「レセプション」の意味とは?使い方や英語表現などを解説




「レセプション」の意味とは?

「レセプション」は、意味が2つあります。

1つ目の「レセプション」の意味は、ホテルなどの受付です。

「レセプション」は、正装した人がいるような高級感がある受付のことです。

2つ目の「レセプション」の意味は、公式にお客さんを歓迎する宴会のことです。

この時のポイントは、「公式に」ということです。

例えば、仲が単にいい友達同士のような歓迎会は「レセプション」とはいいません。

大きな組織の会社などが公式に開催する歓迎会の時に、「レセプション」は使われます。

また、「レセプション」は、頻繁に結婚式の披露宴などの時にも使われます。

結婚式の披露宴などは、公式に招待状を出して行う行事であるため、「レセプション」が使われます。

しかし、「レセプション」の意味合いは「歓迎する」「受け取る」ということであるため、結婚式の披露宴をいう時は「ウェディングレセプション」と表現するといいでしょう。

「レセプション」の意味は、「場所」を表す受付ということと、「会」を表す披露宴や歓迎会のようなことの2つがあるため注意しましょう。

「レセプション」の使い方とは?

ここでは、「レセプション」の使い方についてご紹介します。

「レセプションパーティー」

「レセプションパーティー」というのは、英語の「reception」の「パーティー」「歓迎会」という意味で使われます。

「レセプション」というのみでは、上手く「受付」の意味との区分けができないので、「パーティー」をあえてプラスするようになったのでしょう。

具体的な「パーティー」は、関係者が会社の創立記念日や新しい製品の発表などの時に交流するために開催するものです。

一般的に、「パーティー」は招待状が正式に準備されるような改まったものをいいます。

また、出席する人の交流を図るため、歓談が自由にできる立食スタイルの時が多くあるようです。

「ウェディングレセプション」

結婚式の披露宴は、「Wedding Reception」(ウェディングレセプション)と英語でいいます。

結婚式は、「Wedding Ceremony」(ウェディングセレモニー)と英語でいいます。

日本においても、「ウェディングレセプション」は結婚式の披露宴のことをいいます。

「レセプション」と結婚式の受付には表示されている時が多くあるため、「レセプション」の意味としては「披露宴」と「受付」の2つの意味があると把握していなければ紛らわしく思うでしょう。

また、英語で「結婚式の二次会」を表現する時は「Wedding Party」が適切でしょう。

正式な催しかどうかで違ってきます。

「歓迎レセプション」

「レセプション」の中でも、歓迎のニュアンスが強い時は「歓迎レセプション」とあえていうことがあります。

例えば、「レセプション」をシンポジウムの開催と一緒に行う時などで、来賓の人や登壇者を歓迎するために「歓迎レセプション」ということがあります。

「レセプションホール」「レセプションルーム」

「レセプションホール」は訪問客を宴会場やホテル、会社などで接待するある程度規模が大きな部屋で、「レセプションルーム」は普通の部屋です。

「レセプション」の求人の仕事内容とは?

「レセプション」は求人でも使われています。

ここでは、「レセプション」の求人の仕事内容についてご紹介します。

「受付」「フロント」

普通の会社の「受付」では、訪問した人の名前や所属している会社名などをチェックして、面会の予約をチェックします。

この後、部屋へ案内したり、社内の担当者に連絡したりするなど、会社によってどこまでの仕事を行うかは違っている時が多くあります。

チェックイン・チェックアウトの仕事などを、ホテルの「フロント」では行います。

いずれも会社やホテルの顔であるので、いいイメージを相手に与えることが大切です。

また、予定していない依頼や仕事が入ることもあり、柔軟な対応が要求されます。

「美容室」

「レセプション」と記載された求人が特に多いのは、「美容室」です。

「美容室」の「レセプション」は、予約の管理、電話応対、来店したお客さんの案内、会計の仕事などがメインになります。

「美容室」によってはアシスタントが担当することもありますが、大きな「美容室」ではレセプショニストを専属に置くところも多くなっています。

特典として、ヘアモデルとして施術を「美容室」で格安で受けられるなどがあるところもあるようです。

「病院」

「病院」の「レセプション」の仕事は、来院した患者のカルテを探したり、初診の人に案内したり、会計したりなどを行います。

病院には症状や年齢がいろいろな人が訪問します。

そのため、一人ひとりに応じた応対が求められます。

また、専門的な知識が求められるシーンもあります。

知識を多くするだけでなく、チェックを怠らない、わからないことは確認するなどが必要でしょう。

ホテルの「レセプションパーティー」とは?

ここでは、ホテルの「レセプションパーティー」についてご紹介します。

ホテルの「レセプションパーティー」というのは、「パーティー」「歓迎会」のことです。

会社でいえば、関係者が新しい商品の発表などで交流するために開催する「パーティー」をいう時が多くあります。

「レセプションパーティー」は、普段からお世話になっているお客さんに感謝したり、会社間で接待したりする時に実施されるもので、参加する人を接待するものです。

特別なお客さんを招待するものであるため、相当豪華に開催する会社も多くあるようです。

仕事などでもし「レセプションパーティー」に招かれた時は、その規模や目的などに応じてカジュアルあるいはフォーマルなどの服装に注意しましょう。

主催者に確認して、失礼のないようにしましょう。

「レセプション」の英語表現とは?

「reception」が、「レセプション」の英語表現になります。

「reception」の意味としては、次のようなものなどがあります。

  • 歓迎会
  • 接待
  • 反応
  • 会社の受付
  • ホテルのフロント

「reception」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Have you opened the reception yesterday?」(昨日、あなたは接待をしましたか?)
  • 「His invention met with a favorable reception.」(彼の発明は好評であった。)
  • 「This is a gratifying reception.」(この歓迎会は満足できるものです。)
  • 「I am the person in charge of a Company A reception.」(私はA社の受付です。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。