「制作」と「製作」の意味の違いとは? 具体的な使い分けの例などを解説




「制作」と「製作」の意味の違いとは?

「制作」と「製作」は、混同しがちになるでしょう。

ここでは、「制作」と「製作」の意味の違いについてご紹介します。

「制作」の意味とは?

「制作」の意味は、アート作品の美術品などや音楽・映画などを作ることです。

「制作」の「制」の意味は、作る、作り上げる、仕立てるということがありますが、「制作」は版権がからむようなテレビ番組、美術品、音楽、映画などの創作活動としての要素があるものを作ることです。

「制作」の英語表現としては、「制作」するものによって「creation」「production」などがあり、アート作品などは「creation」、映画などは「production」になります。

「製作」の意味とは?

「製作」の意味は、作ったもの、ものを作ることです。

「製作」は、何か機械や道具などを使って実用性のある製品などを作ることです。

「製作所」というのは、製品などを作るところです。

「製作」は、「製」を使った製品などを作る工程と把握しておくといいでしょう。

「製作」の英語表現としては、大規模に機械などを使って製造するという「manufacture」があり、「making」や「production」などが作るものによって使われることもあります。

また、「製」の意味は、作る、こしらえる、仕立てるということがあり、「製作」は使う機械や道具が小さいもので、大量に作らないものを作るときにも使います。

例えば、のり、はさみ、テープなどを使って図工で作ることも、「製作」になります。

ここでは、「制作」と「製作」を使った例文についてご紹介します。

「制作」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「音楽制作活動をあの人は休んでいたが、2年間を経てようやく復活するようである。」
  • 「私の好きな作品を制作しているアーティストの個展が開かれる。」
  • 「これは有名シリーズのアニメーションの制作スタジオである。」
  • 「製作」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。
  • 「なつかしいおもちゃを図工の時間に製作した。」
  • 「営業の要求に対応するためには、量産が2倍以上できる機械を製作する必要がある。」
  • 「手作りでカバンを製作したものがよく売れた。」

「制作」と「製作」は、クリエイティブな創作活動によって作られるものか、作るものが実用的な製品などかによって使い分けます。

「制作者」の一人が、映画の撮影スタッフになります。

また、同じものを作るときでも、「制作」と「製作」の両方を使うこともあります。

クリエイティブなものを作るときは「制作」になりますが、「制作」したものが商品になれば商品を作る過程は「製作」になります。

ここでは、「制作」と「製作」の両方を使う具体例についてご紹介します。

音楽や映画などでは、「制作」と「製作」の両方をその過程によって使います。

例えば、音楽や映画などにおいて、一本の曲や映画などを作るときは「制作」になり、CDやDVDなどを作るときは「製作」になります。

作品を実際に作っている人は「制作者」になり、宣伝やスポンサー集め、プロデュースなどの作品を作っている人は「製作者」になります。

例えば、「アニメーション制作会社」は実際にアニメを作る制作プロダクションで、「製作会社」はアニメを作る費用を出する会社です。

また、映画のときの「制作者」「製作者」としては、次のようになります。

  • 脚本・演出などは制作者になります。
  • 監督・声優・俳優などは制作者になります。
  • 照明・美術などは制作者になります。

キャスティング・スポンサー獲得などは製作者になります。

パンフレットや宣伝するためのホームページの作成などは製作者になります。

映画やアニメと小物やハンドメイド製品、洋服などでも同様です。

服をデザイナーがデザインする過程や一人の作家が手作りで作るときなどは「制作」になり、大量に生産する工場や販売の工程などは「製作」になります。

「製」は、工場での縫製作業のときにも使われます。

「制作」と「製作」の具体的な使い分けの例とは?

「制作」は、芸術作品の絵画などを作りあげることになり、「製作」は道具や機械を使って設備やものを作ること、大量に実用的なものを作ることになります。

ここでは、「制作」と「製作」の具体的な使い分けの例についてご紹介します。

具体的な「制作」の例としては、チラシやホームページがあります。

「制作」は、クリエイティブな創作物についても芸術作品の他に使われます。

例えば、チラシやホームページ、ロゴなどに「制作」は使われます。

また、紙媒体のチラシなどは、「作成」が使われるときもあります。

具体的な「製作」の例としては、服や本があります。

「製作」されたものは製品になります。

ここでは、具体的な製品の例についてご紹介します。

例えば、製本は本を作ることですが、同じように製図、縫製、製氷などがあります。

このようなものは、大量に道具を使って作られます。

「製作」の字が使えるかどうかは、「製」の字がつくものをイメージするとわかりやすいでしょう。

なお、原料を加工して作られる製菓、製鉄、製麺などのときは、「製」の字を使います。

「製作」の意味としては「クリエイティブな制作」が含まれるときもあるため、例えば、アニメについては状況に応じてアニメ制作、アニメ製作のいずれも使われます。

具体的には、「制作」と「製作」のいずれも同じ対象に使われることがありますが、商品のアニメを作るのは「アニメ製作」で、アニメの作画は「アニメ制作」です。

映画やテレビについても同じようなものです。

なお、アニメを作るための資金を出した個人や会社の集まりのことを、アニメ製作委員会といいます。

衣服やハンドメイドは「制作」になり、商品になると「製作」になります。

小物などを手作りするハンドメイドも、考え方はアニメと同じものです。

ハンドメイドのものを作るのは「制作」になりますが、これが商品になるとハンドメイドの「製作」になります。

同じように、衣服を作るのは衣服の「製作」になりますが、大量に衣服を作る工場での工程は「製」の字を使って「縫製」になります。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。