人間関係を円滑に!コミュニケーション能力が高い人の特徴とは

コミュニケーション能力




特徴3.わかりやすく話をする

コミュニケーション能力が高い方は、話の仕方も上手。内容をわかりやすく話すことが出来るため、スムーズなコミュニケーションがとりやすくなります。例えば、コミュニケーション能力が高い方は、話の要点や結論を明確にして話をします。結論から述べるといったスタイルをとることが多く、聞いている側にとっても内容を理解しやすいわけです。こういった方は、自分の主観や意見は話の最後に持ってくるような工夫をしています。話の途中で、会話があらぬ方向へ脱線してしまうということがなく、聞いている側がすんなりと内容を理解出来る話し方をするのが特徴です。一方、コミュニケーション能力が今一つといった方は、結論や要点が曖昧になりがち。従って、メッセージが伝わりにくくなってしまうのが問題です。

コミュニケーション能力を高めたい!ポイントは?

これからコミュニケーション能力をアップしていきたい場合、話の内容を工夫するとともに、話し方や声にも気を配ると効果が期待出来ます。相手と直に話をする時には、目から入ってきた情報も話を理解する上での一助となります。視覚的な情報は意外に大きな影響を与えるため、身だしなみや話している時の表情をチェックしてみるのも良い方法です。相手が心を開きたくなるような状態を意識すると、印象がアップする可能性があります。視覚情報と同じくらい大切になるのが、聴覚から得た情報。声のトーンや話す速度は、コミュニケーション能力を高める上でも特に工夫したいポイントです。聞き取りやすいドレミファソラシドのソの音を意識して会話をすると、心地よいトーンで話が出来ます。ビジネスシーンでコミュニケーションをとる時には、低い声よりもやや高めの声の方が、印象がアップすることが多いです。プレゼンテーションや面談といったシーンでは、1語1語をややゆっくり話すのもポイントに。聞き逃しなどが発生しないように、落ち着いて会話を進めていくのがベストでしょう。

コミュニケーション能力を高めて仕事を円滑に進めよう

コミュニケーション能力をアップさせることは、仕事の成果にもダイレクトに繋がってきます。円滑なコミュニケーションは、職場の雰囲気を良くするだけでなく、自分の能力を発揮しやすい状況に導いてくれます。コミュニケーションが苦手、という方は、コミュニケーション能力が高い方の特徴をとりあえず真似してみるだけでも、変化が期待出来るでしょう。話し方や話すスピード、表情などを工夫すると、同じ内容でも相手に与える印象が大きく変わることがあります。話をしている時にどうしても自分に意識が向きがちな方は、出来るだけリラックスをして、目の前の相手の様子に注意を払うようにすると、話を盛り上げるきっかけが見つかるかもしれません。相手を理解するゆとりは、コミュニケーション能力を高める時にもぜひ備えておきたいところ。その上で、わかりやすく話をするノウハウをマスターすれば、コミュニケーションの上級者になることも夢ではありません。コミュニケーション能力を磨いて、仕事をよりスムーズに進めていきましょう。

 






この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。