「サジェスチョン」の意味と使い方とは?類義語や英語表現などを解説




「サジェスチョン」の意味とは?

「サジェスチョン」の意味としては、「助言」などさまざまありますが、主なものは「提案」です。

また、もともとの「サジェスチョン」の意味は、「示唆」「暗示」も含まれています。

そのため、意味合いとしては「提案する」というもので使いながら、「気づかせる」というものもあります。

「サジェスチョンしてみます」という表現は、「気がちょっと回っていないため注意をひいてみます」というような意味合いとしても使えます。

「サジェスチョン」の由来とは?

「サジェスチョン」は、動詞の「suggest」(提案する)です。

この動詞が「suggestion」(サジェスチョン)になれば、名詞の「提案」になります。

表現としては、「サジェストする」というものもあります。

この意味は、「提案するをする」ということになるため、文法としては二重動詞になるので間違っていますが、表現としては流通しています。

「サジェスチョン」の使い方とは?

ここでは、「サジェスチョン」の使い方についてご紹介します。

「サジェスチョンする」

「サジェスチョン」の使い方としては、「サジェスチョンする」があります。

「提言する」「提案する」というような意味になるでしょう。

「サジェスチョンする」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「サジェスチョンするのは誰か」
  • 「この件についてサジェスチョンする」

「サジェスチョンします」

「サジェスチョン」の使い方としては、「サジェスチョンします」があります。

「提言します」「提案します」という意味になるでしょう。

「サジェスチョンします」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「内容を具体的にサジェスチョンします。」
  • 「改めて明日サジェスチョンします。」

「サジェスチョンされた」

「サジェスチョン」の使い方としては、「サジェスチョンされた」というものもあります。

「提言された」「提案された」というような意味になります。

「サジェスチョンされた」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「サジェスチョンされたのはこのようなものである。」
  • 「サジェスチョンされた条件をどのように考えるか?」

「サジェスチョンして」

「サジェスチョン」の使い方としては、「サジェスチョンして」もあります。

「提言して」「提案して」というような意味になるでしょう。

「サジェスチョンして」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「サジェスチョンして意味が何かあるのでしょうか?」
  • 「さらにサジェスチョンして欲しい。」

「サジェスチョン」の類義語とは?

ここでは、「サジェスチョン」の類義語についてご紹介します。

「プロポジション」

「プロポジション」の意味は、「提議」「提案」「議題」「論題」「問題」ということです。

「バリュー・プロポジション」というマーケティング用語に使われています。

「バリュー・プロポジション」というのは、次のような条件をクリヤーした、勝負しないで他社に勝てる価値のことです。

  • ユーザーが要求している
  • 自社には提供できるが競合他社には提供できない

「サジェスト」

「サジェスト」の意味は、誰かに「暗示」や「示唆」を与えることです。

「サジェスト」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「クレーム電話を彼女のサジェストで対応できた。」

「プロポーザル」

「プロポーザル」の意味は、「提案」「企画」です。

「プロポーザル方式」が、「プロポーザル」を使ったビジネス用語になります。

「プロポーザル方式」というのは、いくつかの立候補者から企画をそれぞれ提案してもらって、最も優れたものを提示した人を選出する方法です。

主として、建物の設計者や業務委託先を選出するときに使われます。

「サジェッション・メニュー」の意味とは?

「サジェッション」を使った言葉としては、「サジェッション・メニュー」があります。

「サジェッション・メニュー」は、主としてホテルの有名なレストランなどで使われます。

意味としては、「その日のおすすめの特別に珍しい食材や旬の食材などをベースに調理した限定のメニュー」になります。

手書きメニューで「お品書き」として提示されて、高級感をさらに出すように工夫しているときもあります。

「サジェスト」と「サジェスチョン」の違いとは?

「サジェスト」は、「サジェスチョン」と同じような言葉です。

「サジェスト」は、「suggestion」(サジェスチョン)の動詞の「suggest」で、「提言する」「提案する」という意味になります。

「suggest」と「suggestion」は同じ意味ですが、名詞と動詞の違いがあるため使うときは注意しましょう。

「サジェスチョン」の英語表現とは?

「suggestion」が「サジェスチョン」の英語表現になります。

「サジェスチョン」の語源にも、「suggestion」はなっています。

「suggestion」の意味には、「提案」「示唆」以外に「様子」や「思いつき」も含まれています。

ここでは、「suggestion」を使ったビジネスシーンに役に立つ例文についてご紹介します。

  • 「Do you have any suggestions?」(提案は何かありますか?)
  • 「I’m going to submit an improvement suggestion to my boss.」(私は、この改善案を上長に提出する予定です。)
  • 「This is my suggestion.」(これが私の提案です。)
  • 「This is a suggestion for coping with a trouble.」(この提案はトラブルに対応するためのものです。)

「suggestion」と意味が同じ英語表現としては、次のようなものがあります。

  • 「proposition」の意味は、「議題」や「提案」というようなことで、「suggestion」と近いものです。
  • 「proposal」の意味は、「計画」「申し込み」「提案」というようなことで、「suggestion」と近いものです。

これ以外の意味としては、「プロポーズ」や「結婚の申し込み」ということもあります。

「suggestion」と関係する英語表現の違いとは?

ここでは、「suggestion」と関係する英語表現の違いについてご紹介します。

「suggestion」と「proposition」の違い

「proposition」は、よりビジネス的、商業的なニュアンスが強いものになります。

一方、「suggestion」は、もうちょっとライトなニュアンスがあるので、「proposition」の方がビジネスシーンなどで使うときは相応しいでしょう。

「suggestion」と「proposal」の違い

「proposal」は、よりフォーマルなシーンで使われるものであり、「suggestion」はもうちょっと控えめなイメージで使われます。

「proposal」は、どちらかといえば「suggestion」よりも承認のための提案というニュアンスが強いものです。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。