「スキーム」の意味と使い方とは?ビジネスシーンでのスキームの使い方などを解説




スキームの意味とは?

スキームは、枠組みがあるプラン、プランを伴う枠組みという意味です。

あるいは、ビジネス構想、仕事のプランというようなことになるでしょう。

ビジネスシーンで使われるときは、ビジネスの基本構想やビジネスモデルなどになります。

例えば、スキーム図というのは、このようなビジネスを進める上で使われる流れや手順などがよくわかるように見える化したものです。

枠組みとは物事のアウトラインやおおまかな仕組みのことで、枠組みがあるプランは一貫した内容があるプランのことです。

そのため、スキームという言葉の意味は、きちんと内容について検討されたプランになります。

単なるプランやビジネス案や、フレームワークという仕事の枠組みというような言葉よりもさらに踏み込んだ内容がありますが、体系化された方法などが含まれているプランとしてスキームは使われます。

英語の「scheme」が、スキームの語源になります。

英語の「scheme」の意味としては、仕組みやプランもありますが、実際にはこの他にマイナスのイメージの陰謀や悪だくみというようなものもあります。

このような陰謀や悪だくみというような意味で多く使われるのは、アメリカ英語のようです。

イギリス英語の意味としては、公式な政府などによるビジネスプランになります。

日本のビジネスシーンでのスキームという言葉の意味は、イギリス英語に近いものです。

英会話などでスキームを使うときは、アメリカ英語の意味になるため注意しましょう。

スキームの使い方とは?

ビジネスシーンでのスキームの使い方としては事業スキームなどがありますが、特に決まった定型的な文脈で使われるというルールはありません。

例えば、スキームが使われるのは、人、金、もの、情報というようないろいろなビジネスソースがいくつかの組織や人の間で動くような高い難易度の方式や複雑なプランなどを意味するときです。

また、個人が立案した個人だけの行動プランについては、あまり行動スキームというときはないようです。

ここでは、ビジネスシーンでのスキームの使い方についてご紹介します。

事業スキーム

事業スキームの意味は、事業構想、事業プランということです。

いずれの言葉も、企業が実施する事業の枠組みを表現するものです。

事業スキームという言葉を使ったときは、単純に立案したのみのプランや単純な仕事の範囲を決定するフレームワーク(枠組み)とは違って、継続的に、組織立ったというような意味合いがある実効性があるものです。

具体的な事業スキームの例としては、新しい事業プランを始めるときに、仕入れ、製造、販売、営業、商品の管理、資金の流れなどについてプランを具体的に立案するなどがあります。

このようなものを説明するときは、スキーム図を使うことが多くあります。

集団投資スキーム

集団投資スキームは、投資家から募った資金をベースにして有価証券などに投資したり、事業を運営したりすることによって獲得した収益を投資家に分配するものです。

集団投資スキームとしては、次のようなものがあります。

資産運用型

ファンドマネージャーが投資家から募った資金を運用して利益が出れば投資家に還元するものです。

資産運用型としては、投資信託などがあります。

資産流動型

キャッシュフローとして特定の資産から生じたものを組み替えて、投資家に組み替えたキャッシュフローを売るものです。

資産流動化型としては、不動産を流動化するという不動産証券化商品の販売が挙げられます。

集団投資スキームのときの手続きとしては、金融商品取引業の登録が必要です。

なお、適格機関投資家等特例業務のときは、届け出になります。

M&Aスキーム

M&Aは、「Merger and Acquisition」(合併と買収)の頭文字を取ったものです。

M&Aスキームの意味合いは、M&Aの方法、M&Aのやり方になります。

M&Aスキームを使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 株式譲渡によるM&A
  • 新株引受(第三者割当増資)によるM&A
  • 企業分割によるM&A
  • 事業譲渡によるM&A
  • 業務、資本提携とM&A

M&Aスキームを使うときは、どのスキームを使うか、前もってスキームのそれぞれの特徴を把握しておくことが必要です。

プログラミング言語

プログラミング言語としては、「Scheme」(スキーム)というLispから派生したものがあります。

「Scheme」は、構造がシンプルであるためマスターしやすい言語として、広く認められています。

しかし、主な「Scheme」の使い方は、取り組み方ややり方という意味合いではありません。

「Scheme」は、もともと陰謀を企てる人という意味がありました。

しかし、文字数がファイルシステムにおいて制限があったため、「Scheme」という6文字が使われるようになりました。

資金調達スキーム

資金調達スキームは、事業新しく始めるときや新しい事業を開発するときに他から資金を調達するためのものです。

具体的な資調達スキームとしては、次のようなものがあります。

  • 融資
  • 第三者割当増資
  • 借入
  • 出資
  • リース
  • 売掛債権・不動産などのファクタリング
  • 流動化

また、クラウドファンディングというネットによる資金を新しく調達する仕組みも、一つの資金調達スキームです。

なお、クラウドファンディングというのは、新しいサービスや商品を作りたい、世の中のトラブルを解決したいというような提案やアイデアを持っている人が、専用のクラウドファンディングのサイトによって情報を世界中に発信して、提案やアイデアに共感してくれた人から幅広く資金を調達する仕組みのことです。

スキームの類義語とは?

ここでは、スキームの類義語についてご紹介します。

作戦計画、計略、策略、目論見、構想、構想、企図

体系的な行動計画という意味のスキームの類義語としては、作戦計画、計略、策略、目論見、構想、構想、企図などがあります。

また、勝つための戦略や策略を表現する言葉であるスキームの類義語のストラテジーは、マーケティングや営業のジャンルで状況によって言い換えできるでしょう。

要図、概論、略述、略図

図表、図解という意味のスキームの類義語としては、要図、概論、略述、略図などがあります。

類義語としては、アウトライン、シューマ、レジュメ、スキーマなどもあります。

スキームの対義語とは?

ここでは、スキームの対義語についてご紹介します。

結果

行為や物事などから生じた状況・現象です。

例文としては、「長年築いたスキームの結果は見事であった。」などがあります。

偶発

物事が偶然に起きることです。

例文としては、「あのビジネスは、休みに考えた偶発的なものであった。」などがあります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。