初めて後輩を持った女性に読んでほしい、後輩が有能になる指示出しテク【ライター/トイアンナ】

指示出し
  • 仕事の目的

先輩経験が少ない方は「こうしちゃダメだってだって普通わかるでしょ! この仕事の目的をちゃんと考えて」と叱りがちです。しかし、仕事の目的を伝えるのは本来、先輩の役割。特に新卒社員は「各業務の目的を考えようにも、想像すらできない」ことが多いもの。しっかりとビジネス上の背景など「なぜやるべきか」を教えてください。

  • 期待値

プレゼンの資料を作ろうにも「完成版」になってから見せてほしいのか、それとも「とりあえず骨子だけ組み立てて一度チェックしたいか」でまったくやるべきことは異なります。マネジメント経験が長い人ほど「プレゼン〇ページの分析データが足りないから、過去のXXというファイルを参照しながらグラフ作って貼り付けて」などと指示が明確になります。

これらを組み合わせると、「明日の帰宅まで全業務より優先して、定例会議の資料を作ってください。資料の目的だけど、もっとうちに予算をもらえないか部長へ交渉したいの。草稿はもう共有フォルダにあるんだけど、〇ページのデータが足りないから埋めてください」と、クリアな指示を出すことができます。あなたの後輩が動きやすくなれば、あなたも自分の業務へ集中できるはず。ぜひ明日から実践してみてください。

 

トイアンナ

トイアンナ

ライター。新卒で外資系企業に勤めて以来、数百名の消費者ヒアリングを重ねました。その経験から恋愛・キャリアを主なテーマに執筆しています。

ブログ:http://toianna.hatenablog.com/

Twitter:https://twitter.com/10anj10

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。