「特記事項」の意味とは? 使い方や類義語、注意点などを解説




「特記事項」の意味とは?

ここでは、「特記事項」の意味についてご紹介します。

「特記事項」の意味は、特に記載すべき内容です。

読む人に注意して欲しいことをいうときや着目すべきことを述べるときにも、「特記事項」を使うことがあります。

「特記事項」は、これのみは伝えておきたいということで使われるものですが、メインで伝えたいことについて使うものではありません。

「特記事項」は、メインで伝えたいことを補ったりするための内容や付随的な内容になります。

「特記事項」の目的は、補助的な内容をプラスすることによって、信頼性をアップしたり、相手の興味をひいたりすることです。

「特記事項」の使い方とは?

ここでは、「特記事項」の使い方についてご紹介します。

「特記事項」は、メールの一つの機能として使われることがあります。

メールの機能としての特記事項は、主として、警告メッセージとして機密情報が含まれているときに使われます。

具体的なメールの「特記事項」の機能は、受信者にこのメッセージに記載された内容について組織は一切責任を負わないことを通知するために使われます。

さらに、送信間違いなどでメールを意図しない相手が受け取ったときに、他の人とその内容を共有しないで破棄することを要請することも、代表的なメールの「特記事項」の機能の使い方です。

「特記事項」の類義語とは?

ここでは、「特記事項」の類義語についてご紹介します。

「特記事項」と記載されている欄は、類義語になっていることもあります。

また、口頭のときは「特記事項」の類義語になっていることもあります。

このようなときは、「特記事項」の類義語の意味を把握しておく必要があります。

「特筆事項」

「特記事項」の類義語としては、「特筆事項」があります。

「特筆」の意味は特にとりたてて記載することで、ほとんど「特記」と意味は同じです。

しかし、「特記」の方が厳密には重要度が高くなります。

「特筆事項」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「特筆事項がありましたら、裏面の欄に記載してください。」

「注目すべき事項」

「特記事項」の類義語としては、「注目すべき事項」があります。

「注目」の意味は、関心を持って見ること、注意して見ることです。

そのため、「注目すべき事項」の意味は、関心・注意を持って見て欲しいことです。

「注目すべき事項」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「注目すべき事項は、大金星をこのチームが挙げたことです。」

「着目すべき事項」

「特記事項」の類義語としては、「着目すべき事項」があります。

「着目」の意味は、特に関心・注意を向けて見るということです。

そのため、「着目すべき事項」と「注意すべき事項」は意味が非常に似ています。

「着目すべき事項」を使った例文としては、次のようなものなどがあります。

  • 「着目すべき事項は、イギリスに彼女が2年間滞在していたことです。」

「特記事項」を記載するときに注意こととは?

「特記事項」を記載するときは、注意する必要があります。

注意して「特記事項」を記載しないと、書類を受け取る相手に良くないイメージを与えることもあります。

ここでは、「特記事項」を記載するときに注意することについてご紹介します。

メインの情報は「特記事項」に記載しない

基本的に、「特記事項」は特に大切なことを記載するものです。

「特記事項」には、メインの情報を記載しないようにしましょう。

個人によってメインの内容と補助的な内容は違いますが、一般的な価値観にできるだけ合わせて「特記事項」を記載することが大切です。

短く簡潔に「特記事項」は記載する

一つの文章が長くなれば、内容が読者に伝わりにくくなります。

さらに、主語と述語がわかりにくくなります。

「特記事項」を記載するときは、短く簡潔にしましょう。

全ての「特記事項」が叶うということではない

基本的に、「特記事項」は自分の要望を記載するものです。

書類は通ったが、「特記事項」に記載したことが採用されないことがよくあります。

「特記事項」に自分の要望を記載するときは、全てが叶うということではないことを把握しておきましょう。

「特記事項」の英語表現とは?

「特記事項」の英語表現としては、次のようなものなどがあります。

  • 「notification」(特記事項、お知らせ)
  • 「notice」(特記事項、報知)
  • 「bulletin」(特記事項、掲示、事項)
  • 「attention」(特記事項、注目、注意点)
  • 「observation」(特記事項、注意点)
  • 「announcement」(特記事項、留意点)
  • 「alarm」(特記事項、警報)
  • 「alert」(特記事項、掲示、注目)
  • 「caution」(特記事項、注意点)

「特記事項」のニュアンスが含まれている英語の例文としては、次のようなものがあります。

  • 「She belong to the Faculty of Letters, especially I am good at modern contemporary literature.」(文学部に彼女は所属しており、近現代文学が特に得意です。)
  • 「This DVD is exclusive for Blu-ray.」(このDVDはブルーレイ専用です。)
  • 「When buying this guitar, please also purchase this amp.」(このギターを買うときは、ぜひこのアンプも買ってください。)
  • 「I am able to go to the interview on November 10, but thank you in After the afternoon.」(私は11月10日に面接ができますが、昼間でよろしくお願いいたします。)
  • 「Be sure to fill in the remarks column when writing your resume.」(履歴書を記載するときは、備考欄を必ず記入してください。)
  • 「I am good at gymnastics athlete in general, but I can not just parallel bars.」(全般的に体育会系の競技は得意ですが、平行棒のみはできません。)






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。