「勧める」と「薦める」の違いとは? 使い方や類義語などを解説




「勧める」と「薦める」の違いとは?

ここでは、「勧める」と「薦める」の違いについてご紹介します。

「勧める」の意味は、相手に「○○をすれば?」と説いて行動を促すことです。

いいと自分が認めたうえで、相手に行動するようにすすめるときに使います。

例えば、「入部を勧める」というときは、いいと自分が認めたサッカーなどの部に相手に「入ってみれば?」と促すことになります。

また、「勧める」の意味としては、「ものを提供して使ってもらう」ということもあります。

「食べ物を勧める」「お菓子を勧める」などのように、「食べる」「飲む」という行動を相手にすすめて促すときに使います。

一方、「薦める」の意味は、「相手に状況に適した物や人をすすめる」ことです。

いいと自分が認めたうえで、相手に物や人を「選んで欲しい」「使って欲しい」」とすすめるときに使います。

例えば、「Aさんを次の課長に薦める」というときは、次の課長にAさんをすすめているために適しているのは「薦める」になります。

「どのようなことをすすめるか」が、「勧める」と「薦める」の違いになります。

「勧める」は行動をすすめることですが、「薦める」は物や人をすすめることです。

つまり、「勧める」は行動を促す、行動をすすめることで、例えば、「入部を勧める」などがあります。

一方、「薦める」は物や人をすすめることで、例えば、「課長に薦める」などがあります。

例えば、「商品を勧める」のときは相手に商品を買うように促すことですが、「商品を薦める」のときは商品をすすめるようになります。

「勧める」と「薦める」は、すすめるのは行動か、あるいは物や人かによって使い分けましょう。

「勧める」の使い方とは?

ここでは、「勧める」の使い方についてご紹介します。

「勧める」の意味としては、次のようなものがあります。

  • 相手にあることをするように誘いかける、働きかける
  • 相手に使うように、あるいは飲むように促す
  • そのことを実行するように、助け励ましたり褒めたりして働きかける

「勧」の意味は、励ます、すすめるということがあります。

人の行動に対して、「勧める」は使います。

相手にあることをするように誘いかける、働きかけるという意味のときは、例えば、「スポーツをする方がいいですよ」などと、積極的に相手にいうことを表現するときに使います。

相手に使うように、あるいは飲むように促すという意味のときは、相手に「この毛布を使ってください」「どうぞ召し上がってください」などと出すことを表現するときに使います。

そのことを実行するように、助け励ましたり褒めたりして働きかけるという意味のときは、相手に「長生きするためにはタバコを止めるべきである」などと働きかけることを表現するときに使います。

この意味では「奨める」を使うことができますが、「勧める」を近年は使うことが多くあります。

「勧める」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「太り気味の男性にスイミングを勧める。」
  • 「父親はお客様に美味しい飲み物を勧めた。」
  • 「しばらく休んでゆっくりしてみてはどうかと勧めているが、全く彼は聞かない。」
  • 「投資をすることを将来のために勧められた。」

「薦める」の使い方とは?

ここでは、「薦める」の使い方についてご紹介します。

「薦める」の意味は、採用を促すために物や人のいいところをいうことです。

「薦」の意味は、人を選び出す、すすめるということがあります。

素晴らしい物や人であるために自分の意見をいって実行を相手に促すことを、「薦める」と表現することができます。

例えば、「名言がこの本には多く出てきて、読めば勇気が出る」などと物をすすめたり、「この人は優れているためリーダーに適していると考えます」などと人をすすめたりするときにも使うことができます。

「薦める」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「本屋のスタッフが薦める本は必ず買ってしまう。」
  • 「彼は男の中の男であるため、結婚相手に自信を持って薦めます。」
  • 「新婚旅行のときはバリ島がいいと薦められた。」

「勧める」の類義語とは?

ここでは、「勧める」の類義語についてご紹介します。

「進める」と「奨める」が、「勧める」の類義語になります。

非常に「進める」と「奨める」は使い分けがまぎらわしいために、しっかりと把握しておく必要があります。

というのは、同じ読み方でも、意味合いが違うためです。

そのため、意味合いが違うことによって、タイミングや使い方も違ってきます。

正しく意味合いを掴んで、使い分けがしっかりとできるようにしましょう。

「進める」

「進める」の意味としては、抽象的なものと物理的なものがあります。

抽象的な「進める」の意味は、物事をスケジュールの方法に従って捗らせるということになります。

一方、物理的な「進める」の意味は、位置を前の方へ動かすということになります。

ビジネスシーンにおける「進める」は、抽象的な意味で使うことが多くあります。

特に、「仕事を進める」というのは、仕事をはかどらせるということになります。

「進める」は、「勧める」や「薦める」とは意味合いが相当違うために注意する必要があります。

「奨める」

「奨める」の意味としては、使うことをすすめるということと、代表してすすめていくということがあります。

意味としては、行動を他の人に対して促す、あるいは物事を進めていく、のいずれでも使うことができます。

また、「奨める」の意味としては、助け励ますということもあります。

熟語表現の「奨励する」ということで使われることが多くあります。

「勧める」と「薦める」の英語表現とは?

「Recommend」が、「勧める」と「薦める」の英語表現になります。

「Recommend」の意味としては「勧める」と「薦める」のいずれも含まれているため、使うシーンや前後の文章によって「勧める」と「薦める」のいずれにもなります。

例えば、「I recommend going to Tokyo.」(東京に行くことをすすめる。)というときは、「Recommend」が「勧める」を表現する言葉として使われています。

一方、「I recommend this book.」(この書籍をすすめる。)というときは、「Recommend」が「薦める」を表現する言葉として使われています。






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。