高3で社長になった学生起業家。将来のビジョンは、女の子の夢を叶えること!【大学生、インフルエンサーマーケティング/久保ひかりさん】

久保ひかり

今回インタビューしたのは、イベント系の芸能プロダクション、そして800人ものインフルエンサーを使った商品やサービスのプロモーションを展開する会社を経営する久保ひかりさん。起業したのはなんと高校3年生の時、そして今も現役の大学4年生です!

高校生で起業しようと思ったワケや、久保さんがこれからやろうとしていることなどについて、話を聞いてきました。

ポイントは・・・

  • 高校3年生で起業 大学生活と2社経営の3足のわらじ
  • 女性が絶対入社したい会社に
  • 最初は勇気 学べるものは必ず何かある

起業の資金は、あの弁当チェーンのバイトで貯めた100万円!

久保ひかり

高校時代はとてもつまらなくて、何もしてなくて、Hotto Motto でバイトしてて、みたいな感じで。でも、中学の時から社長になりたかったんです。社長って、なんかカッコよくないですか? 人生の目標が「こういう人になりたい」とか「すごい」と言われるカッコイイ人になることなので、それには最適かな、みたいな。

それで経営者の父親に「どうしたら会社を作れますか?」と聞いたんです。そうしたら「100万円貯めれば作れるよ」と言われて。当時時給850円のHotto Mottoで1年半働いて100万円を貯め、高校3年の夏に会社を作りました。

社長になるという夢はとりあえず叶ったので半年以上事業は何もしてなくて。大学に進学もしたんですけど、会社のお金がなくなっちゃって。その時に友達が撮影会をしていたので、「これならできるんじゃないかな」と始めたのが、イベント系の芸能プロダクションの仕事です。最初は3人だったのが、気づけば専属登録の女の子が50人になりました。

イベントの名刺交換で、運命の出会い

久保ひかり

インフルエンサーの会社は今年の6月、大学4年になって立ち上げたばかりです。やりたいと思っていた時に、大学生向けのメディアイベントで「会社を立ち上げるのはタイミングと、人!」という話を聞いたんですね。そしたら、その直後の名刺交換で一人の女性と出会い、意気投合したんです。

あんまりそういう人って出会えないので、「絶対にこれだ、運命だ!」みたいな。二人とも独立したいと思っているし、「立ち上げましょう!」と。それで一緒にインフルエンサーの会社を立ち上げて、彼女が代表になりました。

二人で経営していると、それまでは一人で決めていたことも二人じゃないと決められなかったりしてイライラすることもあります。でも売り上げは順調に伸びているし、インフルエンサーマーケティングはすごく流行っているので、これからまだまだいけるんじゃないかなと思いますね。

お金と経営の知識なら、うちにある! 若い女性の夢を叶えたい

久保ひかり

会社のビジョンが、「女の子たちの夢をかなえたい」なんです。私は高校生の時から会社をやっていたので、起業家としてはかなり若くて、代表も若いので「若者なんて」「若いくせに」とよく言われるんですけど、そういうのは良くないなと。若い女性を応援したいんです。

インフルエンサーの子たちに夢を聞くと「カフェをやること!」とか言うんだけれど、やる前に諦めちゃったり、そこに向かって行くまでの手助けをする人が誰もいないんですよね。でもそれはお金と経営の知識がないからできないだけで、それはうちにある。「じゃあ、やろうよ!」と。

それで今度、企業さんとコラボして1日限定でカフェを開くことにしました。それで良かったら経営の方向に向かって進んでいくこともできるし、そういう手助けがしたいんです。女の子たちの夢を叶える時に「楽しかったです」とか言われると嬉しいですよね。そのためにやってる、みたいな。

あとはそこから新しい起業家を輩出するのが夢ですね。女性の夢をかなえてあげる会社、女性が絶対に入りたい会社、この会社に入れたらいいよね、と思ってもらえる会社にしたいです。

インターンの2年間がなければ今はない

久保ひかり

私は大学2年の時から広告プロデュースの「3Minute」でインターンをしていました。大学1、2年の時からインターンをするのは珍しいと思うんですけど、私がよく思うのは「居酒屋のバイトとかじゃなくて、ITとかそういうところで働いてみて」と。

最初は勇気がいると思うんですよ、たとえ未経験オッケーと言われていたとしても。でも、とりあえず行ってみて! そうしたら絶対に何かが変わるから。学べるものは必ず何かある、と思いますね。

私も「3Minute」で、インフルエンサーマーケティングの基本を学ぶことができました。あの2年間がなければ今はないですね。

■プロフィール

久保ひかり

芸能プロダクション「株式会社TopPlan」代表、インフルエンサーマーケティング「株式会社Realiser」取締役兼COO。産業能率大学4年に在学中。2013年、高校3年の夏にTopPlanを設立し、翌春から撮影会事業等を開始。2016年9月、20代女性に特化したマーケティング事業を開始し、2017年6月にRealiser設立。

TopPlan http://topplan.jp/
Realiser http://realiser.jp/

Twitter   https://twitter.com/ah950814



久保ひかり