シューベルト唯一の変則クインテット!《ます》【ヴァイオリニスト/月元ハルカさん】

月元悠

こんにちは、ヴァイオリニストのハルカです!今回はシューベルトの《ます》をご紹介したいと思います。《ます》ってなに?増す?升?と思われた方もいらっしゃると思いますが、魚の“鱒”です!鱒寿司の鱒です!水の中で浮かんでは沈む鱒をこの作品内で表現しています。

フランツ・ペーター・シューベルト(1797-1828)

音楽愛好家の父の影響でシューベルトは幼い頃から音楽に親しみ、才能を発揮しました。古典派(モーツァルトやベートーベンの時代)の形式を踏まえた上で、新しくロマン派を開拓した、音楽史の中でも偉大な人物です。

ピアノ五重奏曲《ます》 イ長調


ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバスの構成で、これまでご紹介してきたピアノ五重奏(ピアノと弦楽四重奏)とは異なるスタイルで演奏されています。ヴァイオリンがひとつなくなりコントラバスが加わりました。低音部を担うコントラバスが加わることにより、チェロが中音部を演奏することになり活躍の幅が広がるというチェロにとってもオイシイ曲なのです!

第1楽章 Allegro Vivace

はじめにピアノが奏でる軽やかに奏でる三連符の「ラ〜ラドミラドミラ」が特徴的で、ピアノと他弦楽器が代わりがわりに演奏します。ピアノとヴァイオリンが早いパッセージを追いかけっこのように奏でるフレーズも高揚感があります。

月元悠