「パラダイムシフト」の意味と使い方とは?語源や類義語などを解説




「パラダイムシフト」の意味とは?

「パラダイムシフト」というのは、その時代に価値観や考え方などとして当然とされていたものが、革命的に変わることです。

また、「パラダイムチェンジ」の意味も同じです。

ビジネスシーンでは、「パラダイムシフト」の言葉の意味は「価値観を発想の転換で覆す」あるいは「斬新なアイデアで劇的に市場構造を変えさせる」などで使われます。

狭い意味では、「固定観念を止める」「古い考え方を一新する」などでも使われ、考え方をトラブルを解決するために変える必要があることを表現するときなどに、いろいろな解釈で使われます。

有名なアインシュタインの言葉として、『問題は引き起こした時と同じ考えでは解決することができない』というものがあります。

「パラダイムシフト」は、この言葉で表現されている解決法であるといえるでしょう。

「パラダイムシフト」は、ビジネスのジャンルでトラブルを解決するための思考法として紹介されたり、コーチングや心理学などでも使われたりする多義的な応用範囲が広い言葉です。

ビジネスシーンでの「パラダイムシフト」の使い方とは?

「パラダイムシフト」は、よくビジネスシーンでも使われます。

ビジネスシーンでの「パラダイムシフト」は、アイデアを「固定観念を止めること」「見方を変えること」「常識を止めること」によって生み出すことをいいます。

例えば、携帯電話をへき地で売るときに、「このエリアではほとんど携帯電話を使っていないため売れないだろう」と考えるか、「このエリアでは携帯電話を使っていないため非常に売れるだろう」と考えるかということです。

ビジネスでの「パラダイムシフト」は、「パラダイム」(捉え方・考え方)を「シフト」(変える)ことによって、これからのアクションを変えることです。

ビジネスシーンでの「パラダイムシフト」の使い方としては、次のようなものなどがあります。

  • SNSの時代に、広告業界ではパラダイムシフトしている。
  • フレックスタイム制が採用されたこともびっくりしましたが、現在では自宅勤務(テレワーク制)へとパラダイムシフトしようとしている。
  • ネットでの動画配信が普及したことが、映画業界のパラダイムシフトとして挙げられる。
  • 日々日本の医療は進歩しており、メスを入れない治療法へとパラダイムシフトしている。
  • 日本の自動車社会において、カーシェアリングは大きなパラダイムシフトであるといえるだろう。

「パラダイム」の語源とは?

「パラダイム」の言葉そのものが使われた背景は、ここでご紹介する著書にあります。

ここでは、この背景になる著書についてご紹介します。

トーマス・クーンの「パラダイム論」

「パラダイム」の言葉そのものが使われるようになったのは、1962年に科学哲学者・科学史家のトーマス・クーンが刊行した著書の『科学革命の構造(The structure of scientific revolutions)』というものの中です。

トーマス・クーンは、「パラダイム」は「科学理論の歴史的な発展経緯を分析するための概念」であるといいました。

トーマス・クーンは、「一般的に科学的に認められた業績で、一時期、答え方や問い方のモデルを専門家に対して与えるもの」であると「パラダイム」を定義しています。

この定義が含まれる「パラダイム」という言葉が、欧米で定着してから、日本でも使われるようになりました。

ビジネスシーンで「パラダイム」が使われるようになった背景としては、人文社会科学への自然科学からの言葉の応用があります。

「パラダイムシフト」の類義語とは?

「パラダイムシフト」の類義語としては、「革命」「定説を覆す」「発想の転換」「常識の打破」「天地をひっくり返す」などがあります。

いずれの類義語も、「急激に物事が変革・発展すること」や「全く新しい常識に従来のものを替えること」「別の観点から見ること」「物事の見方を変えること」というような意味合いがあります。

「革命」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 社員の意識革命が、業績が良くない現在の会社を変えるためには必要である。
  • タブレット端末の利用、会議システムの導入など、IT革命が社内で起きた。

「定説を覆す」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 彼は素晴らしい仕事ぶりで、この大学の卒業生は駄目であるという定説を覆した。
  • 新しいアイスクリームは、定説の「アイスは夏のものである」というものを覆してヒットした。

「発想の転換」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 発想の転換が、新しい商品のアイデアのためには必要である。
  • 世の中が変わっていく中において、発想の転換が行政にも求められている。

「常識の打破」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 常識を打破した、これまでにないような革命的で斬新な商品のアイデアを要求されている。
  • 彼女のいうことは、別の人の常識を打破した。

「天地をひっくり返す」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 彼女は、自社の歴史において天地をひっくり返すくらい大きな業績をあげた。
  • 彼女のいうことは、本当に天地がひっくり返るくらいの衝撃的なものであった。

「パラダイムシフト」の対義語とは?

「パラダイムシフト」の対義語としては、「典型」「模範」「プロトタイプ」があります。

「典型」というのは、「代表的なもの」「規準になるもの」という意味がある言葉です。

「模範」というのは、「見習うべき手本」という意味がある言葉です。

「典型」も「模範」も、物の見方をその時代においてコントロールする認識の枠組みということでは、「パラダイムシフト」の対義語になります。

「典型」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 彼女は、典型的な「ゆとり教育」世代の人である。
  • この商品における典型的な特徴は経年劣化であるため、改善する必要がある。

「模範」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 彼女は彼女の父親を模範にして、税理士になりたいと思っている。
  • 模範的な彼女の態度が、上長に気に入られる理由になっている。

「プロトタイプ」の例文としては、次のようなものなどがあります。

  • ネット上で、新しい車のプロトタイプの写真が公開されている。
  • 別のシステムでは次のようなプロトタイプが使われている。

「パラダイムシフト」の英語表現とは?

「パラダイムシフト」の英語表現は、「paradigm shift」になります。

「paradigm shift」の例文としては、次のようなものなどがあります。

「The paradigm shift is very important in a business situation.」(パラダイムシフトはビジネスにおいて非常に大切である)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。