どうして急に? 社員の突然の無断欠勤、もしかしてうつの現れかも!

無断欠勤




「真面目に仕事をしていたはずなのに、いきなり無断欠勤しだすなんてどうしてかな」 「無断欠勤の後、辞めたらしいよ」。実はこんな話は、それほど珍しくなくなっているのです。
以前からサボり癖があった人の無断欠勤よりも、決まってまじめで仕事もしっかりしていた人が急に無断欠勤を始めてしまうので、周囲も 「どうして?」と思い、どう対応していいか悩む会社も多いんだとか。そんな「まじめな人の突然の無断欠勤」、もしかしたら「うつ」の現れなのかもしれません。
今回は、どうしてまじめな人がうつで無断欠勤してしまうのか、その後の対応について書いていこうと思います。

うつの症状が引き起こす無断欠勤とは

①交感神経過敏になる睡眠障害

そもそもうつ病は、真面目な人のほうがなりやすい病気であり、真面目で思慮深い人ほど「うつなので休みをください」と会社に言えないものです。それがなおさら過度のストレスになり、ついには脳の交感神経が過剰になってしまって、脳が休めない状態になり、眠れなくなってしまうのです。
普通、人間は交感神経と副交感神経が交互にやってきて、夜には副交感神経の働きによりゆっくり休むことができます。ですが、うつになっていると、夜になっても交感神経が全く休まらないため、眠れない状態が続きます。たとえ眠ったとしても、すぐに目が覚めてしまい、体には疲れだけが蓄積されます。5時~6時頃になって、やっと、まるで気絶するように眠れることが多く、目覚めたら出勤時間を過ぎていて、結果として無断欠勤になってしまった、いうことが起こってしまいます。

 ②真面目ゆえの極端な拒否反応

上述の通り、うつになってしまって無断欠勤をする人は、決して無責任だったりだらしがないのではないのです。真面目で責任感が強いひとがかかりやすい病で、自分を強く律することができる人が大半。
そして、そういう人たちは「自分はうつ病なんだ」という自覚がありません。まさか自分がうつ病だなんて、夢にも思っていないのです。そんな人たちが、「急な気分の落ち込み」「突然の寝坊」で無断欠勤となってしまったら、それ自体が心への大きな打撃となってしまいます。
「そんな理由で無断欠勤をしてしまった」と自分を責め、さらにストレスを貯めこみ、会社に行きたくなくなってしまいます。そしてその結果、症状は悪化して、結果として無断欠勤が続いてしまうのです。

どうやってうつか見極めたらいい?

無断欠勤の理由をしっかり確認しよう

あなたが上司な場合、無断欠勤はやはり会社として罰しなくてはならない事案です。ですが、うつだったとしたら、その後の対応は変わってくるでしょう。
無断欠勤した社員と連絡が取れる場合、「どうして無断欠勤をしたのか」「どうして会社に来ないのか」を確認することが最優先。その理由が「会社が嫌になった」「嫌いな人がいる」など、ごく個人的なものであれば懲戒免職も考えていいかもしれません。ですが、「行きたいと思っているのに、なぜか体が動かない」「うつかもしれない」などの理由が判明した場合は、無理に出勤させてはいけません。
診療内科医の受診をさせ、本人に勤務継続の意思を確認したうえで、継続の意思があれば会社規定に従って病気休職の手続きを案内します。

社内にうつの種がある可能性あり!職場環境を見直す

真面目な人がそうなってしまった場合は、もしかしたらその人が置かれている職場の環境が悪化しているのかもしれません。労働時間が常日頃から長時間になってしまっている可能性や、会社内でのパワハラ横行による人間関係の悪化など、うつの原因が業務に寄与する場合、労働条件や職場環境の改善も必要となります。
無断欠勤している人だけではなく、他の社員のメンタルヘルスも悪化している可能性も大いにあるからです。

まとめ

真面目に働いていた人が突如として無断欠勤となるのには、「うつ病」という可能性も十分に考えられるようです。
うつ病の場合、本人は自己否定感が強まっていて「もうだめだ」「会社にいられない」「連絡して怒られるのが怖い」など、冷静な判断ができなくなっている可能性が大いにあります。社内にカウンセラーがいれば、カウンセラーや産業医の意見を取り入れ、上司が慌てたり、無下に扱うことなく、しっかりした判断を行っていきましょう。






無断欠勤