履歴書で志望動機の書き方は?例文もご紹介!

履歴書で志望動機の書き方は?例文もご紹介!

履歴書において、志望動機は人事担当者が採用の有無を決定する重要な要素になります。そのため、人事担当者に良い印象を与える志望動機や採用に繋げるための上手な志望動機の書き方等をあらかじめ知っておくことが大切です。さらに、記載すべきではない志望動機を知っておくことで、人事担当者に悪い印象を与えづらくなります。

今回は様々なケースに応じた志望動機の例文や、書き方のポイント、記載するときの注意点等を紹介します。

自分の経験をもとにした具体的志望動機を!

人事担当者は、なぜ自社なのか、自社の強みを理解した上での応募なのか、といった点を履歴書や採用選考を通して見ています。そのため、社風や企業理念に惹かれて応募した、というような曖昧な志望動機では人事担当者が気になるところを確認することができないため、アピールとして十分ではありません。

自分のこれまでの経験に基づき、自分の言葉で具体的な志望動機を履歴書に記載して、応募企業に入社したいという思い・熱意を伝えることが大切です。

以下のポイントを意識して志望動機を完成させましょう。

  • 応募企業が求める人材像を理解し、志望動機に含める
  • これまでの職務経歴やスキル・知識を応募企業で活かせることを伝える内容にする
  • 応募企業の強みを理解し、応募企業だからこそ入社したいという熱意や考え方を伝えられる内容を含める

企業が求めている人材を把握する

企業が求める人材というのは、企業の特色によってそれぞれ異なります。志望動機もそれに合わせて履歴書に記載することで、より効果的に採用へ繋がっていきます。

求める人材を把握する重要性

履歴書に記載された志望動機によって、応募企業への理解度を判断されることがあります。企業の目標や事業展開など、企業の特色が求める人材には繁栄されます。そこで、企業が求める人材にマッチした志望動機を記載していることにより、企業研究を十分に行ったうえで、どのようなスキル・知識が自社で必要か理解していることを人事担当者に伝えられます。

逆に、志望動機が的外れな内容になってしまっている場合、本当に入社する意思があるのか、別の企業でもいいのではないか、といったネガティブな印象を人事担当者に与えかねません。
しっかりと応募企業に関して理解していることをアピールするために、志望動機は念入りに考えて記載しましょう。

履歴書で志望動機の書き方は?例文もご紹介!