就活で内定をもらったら即返信!今すぐやるべき印象UPのお礼状!

即返信

就活で内定を貰ったらやるべき「お礼返信」

採用への感謝と今後の抱負を伝える

就活で内定をもらったら、お世話になった企業の担当者にお礼を伝えると、その後の企業での評価も上がります。就活のお礼状やお礼メールには、簡潔かつ丁寧な書き方で採用してくれたことに対するお礼や、面接などの選考活動に時間を費やしてくれたことへのお礼を伝える感謝の気持ち、今後の抱負を盛り込みましょう。
お礼状を書いたり、お礼メールを掻いたりすること自体は必ずやらなくてはいけないことではありませんが、少し時間を割いてやっておくだけで、その後の会社での対応が変わってくるとしたら、また、逆に「自分だけ送らなかったことで」印象が悪くなってしまったら……困りますよね。就活は最後まで詰めを甘くせずきっちりやり終えるのが吉です。

お礼を伝える手段は手紙orメールで

お礼を伝える手段は、お礼状でもお礼メールでもかまいません。電話に関しては、相手の企業も忙しい時期ではありますし、避けましょう。
大事なのは丁寧に気持ちを伝えること。内定のお礼状といった改まった手紙を書く際に使う便せんは、白無地のものが好ましいです。 色や模様のある便せんは子供っぽい印象を与えますし、きっちりした柄のものであっても、それは親しい間柄にある人に送るもの。感謝の気持ちを込めて送るお礼状には、ビジネスマナーを守ったシンプルな便せんを選びましょう。もちろん筆記用具は、黒色のボールペンまたは筆ペンを使用し、丁寧な字で書きましょう。

誤字脱字には要注意!

お礼状やお礼メールでは、誤字脱字に注意しましょう。特に、社名や担当者名を間違えるのは絶対にNG。メールでのお礼の場合は予測変換で間違った名前や企業名を書いてしまいがちですから、なお要注意。
お礼状を書く際に間違えた場合は、修正テープなどの修正用具は使わずに最初から書き直すようにしてください。

お世話になった人が社内にいればそちらにもお礼を

OB・OGとの関係は入社後も続きますので、内定のお礼は、OB・OGにも伝えましょう。その際は、メールでかまいません。
内定の報告メールでは、アドバイスしてもらったことへのお礼を忘れずに伝え、訪問に時間を割いてくれたことへのお礼、その際にもらったアドバイスなどのお礼、新社会人としての抱負などを書くと、入社後もかわいがってもらえるかもしれません。

まとめ

信用を得るためにも、早めの行動が大切。企業の担当者やOB・OGなどのお世話になった方へのお礼を忘れずにすることで、今後、よいお付き合いができるようになります。内定をもらった後の過ごし方に気を付けて、社会人生活の準備を整えましょう!



即返信