「オープンマインド」の意味とは? 例文やメリット、類義語などを解説




「オープンマインド」の意味とは?

「オープンマインド」の意味は、広い心、心が開かれている状態です。

他の人を見て「オープンマインド」の持ち主であると思うときは、心が開かれていると思ったり、広い心の持ち主と感じたりするでしょう。

また、「オープンマインド」になりたいと思ったときは、心をもっと開きたいと思っているでしょう。

このように、「オープンマインド」の意味は、広い心、心が開かれている状態ということがあります。

「オープンマインド」を使った例文とは?

ここでは、「オープンマインド」を使った例文についてご紹介します。

「職場に慣れてくると、オープンマインドにだんだんなる。」

この例文は、転職などによって新しい職場で仕事を始めた人が、だんだん心が開けてきたと思っているシーンになります。

新しい職場になると、警戒心が慣れるまでは働きます。

防御態勢をまずは取りながら、安全な範囲を少しずつ広げるでしょう。

職場に慣れて安全であるとわかると、「オープンマインド」になるでしょう。

「彼女はオープンマインドの持ち主であるため、打ち合わせがしやすい。」

この例文は、「オープンマインド」な人とは打ち合わせがしやすいということです。

心を開いているため、抵抗なく相手の話を聞いて、忌憚のない意見をいってくれます。

先入観がなく、必要以上に相手を恐れていないため、相談しやすく、話もしやすいでしょう。

「オープンマインド」な人の特徴とは?

ここでは、「オープンマインド」な人の特徴についてご紹介します。

他の人の意見を拒否しない

「オープンマインド」な人は、他の人の意見をまず拒否することはありません。

常に前向きな考え方を持っているため、マイナスになる可能性があることを他の人の意見からあえて聞こうとはしません。

それを行うことによって、どのようなメリットがあるか、どのように結果が変わるかを十分に聞いて、議論してよりいい答えが導き出せるようにします。

やりたくても、このような会話はそれほど容易にできることではありません。

優れた質問力とコミュニケーションスキルが必要になります。

興味を全てのものに示す旺盛な好奇心の性格

「オープンマインド」な人は、性格が前向きであるためにいろいろなものに興味を示して、積極的に挑戦するアクティブな性格の人が多いようです。

いかに興味の数が多くてもやり始めたことは全く手を抜かないで、楽しみ方を自分なりに見つけて全力でやり遂げる力を持っています。

このように、ストレスを自分にかけないで、無意識に人生を楽しむことができるため、ストレスからくる高血圧や心筋梗塞などになることが少ないこともわかっています。

「オープンマインド」になるメリットとは?

ここでは、「オープンマインド」になるメリットについてご紹介します。

いい対人間関係が築ける

自分を「オープンマインド」になってさらけ出すと、敵がなくなります。

性格が明け透けで他の人からあまり誤解されることがないため、スムーズに対人関係がなります。

また、心を開くのは相手を警戒しないということにもなるため、いい対人関係が築けます。

社員、経営者に関係なく、スムーズにコミュニケーションがビジネスシーンでとれるのは、メリットが大きいでしょう。

柔軟性がマスターできる

「オープンマインド」になれば、自分の考えに固執しなくなるため、柔軟性がマスターできます。

価値観が自分と違う人に会っても、そのような考え方もあるのだと、相手を拒否しないで受け入れられます。

自分の意見をいいながら、相手の反対の意見も聞くことができるため、信頼関係を築けやすいことも一つのメリットでしょう。

「オープンマインド」の類義語とは?

ここでは、「オープンマインド」の類義語についてご紹介します。

「開放的な」

「開放的な」の意味は、心を開け放つことです。

本来の自分やありのままの姿を隠さないで、他の人に広く門戸を開けて接することです。

基本的に、誰でも受け入れる状態であることが「開放的」ですが、あけっぴろげな性質であることも表現します。

「開放的な」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「彼女は自分の家族や過去のことを話してくれるため、開放的な性格である。」
  • 「開放的な性格であるため、新しい職場でも仲間とすんなりと打ち解けた。」

「快活な」

「快活な」の意味は、いきいきとして明るいことです。

元気で朗らかな様子、活動的で生気に満ちていることをいいます。

「オープンマインド」の意味は明るく、広い心を持つことですが、「快活」であることも同時に必要な一つの要素といえるでしょう。

「快活な」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「窓口の彼女は、快活な態度が魅力である。」
  • 「自分の長所の一つは、明朗快活なところである。」

「オープンマインド」の対義語とは?

ここでは、「オープンマインド」の対義語についてご紹介します。

「クローズマインド」

「オープンマインド」の対義語としては、「クローズマインド」があります。

「クローズマインド」の意味は、閉鎖的な心で、ふさぎ込んだ状態で、自分のことや考え、主張などがさらけ出せないことです。

「クローズマインド」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「今年の新人は、自分の考えや意見をいわないクローズマインドな人が多い。」
  • 「クローズマインドの人は、どのようなことを考えているかわからない。」

「固定観念」

「オープンマインド」の対義語としては、「固定観念」があります。

「固定観念」というのは、例えば、日本人であるためにお米の方がパンより好きであるなどというような考え方のことです。

「固定観念」が強いと、日本人であるのにパンがどうして好きかわからないなどと、他の人の考え方が受け入れられなかったりします。

「固定観念」のデメリットは、自分を「オープンマインド」のようにさらけ出さないで、快く他の人の考えを受け入れることができないことでしょう。

「固定観念」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「固定観念にとらわれていると、新技術や新しいことが受け入れられなくなる。」
  • 「課長のよくないところは、固定概念の女性はしおらしくということが強いことだ。」






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。