会社員からパラレルキャリアへ! 弱点と向かい合ったからこそ今がある【女性向けスモールビジネスの立ち上げ支援/鈴木晴奈さん】

鈴木晴奈

メッセージ

若い女性たちには、自分がどんな人生を歩みたいのか、どんな人に成りたいのか、何が喜びで、何が絶対に譲れない価値観か、そんなデザインをまずは描いてほしいと思っています。なぜか。それは、人生は「For you」の精神が大切だと私は思っているからです。「他が為に」自分には何ができるのか。仕事は「誰かの何かの役に立つこと」を前提として成り立っています。その「誰のどんな役に立ちたいのか」が、つまり自分がどうありたいのか、ということの集大成だと考えています。働くことを考えることは、自分の生き方を見出すことなのです。自分の人生と向き合うことだと考えています。

仕事で多くの女性と出会いますが「どうなりたい」というのが出てこなくて、働かざるを得ないから働いている、という人が多いと感じています。

でも、働くことは人生の中で膨大な時間を費やすものです。20代、30代、40代をどんな風に過ごしていきたいのか、自分の能力や力を使って、誰を幸せにしていきたいのか、そんな問いの先に、どんな仕事がしたいのかが見えてくると思います。

平凡で、刺激も何も無い毎日を淡々と過ごすのではなく、あなた自身がどうありたいと思っていて、その為に誰かを幸せに出来るならばどんな挑戦(仕事)をしたいか。ぜひ、それを見つけ出して頂きたいなと思います。

鈴木晴奈

 

■プロフィール

鈴木晴奈

女性向けスモールビジネスの立ち上げ支援をしながら、HR関連のスタートアップ企業でも勤務。趣味は旅行と着物。「今は自分が着物を着て楽しむのが好きですが、いずれ日本の文化を海外に広げていきたいと思っています」

https://peraichi.com/landing_pages/view/yuzukiinstyle2240

https://ameblo.jp/antique-simple/

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。