みんな知りたいお金問題!ネイリスト専門学校に通う費用はいくら必要?

ネイリスト専門学校

昨今の需要の高まりに伴って、ネイリストになるための専門学校が増えてきています。ネイリストを目指している人たちはスクールに通って資格を取得し、技術を磨きたいですよね。そんなみなさんが気になるのは、「専門学校ってどうやって選べばいいの?」「専門学校ってどのくらいのお金がかかるの?」という事ではないでしょうか。

そこで今回は、ネイリスト専門学校について、気になるお金の疑問を解消しようと思います!

専門学校選びはポイントを押さえて!

まず金額についてよりも先に、専門学校選びにはいくつか抑えておくべきポイントがあります。特に都心部には多くの学校がありますので、似たような学費であればこのポイントを確認してから、専門学校をチョイスしましょう。

まずは何をとっても通いやすさ。専門学校には、荷物を置いておけないところもあります。ネイリストの荷物は非常に膨大で重たいため、出来るだけ近くを選ぶのがベターです。大人数の授業がいいか、少人数の授業がいいかも選ぶ際のポイントになります。

専門学校の中には、就職先を紹介してくれるところもあるので、そのメリットがほしいかどうかもチョイスに関わってきます。安いからと言って、サービスの中身を調べずに即決するのはやめましょうね。

ネイルスクールの費用には大きな幅がある!

専門学校にかかる費用には、本当に大きな幅があります。小規模な学校から大規模な学校まで存在しますので、相場として20万~100万という、大きな幅が生まれてしまうのです。

費用が高い専門学校には「人脈」メリットがある

費用の高い、大規模な専門学校では、どこの学校であっても大体100万ほどかかるようです。100万円と言うと、ポンと出せる金額ではありませんので、自分一人で学費を納めるのは難しいかもしれません。しかしその分、費用に見合うメリットも多いのです。

講師陣のレベルが高いので検定試験に対する情報を豊富に保持しており、試験対策を効率よくすることができたり、資格を無事取得できた暁には、就職場所を紹介してもらえるケースもあります。

費用が安い専門学校には「マンツーマン」のメリットがある

費用が安い専門学校では、大規模の専門学校ほどの人脈的つながりが少ない分、資格取得後の就職先を探してくれるサービスはありません。

ですが、小規模な専門学校というのは、少人数制かマンツーマン制を取っていることが多いので、周囲の目などを気にすることなく、集中して練習することができますし、先生への質問も気軽にすることができます。大きなスクールで勉強するのが得意ではない人は、こちらの方が合っているかもしれません。

まとめ

ネイリストになるための専門学校の選び方を間違えてしまうと、せっかく通い始めても途中で挫折してしまうことに繋がりかねません。費用ももちろん指標の一つになりますが、そのほかにも様々な特色を兼ね備えているのが専門学校。学校選びは安易な文句に惑わされることなく、口コミを調べたり見学をしたりして、しっかり内情を調査してから選ぶようにしましょう!



ネイリスト専門学校