「tips」の意味とは?IT・ビジネス・投資信託ジャンルでの意味などを解説




「tips」の意味とは?

「tips」はいろいろなジャンルにおいて使われており、それぞれ意味が違っています。

なお、「tips」は、日本語では「チップス」あるいは「ティップス」になります。

ここでは、ITのジャンルにおける「tips」の意味、ビジネスのジャンルにおける「tips」の意味、投資信託のジャンルにおける 「tips」の意味、医療のジャンルにおける「tips」の意味、についてご紹介します。

ITのジャンルにおける「tips」の意味とは?

「tips」は、よくITのジャンルで使用されている言葉で、意味としては「ソフトウェアを使用するときのテクニックやコツのちょっとしたもの」というようなことがあります。

ソフトウェアは「tips」を知らなくても作動しますが、作業をより効率よく進めるためのテクニックやコツのことを「tips」と特別にいいます。

このような意味から派生して、「tips」はゲームのジャンルにおいては「秘訣」あるいは「裏技」というような公式ではないテクニックという意味で使用されています。

また、「tips」の意味としては、トラブルがアプリケーションやOSで発生したときに解決する方法ということもあります。

ITのジャンルにおける「tips」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「効率よくパソコンを使用するためのtipsをアドバイスして欲しい。」
  • 「このソフトウェアを利用するためのtipsについて説明します。」
  • 「求心力がよりある自社の公式サイトを作るときは、次のようなtipsになります。」

ビジネスのジャンルにおける「tips」の意味とは?

「tips」の意味は、ビジネスのジャンルにおいては、「役立つアドバイスやヒント」ということで使用されています。

単なるアドバイスやヒントというよりも、トラブルが解決するようなものという意味で、語源である「tip」という英語の意味にもなります。

ビジネスのジャンルにおける「tips」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「いいメンターをみつけることが、ビジネスのtipsをマスターすることである。」
  • 「投資家のサイトでは、投資tipsを紹介している。」
  • 「ここに見積書の書き方tipsがまとめてあるので読んでおいてください。」

投資信託のジャンルにおける「tips」の意味とは?

「物価連動国債」が、投資信託のジャンルにおける「tips」の意味です。

「tips」は、「Treasury Inflation-Protected Securities」の頭文字を取ったものです。

「物価連動国債」というのは、ユーザーの物価指数の変動によって変わる国債で、固定の利率になっており、インフレになれば元金が多くなって利払いも多くなります。

一方、デフレになれば元金が少なくなって利払いも少なくなります。

「tips」は個人投資家もアメリカでは買うことができますが、制限が日本ではかけられているため買うことができません。

そのため、2004年3月から、日本では個人投資家のために「tips」などの投資信託商品が販売されています。

医療のジャンルにおける「tips」の意味

「tips」は、医療ジャンルにおいては手術の「肝内門脈肝静脈短絡術」という手法のことになります。

「tips」は、カテーテルを経皮的に使って、肝臓の中の肝静脈と門脈の間に短絡路を作るような治療法です。

「tips」の類義語とは?

「助言」「コツ」「ヒント」などが、「tips」の類義語としては挙げられます。

「助言」というのは「口添えして助ける」という意味で、ビジネスシーンで使用する「tips」と意味合いが同じです。

「コツ」というのは「上手く実施するためのポイント」という意味で、語源は「骨」(コツ)という漢語です。

「骨」は体をサポートしている体の中心にあるものであるため、意味として「物事の本質」ということが生まれ、「コツ」という言葉がさらに生まれました。

使い方としては、「コツをつかむ」などというようなものがあります。

「ヒント」というのは「示唆」や「暗示」という意味がありますが、「tips」の意味とは「目的に至るためやトラブルを解決するための情報」という意味が近いといえるでしょう。

英語表現での「tips」の使い方とは?

「tip」の複数形が「tips」になるため、ここではまず英語表現での「tip」の意味についてご紹介します。

英語表現の「tip」の意味

いくつかの意味が、英語表現の「tip」にはあります。

まず、英語表現の「tip」の意味としては、ものの「先端」や「先」というものですが、杖の先を保護する部品や先につける先端具をいうときもあります。

また、英語表現の「tip」の意味としては、上手く物事をいかせるための「アドバイスのちょっとしたもの」というもの以外に、ホテルやレストランなどで支払うときに「お礼として渡すお金」ということもあります。

単数と複数の「tip」を使い分ける

「tip」は、英語ではヒントやアドバイスが一つのときは「tip」という単数形を使用して、いくつかのアドバイスのときは「tips」という複数形を使用するように、単数と複数の「tip」を使い分けましょう。

アドバイスであれば「tips」と全てしないことは、日本語で使用する「tips」とは異なっているところです。

英語表現の「tips」を使った例文

ここでは、英語表現の「tips」を使った例文についてご紹介します。

  • 「She told us useful tips on how to save money.」 (彼女は私たちにお金を節約するために役に立つtipsを教えてくれた。)
  • 「You should ask her tips for buying a car.」(あなたが車を売却するtipsは彼女に尋ねるのがいい。)

英語表現の「tips」を使った慣用句

ここでは、英語表現の「tips」を使った慣用句についてご紹介します。

「tips and tricks」が、英語表現の「tips」を使った慣用句になります。

「tips and tricks」の意味は、「ヒントとコツ」ということで、「ヒント」と単純にいわれるときもあります。

上手く物事を行うためのポイントを紹介するような文章で、「tips and tricks」とよく使用されています。

「tips and tricks」を使った例文としては、次のようなものがあります。

  • 「Now I will explain you tips and tricks to live better with information technology.」(今からよりいい生活をITと一緒にするためのヒントについて説明します。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。