自己肯定感の正しい定義【ライター/DJあおい】




自己肯定感、最近あちこちで耳にする言葉なのですが、『尊大な自信をつけること=自己肯定感を高めること』と思っている人が散見されますね

しかし本来の自己肯定感の定義とは、『自分は生きているだけで価値がある』と思えることであって、自分という存在に付加価値をつけていくことではないのですよ

べつに仕事で結果を出さなくてもいいし、お金を掛けて容姿を磨かなくてもいいし、イケメンな男を捕まえなくてもいい

社会的な価値や相対的な価値なんて何もなくても『自分は生きていていいんだ』と絶対的な価値を自分に見出すことが自己肯定感であって、そういう意味で言えば自己否定感のない状態が自己肯定感の備わっている健全な状態なのです

 

根深い自己否定感を抱えていたとして、自分に社会的な価値や相対的な価値を付け足していけば自己否定感が消えると思っている人が多いのですが、尊大な自信を身に付けても自己否定感は消えません

自己否定感を抱えたまま尊大な自信をつけてしまうことになります

自己否定感と尊大な自信が同居する形になってしまうと、人は攻撃的で独善的になってしまいがち

自己否定感のせいで他人を否定して、尊大な自信があるだけに揺るがないという、厄介で有害な非常にめんどくさい人物になってしまうのですよ

どこにでも一人はいるであろうコミュニティの厄介者、彼等彼女等こそが自己否定感と尊大な自信を併せ持ってしまったモンスターですね

そうならないためにも、真に大事なのは自己否定感を消化することであって、自分に付加価値をつけることではないのですよ

 

自己否定感を消化するために努力は必要ありません

むしろ努力とは逆のベクトルである『自分を許す』というマインドが必要になります

真面目で実直な人ほどこの『自分を許す』というマインドが弱いんですよね

自分の欠点や至らないところを許すことができずに、すくすくと自己否定感を育ててしまいがちです

『自分らしさ』というのは欠点や至らないところにあるものですから、それを否定することは自分らしさの否定に等しく、だから自分という存在がイヤになってしまうのです

自分の欠点や至らないところこそ許して(愛して)あげるように努めてください

そうすることによって自己否定感が消化され、本当の自己肯定感が備わるのですよ

DJあおい

謎の主婦。 ツイッターで独自の恋愛観を綴り、一般人としては異例のフォロワー22万人。 サブアカウントではフォロワーの恋愛相談にも乗り、こちらも異例のフォロワー約15万人。著名人のファンも多く、幅広い層から支持されていますが、その素性はいまだ謎のままです。

ツイッター<DJあおい>:https://twitter.com/djaoi

ツイッター<あおい嬢>:https://twitter.com/DJ_aoi

DJあおい

DJあおいさんの記事一覧






RUN-WAY編集部

RUN-WAYは、「自分らしくHappyに働きたい」と願う、全ての女性をサポートするためのメディアです。
働く女性の困ったを解決し、理想のキャリアに一歩近づくための情報をお届けします。