履歴書・職務経歴書作成方法、趣味特技の書き方も伝授!

イベント

面接で好印象!女性の転職向けインナー

インナー

女性が転職活動をするときには、面接の服装の選択肢が非常に多く、迷いがちです。とはいえ、面接では見た目も含めてその会社に合う人かどうかを判断されますので、気を抜くことはできません。こちらでは、意外と見落としがちなインナーについてご紹介します。

清潔感のある服装が基本

転職のための面接では、リクルートスーツのような個性のない服装はお勧めできません。受付や接客、営業などで融通の利かないファッションをしてくると思われる可能性があるからです。女性の場合は清潔感があり、人当たりの良さや柔らかさが感じられるもの、仕事に意欲が見られるものなどを選ぶのが良いでしょう。面接官の年齢ははっきり決まっていないため、どの世代にも幅広く好まれるものがおすすめです。逆に、色気を全面的に押し出しているものは奔放に思わせるうえ、会社内でのトラブルを連想させるので避けましょう。悪目立ちする例としては、華美なもの、明らかにブランドとわかるものや個性的すぎるもの、カジュアルすぎるものなどは面接官から見て敬遠されがちです。
このように考えてインナーを選ぶとすると、スーツに合った色柄やデザインで、全体的な雰囲気を統一させてくれるものが良いことがわかります。インナーに関しては、転職のための面接では特に決まりはありませんが、ビジネスマナーを考慮して選べばそれほど違和感のあるものにはならないでしょう。なお、条件が整ったインナーでも、手入れが行き届いていないもの、ほつれや汚れ、型崩れがあるものなどは厳禁です。そして、インナーだけが優れていても全体的な雰囲気が良くなるとは限りません。トータルにみて色のバランスが良く、きちんとした雰囲気を持つファッションで、手入れも行き届いているかどうかが第一印象を左右します。

インナー