「シュリンク」の意味と使い方とは?語源や英語表現などを解説




「シュリンク」の意味とは?

「シュリンク」の意味は、一般的に「ものが小さくなる、ものが縮む」「価値・数量などが少なくなる」です。

「シュリンク」は、ビジネス用語としては「圧縮」と「縮小」の意味があり、その意味合いが使う業界によってちょっと違っています。

ビジネス用語としての意味は、一般的に「縮小」になります。

「需要が縮小する」「市場が縮小する」「事業が縮小する」「業界が縮小する」などの使い方があります。

「シュリンク」は、市場が縮小していくときには大切な意味があります。

例えば、「シュリンクマーケット」は縮小する市場で、「シュリンク業界」は縮小する業界です。

一方、IT業界で使うときの意味は主に「圧縮」で、一般的なビジネス用語と意味がちょっと違うため注意しましょう。

IT業界での「圧縮」の意味は、次のような「データやものを圧縮する」というものがあります。

・小型軽量化

品質や機能を変えないで、面積や体積を圧縮する

・データ圧縮化

元通りにデータが復元できるように圧縮する

「シュリンク」の語源とは?

写真の現像が「シュリンク」の語源になります。

温かい熱を写真の特殊なフィルムに加えることで、ひと回り写真のフレームそのものが小さくなるときがあります。

「シュリンク」は、ビジネスの世界にこの写真用語を置き換えたものです。

「シュリンク」の言葉の語源は、写真がコンパクトに小さくになる様子をなぞらえて「市場が縮小する」という意味になったものです。

ビジネス用語に業界用語がなった、非常に面白いケースです。

ビジネスシーンでの「シュリンク」の使い方とは?

ここでは、ビジネスシーンでの「シュリンク」の使い方についてご紹介します。

「マーケットの縮小」

「シュリンク」は、ビジネスシーンでは「マーケットの縮小」という意味で使われるときが多くあります。

例えば、電子書籍が出版業界において売り上げがアップしており、紙の書籍の売り上げがアップしないので、「シュリンク業界」のように出版業界を揶揄するときがあります。

そのため、「シュリンク」を使うのは、そのマーケットが低迷してきていたり、小規模になってきていたりしている状況を説明するときです。

「シュリンクラップ契約」

「シュリンクラップ契約」は、シュリンクラッピングを使った言葉としてあります。

「シュリンクラップ契約」というのは、商品についての当該条項に商品を開梱したときに同意したとする契約方法です。

契約方法としてよくソフトウェアなどで使われているものですが、基本的に、契約というのは申し込みに対する受諾があって初めて成り立つので、正式な契約は「シュリンクラップ契約」では結べないという意見もあります。

そのため、法的な有効性は「シュリンクラップ契約」についてはまだ決着していません。

IT業界での「シュリンク」の使い方とは?

ここでは、IT業界での「シュリンク」の使い方についてご紹介します。

IT業界での「シュリンク」の意味

「シュリンク」はIT用語としても使われていますが、「縮小」という意味の「語源」から次のような意味が生まれました。

・内容や質は変更しないで、その面積や体積などを変更すること

ICチップの内容は変更しないでより小さい素材を使うことによって、全体のICチップのサイズを小さくすることで、ICチップを開発するときなどに使われています。

そのため、ICチップとしてウェハに形成されるものの数が多くなったり、同じ性能でも発熱量や電気消費量を少なくしたりすることができるというメリットもあります。

・元通りに後から復元できることを条件に圧縮すること

「データをシュリンクする」というような意味でよく使います。

固有名詞としても使われる

「シュリンク」は、データなどを圧縮する機能がある商品名にも使われます。

このときは、「shrink」と英語表現になるのが特徴的で、例えば、「DVD Shrink」というDVDを複写してDVD-Rに保存するフリーソフトがあります。

また、マイクロソフトも、「shrink」をファイルやデータベースを圧縮するコマンド名に使っています。

美容整形業界での「シュリンク」の使い方とは?

検索エンジンで「シュリンク」というキーワードで調べると、英語の「SHURINK」という言葉が表示されます。

ここでは、美容整形での「シュリンク」の使い方についてご紹介します。

美容整形業界での「シュリンク」の意味

美容整形業界で「シュリンク」が使われるときは、フェイスラインのシワの改善やリフティングに使われる「SHURINK」という美容整形マシーンの名称になります。

韓国で開発された施術方法で、日本でも効果が持続するため話題になったものです。

皮膚の中のコラーゲンの再生を超音波効果によって促すもので、意味的には全く英語表現の「shrink」とは関係がないようです。

韓国で「シュリンク」は有名?

この「シュリンクの施術方法」は、「ランチタイム整形」ともいわれるくらい、気軽に簡単に、しかも低価格であるということもあり、韓国のクリニックに日本からわざわざ行くような人も多くいるそうです。

韓国の旅行サイトでも、実際に日本語でキャンペーンが大々的に行われるなど、人気度と知名度が高くなっています。

「シュリンク」の類義語とは?

「シュリンク」の類義語としては、次のようなものがあります。

・「減少」

意味は、「減らして少なくすること」「減って少なくなること」です。

・「縮小」

意味は、「規模が小さいものにすること」「縮まって小さくなること」です。

・「低迷する」

意味は、「低く漂って、悪い状態から抜け出せない」です。

・「落ちる」

意味は、「低い段階・程度に高い段階・程度にあったものが変わる」です。

・「圧縮」

意味は、「規模を小さくすること」「押し縮めること」です。

「シュリンク」の反対語とは?

「シュリンク」の反対語としては、次のようなものがあります。

・「拡大」

意味は、「大きくすること」「拡大して大きくなること」です。

・「成長」

意味は、「内容が成熟すること」「規模が大きくなること」です。

・「増加する」

意味は、「多くすること」「数量が多くなること」です。

・「拡張」

意味は、「大きく拡大すること」「範囲や規模を大きく拡大すること」です。

・「上昇」

意味は、「高い程度に向かうこと」「物事の程度などがアップすること」です。

「シュリンク」の英語表現とは?

「シュリンク」の英語表現は「shrink」です。

「shrink」の例文としては、次のようなものなどがあります。

「The company’s profits have shrunk from $4 million to $2million.」(4億円から2億円に、その企業の利益はシュリンクした。)

「Japanese people have to face up to the fact that the domestic market has been shrinking for decades.」(国内のマーケットが数十年間シュリンクしていることを、日本人は直視する必要がある。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。