「誠にありがとうございます」の意味とは? ビジネスシーンでの使い方などを解説




「誠にありがとうございます」の意味とは?

「誠にありがとうございます」の意味は、感謝の気持ちを相手に対して伝えることです。

「ありがとうございます」は、「ありがたい(有り難い)」という形容詞の連用形に「ございます」という「ある」の丁寧語をプラスしたものです。

「誠にありがとうございます」は、頻繫にビジネスシーンでも日常会話でも使われています。

「まことに」の漢字表現としては、「誠に」「実に」「真に」があります。

よく「誠にありがとうございます」は目にするものですが、「実にありがとうございます」や「真にありがとうございます」は馴染みがそれほどないでしょう。

「まことに」は、副詞で、意味は「本当に」「実に」「間違いなくある事態である様」になります。

漢字の一つずつの意味としては、次のようになります。

  • 「誠」は、「セイ」が音読みで、「まこと」が訓読みになります。
  • 「誠」の意味は、「まごころ」「嘘偽りのない心」です。
  • 「真」は、「シン」が音読みで、「ま」「まこと」が訓読みです。
  • 「真」の意味は、「本当に」「偽りでないこと」「まじめなこと」です。
  • 「実」は、「ジツ」が音読みで、「まこと」「みのる」が訓読みです。
  • 「実」の意味は、「本当」「そらごとではない」です。

このように、「誠」「真」「実」の意味は同じです。

そのため、いずれを使っても問題ありませんが、一般的に「誠にありがとうございます」を使うのがおすすめです。

しかし、「真にありがとうございます」「実にありがとうございます」を使うこともできます。

また、ひらがな表記で「まことにありがとうございます」と使うときもあります。

なお、ひらがな表記のときは、表現が少し砕けたものになります。

現在形は「誠にありがとうございます」ですが、過去形は「誠にありがとうございました」になります。

現在形のときは、現在進んでいるときに相手がいったことについて、感謝の気持ちを表現するときに使います。

一方、過去形のときは、一度終わっていること、相手が過去にいったことについて使います。

相手の行いが現在か過去かによって、「誠にありがとうございます」と「誠にありがとうございました」を使いわけます。

しかし、現在か過去かに関係なく使うときもあります。

例えば、お店に入るときに、「ご来店、誠にありがとうございます」などといわれることがあるでしょう。

また、お店を出るときに、「ご来店、誠にありがとうございます」あるいは「いつもご来店いただき、誠にありがとうございます」などといわれることもあるでしょう。

いずれも違和感がありません。

このようなこともありますが、「誠にありがとうございます」と「誠にありがとうございました」はきちんと使いわけましょう。

「誠にありがとうございます」のビジネスシーンでの使い方とは?

「誠にありがとうございます」は、ビジネスシーンで使われるときの方が多いでしょう。

ここでは、「誠にありがとうございます」のビジネスシーンでの使い方についてご紹介します。

上長に対して「誠にありがとうございます」を使うケース

上長に対して「誠にありがとうございます」を使うときの例文としては、次のようなものがあります。

「自分のミスをフォローしてくれた先輩に、心からの感謝を誠にありがとうございますと伝えた。」

誰でも、仕事でミスをしたり失敗したりすることはあり得るものです。

特に、経験が浅い人や新人は、慣れないためにその頻度がどうしても高くなりがちです。

この例文は、先輩がミスをフォローしてくれたため、感謝をそのことについて伝えたものです。

「提出した書類をすぐにチェックしてくれた上長に対して、お忙しい中すぐにチェックいただき、誠にありがとうございますと感謝を伝えた。」

作った書類に問題がないかを上長にチェックしてもらうときがありますが、上長は別の仕事もあるために時間がどうしてもかかります。

この例文は、このような中でも書類をすぐにチェックしてくれた上長に対して感謝している様子がわかります。

社外に対して「誠にありがとうございます」を使うケース

社外に対して「誠にありがとうございます」を使うときの例文としては、次のようなものがあります。

「弊社までこの度はご足労いただき誠にありがとうございますと、お礼の気持ちを取引先に伝えた。」

メールや電話で済ませないで会社まで直接足を運んでもらうのは、交通費や時間などがかかるために結構負担になります。

この例文は、このような負担がかかる中で会社までわざわざ足を運んでくれたことについてお礼を丁重に伝えていることがわかります。

「弊社のサービスについてお問い合わせいただき誠にありがとうございますと、顧客にメールを送った。」

会社のホームページの問い合わせフォームから、その会社のサービスについて問い合わせができることがあります。

この例文は、何らかの方法で問い合わせた顧客にメールを送っているものです。

「誠にありがとうございます」の英語表現とは?

「誠にありがとうございます」と感謝の気持ちを英語で伝えたいときは、「Thank you so much」(本当にどうもありがとう)や「Thank you very much」(本当にありがとう)を使いましょう。

「so」や「very」を使うことによって、感謝をより強調することができます。

また、感謝を何に対してしているかを伝えることも大切です。

例えば、アドバイスに対してお礼をいいたいときは、次のようなものがあります。

  • 「Thank you for your email.」(メールを送ってくれてありがとう。)
  • 「Thank you for giving me good advice.」(アドバイスをしてくれてありがとう。)
  • 「Thank you for your thoughtfulness.」(心配をしてくれてありがとう。)

また、目上の方にお礼を丁寧にいいたいときは、次のようなものがあります。

  • 「I am grateful for your support.」(あなたのサポートに感謝いたします。)
  • 「I really appreciate it.」(非常に感謝しています。)
  • 「I appreciate your kind response.」(ご返信ありがとうございます。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。