「スペシャルサンクス」の意味とは? 使い方や類義語などを解説




「スペシャルサンクス」の意味とは?

「スペシャルサンクス」は、感謝を伝える言葉で、何かを作るときに協力してくれた人、応援してくれた人、インスピレーションを受けたものなど、作るときに自分の心に残った人物やことなどについて使われます。

作る人が意味を自由に捉えて使えるため、自由に使える言葉です。

ここでは、「スペシャルサンクス」の意味についてご紹介します。

映画での「スペシャルサンクス」の意味

映画での「スペシャルサンクス」は2つの意味があり、作品そのものに携わっているか、映画製作に携わっているかによって意味が違います。

1つ目の意味は、感謝の気持ちを映画製作において特別に撮影で協力してくれた人や手伝ってくれた人、キャスティングしてくれたスタッフに対して表します。

2つ目の意味は、直接映画制作に携わっていなくても、きっかけやインスピレーションなど、作品についてのきっかけを与えた物事や人に対して感謝の気持ちを表すことがあります。

CDでの「スペシャルサンクス」の意味

CDでの「スペシャルサンクス」は、楽曲の作成に携わったスタッフに対して主に使われます。

曲の収録やマスタリング、ジャケットのイラストなどいろいろあり、長く曲作りに携わったスタッフやスタッフメンバーではないが手伝った人に使われるときが多くあります。

ゲームでの「スペシャルサンクス」の意味

ゲームでの「スペシャルサンクス」は、映画と意味が同じことが多くあり、ゲームの作成で大切な役割を担っていたスタッフや、ひらめきや思いつきを受けた作品や人に対して使われます。

「スペシャルサンクス」がナンバリング作品に対しても使われ、敬意を前身の作品を作ったスタッフ自体に表すためにも使われます。

特に、名作といわれるような作品に対して使われるときが多くあります。

ファンへの「スペシャルサンクス」の意味

ファンへの「スペシャルサンクス」は、感謝の気持ちと今からも応援して欲しいというような気持ちが長く応援してくれたファンに対して込められています。

「○○のファンの皆さん」とエンディングロールの後にあったり、「and You」とマンガのあとがきに書かれていたりするときもあります。

漫画での「スペシャルサンクス」の意味

漫画での「スペシャルサンクス」は、取材に協力してくれたスタッフや相手に対するものが多くあります。

テーマの専門的なものを取り扱う作品は、取材を行うことがその分多いため、取材を受けてくれた人、手伝ってくれた人に対して使われます。

また、漫画を作るときに大切な存在のアシスタントや担当編集者、読者にも使われます。

「スペシャルサンクス」の使い方とは?

ここでは、「スペシャルサンクス」の使い方についてご紹介します。

作品作りに協力してくれた人に「スペシャルサンクス」を使う

「スペシャルサンクス」は、感謝の気持ちを販売物や作品などを作るときに応援してくれたり、協力してくれたりした相手に対して表すための言葉です。

「スペシャルサンクス:〇〇さん」のように、応援してくれたり、協力してくれたりした相手の名前を字幕に入れるときに表記します。

イベントの主催者や作品の制作者が感謝を伝えたい全ての相手に対しても使えます。

作品作りに協力してくれたお店や場所などに「スペシャルサンクス」を使う

「スペシャルサンクス」は、作品作りに協力してくれたお店や場所などに対しても使います。

例えば、ドラマを撮影するために協力してくれるお店を紹介してくれた商店街や場所をサービスしてくれたお店などに対して、「スペシャルサンクス:〇〇店」などと感謝の気持ちを込めて表記します。

感謝を主催者や制作者が伝えたいような場所でも人でも使えます。

直接携わっていないが感謝している相手に「スペシャルサンクス」を使う

「スペシャルサンクス」は、作品作りに直接携わっていないが感謝している相手に対しても使うことがあります。

例えば、映画であれば、「スペシャルサンクス:〇〇監督」などと作品の監督が尊敬する監督の名前などを表記します。

また、作品を作るときに影響された作品名を表記するときもあります。

作品のファンに対して「スペシャルサンクス」を使う

「スペシャルサンクス」は、普段から応援してくれるファンに対しても使います。

字幕に書くときは、「スペシャルサンクス:いつも応援してくれる皆様」や「スペシャルサンクス:ファンの皆様」などと表記します。

歌詞やバンド名などに「スペシャルサンクス」を使う

「スペシャルサンクス」は、歌詞にも使われます。

感謝の気持ちやありがたいという思いを表す言葉として浸透しており、バンド名として使うこともあります。

「スペシャルサンクス」の類義語とは?

ここでは、「スペシャルサンクス」の類義語についてご紹介します。

「特別出演」

「特別出演」は、本来であれば出演しないような作品に特別に出演してくれた人に対して使われます。

ワンシーンのみ大物俳優が登場するような特別な出演のときに使われます。

「友情出演」

「友情出演」は、個人的な友情のために出演した人に対して使われます。

友情に対する感謝の意味を込めて使われます。

「スペシャルサンクス」の英語表現とは?

ここでは、「スペシャルサンクス」の英語表現についてご紹介します。

「special thanks to」が、「スペシャルサンクス」の英語表現になります。

英語では丁寧に「thank you very much」と感謝しますが、このような英語表現もあります。

ここでは、「スペシャルサンクス」の英語のスペルについてご紹介します。

「special・thanks」

「special」の意味は格別な、「thanks」の意味は感謝です。

「スペシャルサンクス」は、このスペルで使われることが多いために覚えておきましょう。

また、自分が「スペシャルサンクス」を使うときも、このスペルで使えばかっこ良くなるでしょう。

「My special thanks are」

先にご紹介した「special thanks to」以外に、特別な感謝をこの表現を使って伝えられます。

感謝の気持ちを、名詞を「are」の後に入れて伝えられます。

感謝したい相手を紹介するときに、この表現は使います。

「special to you」

「special to you」は、格別な感謝を相手に直接伝えられる表現でしょう。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。