「集荷」の意味とは? 集荷の流れなどを解説




集荷の意味とは?

集荷は、次のような二つの意味があります。

荷物をそれぞれの地域から一つのところに集めること

集荷の意味は、荷物をそれぞれの地域から一つのところに集めることで、国内のいろいろな地域から品物や物品などを一つのところに集めることです。

また、いろいろな野菜、魚介類などの産物がマーケットや市場に集まること、集めることも集荷といいます。

荷物を運送業者が引き取りすること

集荷の意味は、荷物を運送業者が引き取りすることで、一般的に使われる集荷はこの意味になります。

そのため、集荷は荷物を集めたり、預けたりすることです。

詳しくいうと、頼む人が宅配業者や運送業者に連絡して、荷物を引き取るように頼んで、引き取りすることを集荷といいます。

では、集荷と持ち込みはどのような違いがあるのでしょうか?

集荷は荷物を指定したところまで引き取りに来てもらいますが、持ち込みは自分で荷物を運送業者に持って行くことです。

そのため、集荷と持ち込みの違いは、荷物を引き取りに来てもらうか、荷物を持って行くかになります。

集荷を頼む時に用意することとは?

ここでは、集荷を頼む時に用意することについてご紹介します。

前もって確認しておくと集荷がスムーズに頼めるでしょう。

梱包する

送る荷物の大きさに合うような梱包材を準備して、梱包しましょう。

梱包材は大き過ぎると料金が高くなるため、丁度いい大きさにすることが大切です。

また、梱包が終われば、受け渡ししやすい玄関などに荷物を置いておくといいでしょう。

運送業者に集荷を頼む

荷物の発送を頼みたい運送業者にインターネットあるいは電話で申し込みをして、集荷を頼みましょう。

インターネットで頼む時は住所を入力するのみですが、電話で頼む時は自分が住んでいるところの近くの営業所に電話をかける必要があるため、電話番号を前もって調べておくようにしましょう。

荷物を追跡調査する

荷物を集荷してもらった後は、問い合わせ番号や追跡番号が発行されるため、荷物がどこにあるかを追跡調査することができます。

問い合わせ番号や追跡番号を相手に知らせておいて、自分もきちんと実際に発送されて到着するかを調査しておくと安心でしょう。

集荷の流れとは?

ここでは、集荷の流れについてご紹介します。

預かり営業所から運送業者のハブセンターに輸送する

荷物を預けた営業所が、預かり営業所です。

担当ドライバーは営業所に荷物を集めて、送り先の地域ごとに仕分けします。

この後、運送業者のハブセンターといわれるところに輸送します。

なお、幹線輸送というのは、預かり営業所から 運送業者のハブセンターへの輸送のことです。

運送業者のハブセンターからお届け営業所に輸送する

幹線輸送によって預かり営業所から運送業者のハブセンターに着いた荷物は、細くお届け営業所ごとに仕分けされ、長距離トラックで運送されます。

荷物を仕分けする時は、性能の高い自動処理システムが採用されており、3万個程度を1時間に判別でき、仕分けが非常に速いスピードでできるといわれています。

お届け営業所からお届け先に輸送する

運送業者のハブセンターから着いた荷物は、細く区分された地域ごとに仕分けされます。

そして、地域を担当しているドライバーによって荷物がお届け先に届けられます。

荷物は梱包しておく

梱包するための梱包材は、有料で宅配業者や運送業者がサービスしています。

営業所に行く暇がない時は、集荷する時に持ってきてもらいましょう。

荷物の中味はこわれもの・食べ物などを必要によって表示したり、シートやバブルラップなどを使ったりして梱包しましょう。

特に、大切な荷物や精密機器などは丁寧に梱包する必要があります。

集荷のメリットとは?

では、集荷はどのようなメリットがあるのでしょうか?

集荷のメリットとしては、荷物を自宅にいるのみで渡すことができ、目的地まで運搬してくれることです。

非常に便利であるのみでなく、荷物を安心して渡すこともできるため相当多くの人が使っています。

また、集荷する時間についても指定できるため非常に便利です。

集荷する時間が指定できるため、忙しい時でも運送業者に自分の都合に応じて時間を指定することによって、指定した時間に間違いなく来てくれて荷物を集荷してくれます。

運送業者ごとの集荷方法とは?

運送業者としては多くありますが、集荷方法がそれぞれ違っています。

ここでは、運送業者ごとの集荷方法についてご紹介します。

運送業者ごとの集荷方法の特徴を把握した上で荷物を頼むと、コストパフォーマンスコなども良くなるため、ぜひ参考にしてください。

ヤマト運輸

ヤマト運輸は、豊富に集荷方法があり、電話・ホームページ・アプリ・LINEなどから集荷を頼むことができます。

また、集荷方法もいろいろ選べるため、自分に適したものを選ぶようにしましょう。

日本郵便

日本郵便の集荷方法は、インターネットと電話で頼むことができます。

集荷をインターネットで頼む時は、自分のメールアドレスや名前などを入力します。

一方、集荷を電話で頼む時は、集荷専用電話番号に電話をかけることによって、担当する郵便局に繋がります。

佐川急便

佐川急便は、インターネットあるいは電話から集荷を申し込むことができます。

集荷を頼むと送り状をすぐに準備して、会社や自宅まで集荷に来てくれます。

送料が元払いの時は、支払いが月ごとにできるサービスもあり、お客さんにお店から発送する時などによく利用されています。

集配と集荷の違いとは?

では、集配と集荷はどのような違いがあるのでしょうか?

集配というのは、いろいろなところにある荷物を集めたり配ったりすることです。

一方、集荷というのは、いろいろなところにある荷物を集めることです。

集荷は、もともと、それぞれの産地から水産物や農産物などの荷物が一つのところに集まること、集めることをいいました。

しかし、現在では、集荷は水産物や農産物だけでなく、一般家庭の宅配便や工業製品などの荷物を集めることをいいます。

集配は、集めることと配ることで、荷物や郵便物などをいろいろなところから集めたり、これをいろいろなところに配ったりすることです。

集配と集荷の大きな違いは、集配は集めることと配ることの両方がありますが、集荷は集めることのみであることです。

なお、日本郵便は郵便物の集配を行なっています。

ポストに投かんされた郵便物を集めて、宛先ごとにそれぞれわけて発送しています。

また、郵便物をそれぞれの会社や家庭に配達しています。

しかし、集配を行なっているのは郵便局の全てということではありません。

規模が小さい郵便局は配達を行っていません。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。