社内SEと開発SEは違うもの?仕事内容の違いについて徹底解明!

社内SEと開発SEは違うもの?仕事内容の違いについて徹底解明!

開発SEとの違いは「自社か他社か」

社内SEは、システムの開発も行っていますから、開発SEとも同じように思えますよね。個々では、その違いについて見ていきます。

 

開発SEは基本的に他社のためのシステムを作っている

開発SEは、別名「客先常駐型SE」とも言います。開発SEの仕事のシステムを簡単に説明します。

開発SEは、A社(自分の所属している会社)からB社(システム管理や運用を必要としている会社)へ派遣され、B社のシステムを作ったり、保持したり、管理したりします。A社にはSEが多く勤めており、出向という形でB社で業務を行っています。つまり、B社で働いているけれど、お給料はA 社からもらうというシステムです。

 

確かに、社内SEもシステムの開発や管理を行いますが、決定的に違うのは上記のような仕事システムです。社内SEは、上記でも書いたとおり、自分の務めているC社のために、C社の中で働くのです。ですから、預かりも当然C社になります。

 

開発担当の仕事は、社内SEよりも狭く深い仕事が多いのも大きな違いだと言えるでしょう。日々のルーティーン業務が多い社内SEとは違い、開発SEはシステムの開発に携わり続けている関係で、毎日が変化の連続です。

 

どちらがいいというわけではもちろんない

似ているようで違う2つのSEですが、どちらかが優れているというわけではもちろんありません。変化への対応力や段取りをするのが得意ならば開発SEを選べば活躍の場があるでしょうし、毎日の同じ作業を淡々とするのが得意なら社内SEが向いています。

 

まとめ

SEの仕事というのは、業種に関わらずやはり大変な仕事だと言わざるを得ません。ですがその中でも、各業種によって特色があります。システム開発を行う、常に新しさを求める開発SEと、自分の企業のためにシステムを開発し、その後もそのシステムのフォローをし続けられる社内SEは、やりがいも違ってきます。

自分のやりたい仕事に合わせて、どんなSEになりたいかを決めてくださいね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。