「モデレーター」の意味と役割、使い方とは?




「モデレーター」の意味とは?

「モデレーター」の意味は、「調停者」や「仲介人」です。
第三者として当事者の間に入って仲介します。
立場としては中立的なものが要求され、何らかをモデレーターが持たないことが基本です。

「モデレーター」の役割とは?

「モデレーター」は、進行役を座談会や討論会などにおいて務めます。
司会者あるいは進行役とも「モデレーター」はいわれています。
「モデレーター」の役割は、座談会や討論会などの始まりから終わりまでを仕切ることです。
話題について提案したり、発言する人を参加している人の中から指名したり、質問を参加している人にしたりするなどして、進行を話題に沿って行います。

「モデレーター」の由来とは?

英語の「moderator」が「モデレーター」の由来です。
「moderator」の英語の意味としては、「司会者」や「仲介者」などがあり、「モデレーター」でもほとんど英語通りの意味が使用されています。

「モデレーター」の使い方とは?

座談会などの進行役を「モデレータ―」としてするときは、「モデレーターをする」という使い方になります。
これ以外にも、「モデレーター役をする」あるいは「モデレータ―をやる」などの使い方があります。
「モデレータ―」の例文としては、次のようなものなどがあります。
「モデレーターを務めます」
「モデレーターを今回するようになりました」
「モデレーターをするのは、専門的な知識が不足しているときは困難ではないか」

ユーチューブのモデレーターとは?

ユーチューブのモデレーターというのは、ユーチューブを運用するときに協力する人です。
ライブで配信しているときのコメントやユーチューブの動画のコメントなど、自分だけで全て確認するのは大きな負担があるため面倒であると思ったこともあるのではないでしょうか。
ユーチューブを運用していると、だんだん成長していけば、コメント数が多くなってきます。
また、例えば、ゲームを配信しているときなどにコメントを見ることができても逐一アンチコメントを削除するなどすれば、ゲームが上手く配信できなかったり、中断してしまったりします。
このようなときに、コメントの管理を「モデレーター」に頼むことによってスムーズにユーチューブを運用することができます。
「モデレーター」は、ライブ配信をメインにするユーチューバーがプラスすることが多くあります。
ここでは、ユーチューブの「モデレーター」の役割などについてご紹介します。

ユーチューブの「モデレーター」の役割とは?

ユーチューブの「モデレーター」は、次のような役割があります。
コメントの管理がユーチューブの「モデレーター」の役割です。
メインの役割は、ライブで配信しているときにコメントを管理することになります。
これ以外に、動画のコメントを管理することもあります。
ここでは、ライブで配信しているときにコメントを管理することについてご紹介します。

チャットの中のコメントを管理する

ライブで配信しているときは、いろいろなコメントをいろいろな人が書き込みます。
コメントとしては、好意的なものだけでなくアンチ的なものなど非常にいろいろなものが書き込まれます。
コメントがアンチ的なもの程度であればまだいいでしょうが、コメントがどんどんエスカレートしていって誹謗中傷的なものなどが書き込まれるときがあります。
誹謗中傷的なコメントを書き込みする人は、配信を見ている人や配信している人からすれば、迷惑になります。
誹謗中傷的なコメントが書き込まれたときは、「モデレーター」が必要になります。
誹謗中傷的なコメントをまず削除します。
このときに誹謗中傷的なコメントを書き込みしている人が中止するといいでしょうが、誹謗中傷的なコメントをさらに書き込んでくるときがあります。
何回削除しても誹謗中傷的なコメントを書き込みしてくるときは、コメントを一定時間書き込めないようにするタイムアウトを実施します。
「モデレーター」の仕事はここまでになります。
このような対策を行うことによって、誹謗中傷的なコメントを無くして、配信する環境を整備していきます。
もっとしつこいときなどは、そのコメントを配信主自身がブロックなどの処置を行います。
「モデレーター」に初めの段階の応対を頼むと、配信主の負担が軽くなります。

チャットの中でお知らせをする

ライブで配信しているときは、定期的にお知らせというコメントをします。
訪問した人に、配信するルール、方針、高評価のアナウンスやチャンネル登録、設定などをゲームでは知らせることが目的です。
メインの放送で配信主が忙しいときなどは、補助的なこのような役割は非常に助かります。
このような役割を担うことによって、配信主を助けます。
内容を擦り合わせるために、打ち合わせを配信主と行うことも非常に大切です。

「モデレーター」の類義語とは?

「モデレーター」の類義語としては、次のようなものがあります。

「ファシリテーター」

「ファシリテーター」というのは、集会や討論会などのときの司会者、進行役のことです。
議論をテーマに従って進めるようになりますが、中立的な立場で、発言する人が公平に発言できるようにします。
そのため、意見を個人的にいわないようにして、決定権もありません。
しかし、参加している人の意見を聞いて、会議が終了するときに意見をまとめます。

「コーディネーター」

「コーディネーター」というのは、「モデレーター」と同じような意味で使用され、会議などのときの進行役という意味があります。
一方、意味としては、スムーズに物事が進むようにまとめたり、コントロールしたりする人というものもあります。
衣類に関する意味としては、洋服などの組み合わせを検討する「ファッションコーディネーター」というものもあります。

「モデレーター」の他のジャンルでの意味と役割とは?

ここでは、「モデレーター」の他のジャンルでの意味と役割についてご紹介します。
「モデレーター」は、ソフトウェアの公式なレビュー法のインスペクションでは進行役になります。
しかし、「モデレーター」のインスペクションでの仕事は、インスペクションがオーナーから頼まれると、レビューするインスペクターを選んだり、インスペクションに参加する対象のソフトの設計者や開発者などの日程を調整したり、議題を提出したりするなど、全てのインスペクションに関係することを取りまとめします。
また、オーナーにインスペクションで提出されたレビューを報告し、このレビューによってソフトの改善や修正が行われると、この改善・修正の記録と調査までが仕事内容になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。