派遣でも契約でもない?!嘱託社員ってどんな働き方?

嘱託社員

皆さんは「嘱託社員」という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。実はこの嘱託社員、多くの大手企業などでは正社員や契約社員と肩を並べ、活躍しています。しかしながら、嘱託社員の実態についてはよく理解されていないのではないでしょうか。
今回は嘱託社員とはどんなものか、そして、混同されやすい契約社員との違いについて見ていきたいと思います。

そもそも嘱託社員の定義とは

実は「嘱託社員」という雇用形態自体は法律で定められているわけではありません。嘱託社員は、一般的には契約社員のうちの一部の人のことをこう呼ぶことが多いようです。
実際、嘱託社員の扱いは企業によってまちまちであり、正社員に近い準社員としてみなされているところもあれば、定年退職後に再雇用する人のことを示すことも、「医師」や「弁護士」といった高い専門性を要する仕事に就く人を指すこともあります。

契約社員との違いはあるの?

嘱託社員は、正社員のように「その会社でずっと働ける」という保証はありません。事前に定められた期間内で業務を行い、場合によっては契約を延長して働くこともできます。
契約社員が基本的にフルタイムなのに対し、嘱託社員の労働時間はフルタイムのこともあれば、もっと短時間のこともあるなど、人やケースによってまちまちなところが契約社員との差。役所などでは臨時職員からのクラスアップとして、嘱託社員というポジションが用意されていることもあります。
また、嘱託社員は定年退職後の再雇用が多いことから、「臨時や非常勤での雇用」と考えられることも多いようです。

給料や待遇は契約社員とは違うの?

勘違いされがちですが、「嘱託社員だから給料が高い」ということでは、必ずしもありません。もちろん、企業によって契約社員の上位職員として嘱託社員を作っている企業であれば、契約社員よりも高いこともありますが、労働時間や休日、給料、ボーナスの有無など、嘱託社員がどのような労働条件で働くかは、会社側との労働契約によって決まります。
退職金の支給はないことが多いものの、正社員とほぼ同じような条件で働く嘱託社員もいます。また、社会保険に関しても、一定の労働時間や雇用期間などの条件を満たすことで、正社員と同じように加入することができます。

嘱託社員になるにあたり気をつけておきたいこと

このように、嘱託社員がどのような条件の下で働くのかは、各企業によってまちまちとなっています。嘱託社員としての採用は公的機関や大手企業で特に多くなっているようで、嘱託社員は会社と有期の雇用契約を結んで働くことになります。ですので、本人がいくらずっと同じ会社で働いていたいと思っても、契約更新に至らなければ職場を去らなくてはならず、その立場の不安定さについてはデメリットだといえるでしょう。
求人募集記事などに「嘱託社員」と書かれていた場合は、雇用条件も含めてよく確認しておくことが大切です。

まとめ

契約社員よりも働き方に多様性のある嘱託社員。場合によっては契約社員よりもライフスタイルに合わせた働き方ができるかもしれません。ですがデメリットがあるのも事実。求人情報上に「嘱託社員」と書かれている場合には、実際の雇用条件などをよく確認しておき、後から「こんなはずではなかった」とならないように気をつけましょう。



嘱託社員