マネタイズの意味と使い方とは?マネタイズの種類やポイントなどを解説




マネタイズの意味とは?

無料サービスを収益化するという意味で、マネタイズは多く使われます。

特に、ネット関係のサービスのときは無料のものも多くあり、ネットサービスの収益化ということでも使われるときがあります。

また、ビジネスでは、マネタイズが収益モデルという意味で使われるときもあり、収益化をいう言葉として使われるときもあるため、広い意味として把握しておきましょう。

マネタイズの方法としては、宣伝収入モデルを確立したり、有料コンテンツを無料コンテンツの中に組み合わせて利益を獲得したりすることなどがあります。

マネタイズを企業や個人が利用して収益を獲得しています。

本来のマネタイズの意味は、貨幣の鋳造という金属を溶解して型に入れて貨幣を作るものです。

また、意味としては、通貨基準を決めるということもあります。

新しいマネタイズの意味として、収益をネットで上げるというものが2007年頃からプラスされました。

マネタイズの種類とは?

ここでは、マネタイズの種類についてご紹介します。

課金モデル

マネタイズとしては、サービスやアプリの中で課金をユーザーに促すものがあります。

この方法はよくスマホゲームなどで使われるものであり、特殊なアイテムを買ったり、新しいステージを解放したりするときに課金するようなものです。

また、有料版と無料版を分けて提供するそれぞれのサービスを変えるような、Dropboxのような方法も考えられます。

ユーザーを無料版で多く獲得して、サービスのメリットがわかったユーザーに課金してもらうものです。

ECモデル

ECモデルは、自分のネットショッピングで商品を売って、お金をこの対価として獲得するものです。

ネットを使わない普通の売買と同じであるので、最もよくわかるでしょう。

例えば、サービスとしてはZOZOTOWNなどのようなものがあります。

商品が売れるたびに手数料として数パーセントをとるケースや、お金が出品するためにかかるケースがあります。

広告モデル

広告モデルは、よくウエブサイトなどで使われるマネタイズです。

ユーザーは何かを直接負担するとうことではありませんが、広告をサービスを利用しているユーザーが見ることで、お金が運営している側に入るというようなシステムです。

例えば、サービスとしてはSmartNewsのようなものがあります。

広告がニュースの間に出て、広告がクリックされた回数や閲覧された回数によってお金が運営している側に入ります。

仲介モデル

仲介モデルは、何かを提供している人と必要としている人をマッチングして、対価をこの仲介料として獲得するというような仕組みです。

有名なものとしては、ネットオークションサイトや賃貸不動産サイトなどがあるでしょう。

マネタイズの使い方とは?

マネタイズは、動詞としてマネタイズするのように使ったり、手法や方法などの言葉と一緒に使ったりします。

マネタイズを使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「閲覧数が多くなったブログをマネタイズすると、ある程度の利益が獲得できるかも知れない。」
  • 「マネタイズの手法としてはさまざまなものがある。」
  • 「自社の製品は悪くないが、問題がマネタイズ面である。」

サービスをマネタイズするポイントとは?

ここでは、サービスをマネタイズするポイントについてご紹介します。

お金を儲けるためと思われないようにする

サービスをマネタイズするためには、あからさまにユーザーにお金を儲けるためであると思われないことが必要です。

お金をあからさまに儲けると思われるようなサービスは、すぐに敬遠されるでしょう。

ユーザーを確保してから収益化をスタートする

ある程度ユーザーを確保してから、マネタイズするのがおすすめです。

サービスを始めたときは、やはりユーザーを集めるのが困難であり、このときにマネタイズすれば現在いるユーザーも離れることがあります。

レベルが高いコンテンツを作る

ウエブサイトでは、基本的にレベルが高いコンテンツには人が集まるという基本的な原則があります。

そのため、ユーザーにメリットがあるようなレベルが高いコンテンツを作ることが必要です。

ユーザーの反応をチェックする

マネタイズでは、ユーザーの反応をチェックすることも大切です。

サービスを実際に利用しているユーザーの声は非常に参考になるので、積極的にサービスを改善するためのアイデアとして取り込みましょう。

マネタイズの類義語とは?

マネタイズには、一緒に把握しておきたいいくつかのカタカナ語があります。

意味が同じような言葉のみでなく、音の響きが同じようなものであるが使い方が全く違う言葉もあるため注意しましょう。

ここでは、マネタイズの類義語についてご紹介します。

リクープ

リクープの意味は、費用を回収すること、損失を取り返すことになります。

ニュアンスがマネタイズとは違いますが、サービスの費用を回収することと考えると、ほとんどリクープと同じ意味と考えることができるでしょう。

なお、リクープについてはネットなどで詳しく紹介されているため参考にしましょう。

マネタイゼーション

マネタイゼーションの意味は、資産・資源を現金にすること、貨幣を発行することになります。

日本語のマネタイズとは、意味が全く違いますが、マネタイゼーションは英語の「monetize」と意味が同じようなものです。

フリーミアム

フリーミアムは、無料で基礎的なサービスをまずユーザーに提供します。

そして、機能がより高いもの・使いやすいものなどは、特別の有料のサービスとして提供して利益を獲得します。

このようなビジネスモデルがフリーミアムです。

フリーミアムは、無料サービスのための費用を有料サービスの利益で賄っています。

ウエブサイトのジャンルのマネタイズと、意味がほとんど同じです。

マネタイズの英語表現とは?

「monetization」(マネタイゼーション)が、マネタイズの英語表現になります。

マネタイズという音のままの英語表現としては、動詞の「monetize」になり、意味としては貨幣を鋳造する、マネタイズする、通貨の基準を決めるということになります。

そのため、「monetize」と「monetization」を文脈によって使い分けましょう。

マネタイズの英語表現の例文としては、次のようなものがあります。

「The suitable monetization programmes are required for our website.」(私たちのウエブサイトには適切なマネタイズプログラムが必要である。)

「We can monetize our website by showing advertisements.」(広告をウエブサイトに載せることによってマネタイズする。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。