「プレイングマネージャー」の意味とは?通常のマネージャーの違いなどを解説




「プレイングマネージャー」の意味とは?

現在は、成果主義が日本のビジネス界においては普及してきています。

このような中において、「プレイングマネージャー」が要求されるようになっています。

「プレイングマネージャー」は、自分自身が売上や儲けを率先してアップするためにプレイヤーとして仕事をして、しかも、仕事ができる人材を指導したり育てたりするマネージャーとしてのスキルも要求されます。

現場の状態を「プレイングマネージャー」は掴みやすいため、チームの中で高い精度のコミュニケーションが図れます。

そのため、最も適した指導や指示ができ、会社の儲けにも直結しやすいので、新しいマネージャーとして着目されています。

「プレイングマネージャー」はどうして要求されるか?

「プレイングマネージャー」を多くの会社が要求しているのは、指示命令の正当性があります。

会社に対して貢献する度合いが高くない人がマネージャーになったときは、不公平な感じがして、上手く指示命令ができません。

しかし、貢献度の高い人がマネージャーになったときは、周りの人も納得しやすく、しっかりと指示命令ができます。

また、業績を現場で挙げた人は、その知識や経験によって、業績を部下の指導や育成でも挙げやすいともいわれています。

「プレイングマネージャー」が着目される背景とは?

「プレイングマネージャー」は、バブル期の後のマネージャーの激減、人件費の削減によって、マネジメントと実務を兼ねることが要求されたため着目されるようになりました。

日本の会社では、従来ははっきりとマネージャーと普通の社員がわかれており、社員同士のデメリットをチームでカバーして、作業の効率アップを図っていました。

しかし、世界情勢の激変や新興国の台頭によって、急激に変わるグローバル化に適応する必要がありました。

意思をスピーディーに決めるためにも、現場がよくわかって、チームをマネジメントするスキルがある「プレイングマネージャー」が必要になりました。

「プレイングマネージャー」に要求されるスキルとは?

ここでは、「プレイングマネージャー」に要求されるスキルについてご紹介します。

コミュニケーションスキル

部下の価値観やスキルが把握できると、最大限に部下はスキルが発揮できるでしょう。

プレイヤーとしても、コミュニケーションをチームのメンバーとしっかりと図ることができると、お互いにサポートすることができます。

いずれの立場でも、コミュニケーショスキルは大切でしょう。

そのため、「プレイングマネージャー」はコミュニケーションを部下と図るスキルが要求されます。

成長する意欲

「プレイングマネージャー」の多くは、高い業績をプレイヤーとしても挙げています。

これは、もともと仕事に対して意欲的に取り組めるときが多いことを表しています。

ここに、新しいチームのマネジメントがプラスされると、マネージャーとして成長する意欲をさらに発揮して学ぶようになります。

成長する意欲は必要でしょう。

バランス感覚

「プレイングマネージャー」は、同時にチームと個人を追求する立場になります。

そのため、コミュニケーションを部下と図ることを重視するために個人としての仕事の時間が無くなった、個人の目標を達成するためにチームのフォローがいい加減になった、というようなことなどは避ける必要があります。

「プレイングマネージャー」には、バランスよく両方を進めることが必要になります。

「プレイングマネージャー」と通常のマネージャーの違いとは?

一般的に、マネージャーは部下をまとめる役目があります。

一方、「プレイングマネージャー」は、部下をまとめながら、優れたメンバーを引き立てる、次の世代の「プレイングマネージャー」を育てる、という役目があります。

「プレイングマネージャー」は、単なるマネージャーのようにメンバーを監督したり管理したりする以外に、プレイヤーとして自分も仕事をすることが要求されます。

マネージャーとしてのスキルとプレイヤーとしてのスキルの違いとは?

「プレイングマネージャー」は、日々の積み重ねをプレイヤーとして力にするスキルが必要です。

しかし、マネージャーは、企業戦略を考慮したビジネスモデルを築く、本質的な企業の課題を解決する、将来的に見てチームを改変するなどのマネジメントスキルが要求されます。

プレイヤーは現場で発生するいろいろな案件に対応しますが、マネージャーは専門的なマネジメントスキルが要求されます。

「プレイングマネージャー」の役目とは?

「プレイングマネージャー」の役目としては、プレイヤーとしてのものとチームリーダーとしてのものの両方があります。

成績を自分から率先して上げることが、プレイヤーの役目としては要求されます。

しかし、一人のみ成績がいいときはメンバーの士気が上がらないときもあるため、メンバーも一緒にフォローすることが大切です。

高い業績をチームとして上げるために、「プレイングマネージャー」としては次のような役目があります。

  • 全体のチームの目標を設ける
  • 全体のチームの日程を管理する
  • 仕事の役割を分担する
  • 意思を最終的に決める

また、チームの中で発生したトラブルは率先して解決し、コミュニケーションを部下がお互い図れるようにします。

「プレイングマネージャー」はチームのスキルをアップする必要がある

自分のスキルが「プレイングマネージャー」は高いため、自分でどうしても処理するようになります。

慣れない部下を見ていれば、豊富に経験がある「プレイングマネージャー」は我慢できなくて、自分でどのようなことでも行うようになります。

しかし、これのみは絶対に止めましょう。

このようなことをすれば、部下のモチベーションが低下するため、スキルアップも期待できません。

さらに、チームのスキルアップができなく、自分がいつまでも楽になりません。

また、部下は、全く自分のことを信用してくれないと勘違いするリスクさえもあります。

このようになれば、チームしてはいいい業績や実績などは間違いなく挙げられないでしょう。

具体的には、部下をまず信頼することからスタートしましょう。

最大限にチームとしてスキルをアップするためには、チーム一丸となるために部下をまず信頼する必要があります。

そして、部下を「プレイングマネージャー」の基準で評価しないで、それぞれの部下の基準で評価することが必要になります。

さらにわかりやすくいうと、プラス方式で部下を評価することです。

このようなことを意識するのみで、部下のいいところがわかるため、チームを作るときにも活用することができます。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。