在職中の転職方法には「流れ」があった!スムーズな転職のためにやるべき3つ

在職中の転職方法

転職をしようと決意した場合、無職になってからの転職活動では、保険の手続きなども面倒ですし、もちろん金銭的観点からも在職中に転職活動を始める人が少なくないでしょう。

ですが、仕事をしながら転職活動を行うという事は、それなりのリスクも背負っていることも事実。

そこで、ここでは、在職中の人のよりよい転職方法を紹介していきます。転職活動に悩まれている方は、ぜひ参考にしてみてください!

在職中の転職方法に必要な三つのルール!

社内にはばれないようにそっと転職活動をしよう

「転職活動しようと思うんですよね!」

そう同僚が言っているのをあなたが効いたら、率直にどう思うでしょう。仮にあなたが仕事に誇りを持っている場合でも、辞めたいと思っている場合でも、イラッとしませんか。

周りの心情的な意味もそうですが、そのほかの意味からも、転職活動は成功する見込みができるまでは、大っぴらに周囲に言ってはいけません。

人の口に戸は立てられぬと言い、「あいつが会社を辞めたがっている」「転職活動をしている」という噂話は広まってしまうもの。そうなると、快く思っていない上司に面接に行く時間を作らせないよう仕事量を増やされ、休みも取りにくくなるケースもあります。

そのうえ、最悪「転職をやめよう」と思った時、周囲に「辞めたい意思がある」という情報が知れていたら……。会社にはいにくいですよね。

会社は急にはやめられない!退職時期を明確に

普通に仕事をしていて、急に「明日辞めます」というのは、アルバイトや派遣ならともかく、正社員では厳しいでしょう。在職中に転職活動が成功して、さていつから次に、というのでは、遅いのです。思い通りの時期に退職できないケースもありますから、「社内に大っぴらに」言う事はやめ、直属の上司には伝えておいた方がいいでしょう。

伝える時期は、転職活動がうまくいきそうなとき、内々定が出たあたりがベター。新しい転職先のめどが立たないうちに言ってしまうと、上に書いたような弊害が出てしまいます。

新しい転職先の企業も、「在職中です」という事を伝えれば、「この日から働いてもらう」という事前取り決めがない以外は少し融通を聞かせてくれるものです。ですが、あまりにも先の転職だと、別の人の方がいいと思われてしまいますから、要注意。

引継ぎのことなど考えても、最低でも1ヶ月前くらいには企業に伝えるのが、社会人としてのマナーです。

引継ぎの作成をしっかりしよう

「さあ退職するぞ!転職だ!」という段になって、昔の職場から「これってどういうことだっけ?」「この仕事はどうするんだっけ?」などと電話が来てしまったら……困りますよね。そうならないように、あなたの仕事を引き継ぐ後任者に渡す「引継ぎノート」など、今自分がやっている仕事のやり方などが分かるものを在職中に作っておきましょう。

引継ぎ自体は、直前までやっているとバタバタしてしまうので、3日前くらいには終えられるようにすればGOOD。残りの3日であいさつ回りをしたり、残務処理ができます。

まとめ

在職中の転職方法の流れを紹介していきましたが、いかがでしたか。このように、大切な3つの流れを踏めば、今いる企業にも迷惑をかけず、出来るだけ早く新たなスタートを切るための準備ができます。在職中の転職方法に迷っている方の参考になれば幸いです。あなたの転職活動が成功するよう、応援しています!

在職中の転職方法