アウトプットの意味と使い方とは?類義語や対義語などを解説




アウトプットの意味とは?

アウトプットの言葉の意味としては、主として、出力する、発信する、生み出すということがあります。

アウトプットは、「output」という英単語が語源のカタカナ語です。

結果を出すために自分の知識やスキルを使うときにも、アウトプットは使われます。

アウトプットの意味としては、結果による成果や実績を求めるまでのものはありません。

しかし、アウトプットのカタカナ語としては、このような意味合いが含まれるときがあります。

また、アウトカムが、アウトプットで獲得できる成果や実績をいう言葉としてあるため把握しておきましょう。

アウトプットの意味は情報を出力するということがあり、外部にコンピューターの端末の中にある情報を取り出すときに使います。

端末の中にある全てのデータが対象になり、画像、テキスト、音声などがあります。

端末の電子機器やパソコンなどの裏には、出力するスピーカーやプロジェクターなどに接続する端子を差し込みするところがあります。

このようなところに「output」(出力する)と表示されていることをイメージすると、わかりやすいでしょう。

アウトプットをコンピューター用語で使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「端末の中のデータをディスプレイに表示する。」
  • 「端末内の中のデータを別のメディアや端末に転送する。」
  • 「端末の中のデータを用紙に印刷する。」
  • 「スピーカーで端末の中の音声データを再生する。」

アウトプットの使い方とは?

ここでは、アウトプットの使い方についてご紹介します。

学習したことをアウトプットする

アウトプットするという表現が、最もアウトプットを使ったケースとしては多くあります。

例えば、学習したことをアプトプットするという意味は、学習したことをレポートにする、発表するというように、知識を出すということになります。

また、本で学習した知識をベースにして、英会話に実際にチャレンジするのも一つのアウトプットするケースです。

このときの意味は、実践に利用するということです。

アウトプットのレベルが高い

ビジネスシーンでは、アウトプットのレベルが高いという表現もときどき使います。

このときのアウトプットの意味は、仕事の成果やスキルということです。

アウトプットのレベルが高いという意味は、成果物がいい、スキルが高いというようなことで、デキる人ということになります。

一方、アウトプットのレベルが低い、アウトプットのレベルをアップすべきというときは、成果物が悪いため改善が必要ということになります。

アウトプットを出す

アウトプットを出すという表現を、ビジネスシーンでは使うときもあります。

アウトプットの意味としては出力するということもあるように、動詞の出すということが釣り合わないときもありますが、ときどきビジネスシーンでは使われるようです。

アウトプットを出すようにと上長からいわれたときは、結果や成果を出すように要求されているようになります。

アウトプットの類義語とは?

日本語でアウトプットを言い換えれば、出力・成果・実績というような言葉が挙げられますが、ここではアウトプットの類義語としてアウトカムについてご紹介します。

アウトプットの類義語としては、アウトカムが挙げられます。

アウトプットとアウトカムは同じようなものですが、ニュアンスが違っています。

アウトカムの意味としては、効果や成果ということがあります。

もうちょっと詳しくいえば、アウトカムは情報を何らか読み取って、自分の解釈をプラスして行動した結果の効果や成果に対して使います。

そのため、アウトカムは他の人の生産物・情報のアウトプットを受けた結果獲得できるものです。

語感はアウトプットと同じようなものですが、意味が違っているので使うときには注意しましょう。

アウトプットの対義語とは?

インプットがアウトプットの対義語になります。

「input」の英単語の意味としては、投入・入力というようなことがありますが、ビジネスシーンにおいては、経験したり、知識を取り込んだりすることというようなニュアンスで使われています。

例えば、インプットとしては、セミナーに参加したり、ビジネス書を読んだりするということが挙げられます。

一方、アウトプットとしては獲得した知識を出すことになります。

アウトプットを出すメリットとは?

より多くアウトプットを出すことは、一般的に非常にいいことであるといわれています。

では、アウトプットを出すことがどうしてメリットがあるのでしょうか?

ここでは、アウトプットを出すメリットについてご紹介します。

貴重なフィードバックを他の人からもらうことができる

アウトプットを出すことによって、現時点でのあなたのスキルを他の人は測ることができます。

そのため、貴重なフィードバックを他の人からもらうことができます。

また、貴重なフィードバックをもらうことによって、次に出すアウトプットのレベルをアップすることができます。

アウトプットを出せば、記憶に長期間定着させることができる

人はすぐに記憶したことを忘れてしまいます。

ドイツの「ヘルマン・エビングハウス」という心理学者のエビングハウスの忘却曲線によれば、時間と記憶力と関係は次のようになっています。

  • 20分間経った後は58%を記憶して、42%を忘れている
  • 1時間経った後は44%を記憶して、56%を忘れている
  • 1日経った後は26%を記憶して、74%を忘れている
  • 1週間経った後は23%を記憶して、77%を忘れている
  • 1ヶ月間経った後は21%を記憶して、79%を忘れている

しかし、アウトプットすることによって記憶を長期間定着させることができます。

というのは、実践することによって、インプットするときにはわからなかったことも理解できるためです。

爆発的に伝える力がアップする

アウトプットするためには、インプットが一定レベル以上に必要になります。

そのため、自然と深く学習した上で成果物を出すようになるため、生産するプロセスに精通します。

つまり、アウトプットを出せば、自然に他の人に教えられるほど詳しくなります。

客観的に評価ができる

他の人からは自分がどの程度理解しているかは、よくわからないものです。

しかし、成果物を出すと目で見てわかるので、客観的に評価ができます。

そのため、アウトプットを出すことによって、誰が見ても明確な評価基準ができます。

ビジネスの世界においては、一般的に結果がプロセスよりも要求されます。

そのため、ビジネスマンとして成功したいのであれば、アウトプットをまず多く出すことが大切です。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。