転職で「前職の給与明細」を提出しなくてはならないのはナゼ?

転職で「前職の給与明細」を提出しなくてはならないのはナゼ?

年末調整に使うためであることが多い

給与明細を求められる最も多いケースは、この「年末調整」に使用するためだと思われます。
企業は、所属している社員の年末調整を行わなければなりません。年末調整とは、概算で算出していた源泉税を本来の給与とともに提出すると、多く払っていた源泉が戻ってきたり、不足分が差し引かれたりする「毎年ちょっと戻ってくるお金」というものです。
今いる企業で年末調整を行い、前にいた企業では行われないため、給与明細や源泉徴収票を求められた場合、それは年末調整に企業が使うものだととらえていいでしょう。
計算や提出に、前にいた企業の給与明細や源泉徴収票が必要となるのです。

ちなみに、前職で源泉徴収票を貰えていない場合は、自分で発行することはできない書類のため、面倒ではありますが前の職場に電話をするなどして、源泉徴収票を貰ってください。
余計な手間をかけないためにも、退職の際に、しっかりもらっておくことをお勧めします。

まとめ

給与明細というのは、あなたにとっても大切なこれからの指標となります。たまに、紙でもらうと確認してすぐ捨ててしまうという人もいますが、なるべくなら取っておくようにしましょう。
転職先の企業が、給与明細を悪用するということはよっぽどのことがない限りはないでしょうから、しっかり提出し、新たな仕事を気持ちよく始めてくださいね!

この記事に関するキーワード

RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。