があります。

仕事上のコミュニケーションが不足する

「在宅勤務」では、ネットのアプリなどで連絡が会社とできますが、直接上長や同僚と会ってほとんど仕事をすることができません。

そのため、仕事上でのコミュニケーションが不足したりすることがあります。

「在宅勤務」を採用する時に注意することとは?

「在宅勤務」を採用する時は、ポイントがいくつかあります。

ここでは、「在宅勤務」を採用する時に注意することについてご紹介します。

評価方法を明確にする

不当な評価を「在宅勤務」する社員が受けることを防ぐためには、上長などと十分に仕事の成果目標、評価法などについて話し合っておくことが必要です。

そうしなければ、不平等が事務所の社員と「在宅勤務」の社員の間に生まれることがあります。

情報をこまめに共有する

「在宅勤務」を採用する時は、仕事を雰囲気や暗黙の了解で進めることが無いように注意して、事務所で仕事をする社員と「在宅勤務」で仕事をする社員の間で情報の温度差や格差が可能な限り起きないように気配りしましょう。

なお、情報を手軽に共有する方法としては、グループウェアやビジネスチャットツールなどがおすすめです。

部分的な「在宅勤務」を利用する

「在宅勤務」としては、自宅で終日仕事をするのではなく、1日の仕事時間の中で一部の仕事を自宅でするという「部分在宅勤務」もあります。

会社の事務所に一時的に出勤したり、顧客を訪問したりするなどします。

徹底して勤怠管理をする

プライベートの時間と勤務時間の区分けを明確にするには、自宅の中に集中できるところを設けたりするなど、社員としても仕事がメリハリをつけてできるようにすることが大切です。

会社としても毎日の仕事の開始と終了についてチェックし、徹底して勤怠管理をすることが必要です。

なお、勤怠管理が効率よくできる勤怠管理システムについては、ネットなどで紹介されているため参考にしてください。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。