「アサインメント」と「コミットメント」 使い分けられないと恥ずかしい似た響きのビジネス用語

「アサインメント」と「コミットメント」

アサインメントに似て非なる「コミットメント」

アサインメントに似た響きの「コミットメント」。意味は「かかわりあい」「委任」など、「任命する」「配属する」という意味のアサインメントも似ているような気がしますね。

ビジネスシーンでは、アサインメントの「人を仕事や役割にあてる」という「任命」よりも、コミットメントのほうはどちらかといえば「責任」というニュアンスが強く、「責任を持って確約する」という意味合いで使われることが多いようです。「公約」「言質」という意味合いも持っているので、約束事や取り決めを表すこともあります。

アサインメントと同様、「コミットする」「コミットして」など、簡略化して使われることが多いようです。

 

事例

「当社のコミットメント(公約・制約)はこちらです」

「結果をコミット(約束)します」

「今日中にタスク完了をコミット(確約)できます。」

 

まとめ

2つの似ている語感の「アサインメント」と「コミットメント」の意味や事例を紹介してきました。ほかにもあまたあるビジネス用語。はじめのうちは覚えるまで大変ですが、間違えて使ってしまうと、恥ずかしい思いをしかねません。わからないときは、調べてみたり聞いてみたりして、知識を深めてくださいね。

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。